メディア個別 ローソン「濃深生チョコ大福」は食べづらいけどおいしいのです | 今日のこれ注目!ママテナピックアップ | ママの知りたいが集まるアンテナ「ママテナ」
ママの知りたい情報が集まるアンテナ

ママテナ

ローソン「濃深生チョコ大福」は食べづらいけどおいしいのです

第3446回 今日のこれ注目!ママテナピックアップ
現在ローソンでは、濃厚なチョコスイーツを販売していることをご存知でしょうか? 今回はそのなかから1種類をピックアップしてご紹介します。

ローソンの「濃深生チョコ」シリーズ

ローソンでは2019年1月29日(火)から、「濃深生チョコロールケーキ」(税込210円)と、「濃深生チョコパフェ」(税込295円)、「濃深生チョコ大福」(税込145円)の3種類を販売しています。

すべてに共通していることは、生チョコを使用したチョコレート系のスイーツであること。筆者は3種類とも実際に食べたのですが、今回は「濃深生チョコ大福」に注目!

ローソン「濃深生チョコ大福」は食べづらいけどおいしいのです

同スイーツは、濃厚でなめらかな生チョコとチョコクリームを包んだ大福で、クリーム部分にはじっくりと焙煎し香ばしく仕上げたマカダミアナッツをあわせているそう。

3種類のなかではもっともお手頃価格で、カロリーも1個あたり176kcalと控えめですが、気になる味は…?

ココアパウダーがすっごい(笑)

購入してきた商品を食べる前に、まずはネット上の声をチェックしたところ、「めっちゃおいしい」や「マカダミアナッツの食感がいい」などとなかなか評判はよさそう。

しかし一方では、「開封するとココアパウダーが飛び散る」や「食べるのが大変」「人前では食べないほうがいい」といった声もちらほら…。

なるなどなるほど。注意ポイントはチェックできたので、筆者はお皿を用意して静かに両手で開封…。左手で大福を掴んで食べたところ、厚めの餅生地と、なかのチョコクリームのバランスがよく、ほどよい甘さになっておいしいですし、濃厚な生チョコのフレーバーも◎。たしかにマカダミアナッツのカリッとした軽快な食感がいいアクセントになっています。

これはおいしいなと思いながら、ふと右手をみたらなぜかココアパウダーまみれ…。もちろん口のまわりも…。慎重に食べていたはずなのに何故? ネット上の「食べづらい」という声にも納得です。

食べるときは自宅でひとりのときに、こっそりいただくのがおすすめかもしれません。
(文・奈古善晴/考務店)

あなたにおすすめ

ピックアップ