メディア個別 東尾理子・待望の第2子妊娠! 妊婦ライフを共に過ごす意外なママ友とは!? | ママテナTVウォッチ&ガイド | ママの知りたいが集まるアンテナ「ママテナ」

東尾理子・待望の第2子妊娠! 妊婦ライフを共に過ごす意外なママ友とは!?
~ママテナTVウォッチ&ガイド~

今年8月、自身のブログで夫・石田純一(61)との間に待望の第2子を授かったことを報告した、プロゴルファーでタレントの東尾理子(39)。だが、ここまでの道のりは険しく、決してなだらかなものではなかった。

‘12年、待望の第1子となる理汰郎くん(2)が誕生。第1子の頃から何度も人工授精に挑戦し、理汰郎くんは体外受精で妊娠。育児がひと段落した’14年、妊活を再開した。その後も一度、化学流産(生理とともに受精卵が流れてしまうこと)したが、それでもめげずに次のチャンスへと希望をつなぎ、今年7月、念願叶って体外受精成功に至った。

8月には胎児の心拍も落ち着き、改めて妊娠したことをブログでファンに報告。「2人目を希望し、治療再開から約1年。まだまだ先は不安ですが、なんとかここまでたどり着いた感じです」とコメントした。その後の妊婦ライフは順調で、第1子を同じ日・同じ病院で出産したママ友であるギャル曽根(29)と自宅で遊んでいる様子などもブログで紹介している。

流産経験者である東尾は、日々の体調管理にも気を配っている。第2子に挑戦し始めた際、いろいろな検査を行った東尾。そのなかでも甲状腺の値が悪く、妊娠した今でも定期的に病院に通い、毎日薬を飲んで値が変化しないようにキープしているという。実は、甲状腺の病気は妊娠と深く関わっており、治療していないバセドウ病など、甲状腺ホルモンが多い状態(甲状腺機能亢進症)が持続すると、流産、早産、妊娠中毒症の危険性が増すと言われている。

多くの試練や体調不良にも負けず、常にポジティブに妊活に励み、「高齢出産に臨むママや妊活中の女性の励みになれば…」と、自らの状況を赤裸々にブログで報告し続けている東尾。時に彼女の言葉が誤解を生み、読者とのボタンのかけ違いから炎上してしまうこともあるが、それもまた心の糧に変え、“妊娠”そして“家族”への思いを貫き通す彼女の姿勢に、生命の尊さを感じずにはいられない。


(文/タカザワ紅緒)

ママテナ読者が良く購入している人気アイテムやグッズ、アプリをランキング化!みんなはいくつ知ってる?

  • 1位
  • 『ウルシヤマ金属 油キレイ 260ml』

    天ぷらなどで利用した廃油に混ぜるだけで油が洗剤に変わるというスグレモノ! 入れると油が一瞬で乳化してサラサラに。スポンジも鍋もベトつかず後処理が楽チンに


  • 2位
  • 『TOFULOVEプロフェッショナルメイクアップスポンジ』

    ラテックスフリーで肌に優しく、ファンデーションが薄塗りでもムラなく美しく仕上がるとママたちの間でもひそかなヒット! 価格も400円程度と安価なのもうれしい!


  • 3位
  • 『たっきーママのHappy朝ラク弁当』

    ミツカンやサントリー、味の素KKなど、数々のメーカーが主催するレシピコンテストで受賞し、料理ブロガーとしても大人気のたっきーママ。毎朝簡単に、しかも華やかなレシピの数々はママたちに大好評!


    >この記事へのご意見はこちら
    PAGETOP