メディア個別 消臭や防臭に優れたおむつ用ゴミ箱6選。 臭いをしっかりブロック | どれがいいの?子育てグッズ | ママテナ

消臭や防臭に優れたおむつ用ゴミ箱6選。 臭いをしっかりブロック

第36回 どれがいいの?子育てグッズ
おむつ用ゴミ箱があると、使用済みのおむつを消臭したいときに役立ちます。通常のゴミ箱にはない機能が付いているものもあり、利用すると臭いに関するストレスを減らせるでしょう。選び方のポイントや、種類別のおすすめ商品を紹介します。

おむつ用ゴミ箱が人気の理由

「おむつ用ゴミ箱がなくても、普通のゴミ箱で代用できる」と考える人もいるかもしれません。しかし、いったん便利さを知ると、手放せなくなるでしょう。育児中の家庭で、おむつ用ゴミ箱が人気の理由を紹介します。

臭いが漏れない工夫がされている

赤ちゃんがいると、1日に何回もおむつを取り替えなければなりません。新しいものに取り替えるたびに、室内には汚れたおむつが溜まっていきます。

蓋付きのゴミ箱に入れただけでは「蓋と本体のすき間」から臭いが漏れてしまい、不快な思いをすることがあるでしょう。

臭いの漏れを防ぐには「おむつ専用のゴミ箱」を使うことがおすすめです。おむつ用ゴミ箱は一般的なゴミ箱とは違い、外部に臭いが漏れにくいように作られています。

蓋が「二重構造」となっていたり「パッキン」が付いていたりと、密閉性が高くなっていることが特徴です。なかには「消臭機能」が付いているものもあります。利用すれば臭いを減らしてくれるでしょう。

おむつ用ゴミ箱の種類

おむつ用ゴミ箱は人気があるアイテムだけにたくさんの種類があり、どれを選んだらよいのか分からなくなりがちです。様々なタイプがありますが、大きくふたつに分けられます。それぞれの特徴を見ていきましょう。

専用のカートリッジタイプ

「専用のカートリッジを付けるタイプ」は消臭・抗菌作用があるゴミ袋を設置するため、しっかりと臭い対策をしたい人におすすめです。

ゴミ箱本体だけでなく、ゴミ袋自体に臭いを漏らさない工夫がされており、高い消臭力が期待できます。ただし「専用のゴミ袋」しか利用できず、ランニングコストは高くなりがちです。

予算に余裕がある場合は、こちらを選んだ方が臭いに対するストレスを減らせます。毎日使用するもののため、ランニングコストを考えた上で無理のない範囲で使用しましょう。

市販のゴミ袋を使用するタイプ

市販のゴミ袋をセットして利用できるタイプは、ゴミ袋にかかる費用が少なくて済みます。ただし、ゴミ袋に特殊な加工がされていない分、専用カートリッジ式よりも防臭効果は低くなります。

「本体に消臭効果があり、しっかりと密閉できるタイプのゴミ箱」を選ぶとよいでしょう。部屋は換気すればよいですが、ゴミ箱本体に臭いが移ってしまうとゴミ箱の付近がいつも臭ってしまうことになりかねません。

ゴミ箱本体に臭いが染みつかないように、工夫されているものを選ぶとよいでしょう。本体や蓋の部分に「防臭加工された素材」が使われていると安心です。

おむつ用ゴミ箱の選び方

各メーカーから、デザインや機能にこだわったおむつ用ゴミ箱が販売されています。たくさんの機能的なアイテムがあるので、どれを選ぶか悩む人は多いです。基本の選び方を見ていきましょう。

消臭効果や密閉性を確認する

おむつ用ゴミ箱を使用する目的は「臭いを外に漏らさないこと」です。密閉性が低いと外に漏れてしまうため、密閉性が高いものを選びましょう。

「ゴムパッキン」が付いているタイプは、外に臭いを漏らしにくい仕様です。ほかにも、「メーカー独自の構造」を採用し、臭いを外に出さない工夫がされているゴミ箱もあります。

専用カートリッジ式のなかには、「捨てたおむつの一つひとつを密閉し、まるごと厳重に閉じ込めるタイプ」も少なくありません。

消臭効果の有無も重要なポイントで、本体が「消臭・抗菌加工」されているものやゴミ箱の蓋の裏に「防臭剤」を貼れるものなら臭いを減らしやすいでしょう。

容量と設置場所を考えて選ぶ

ゴミの日が来るまでは、使用済みのおむつを溜めておくことになります。容量が小さすぎると、おむつを捨てるスペースがなくなってしまうでしょう。

どんなに防臭効果が高いゴミ箱でも、中身がはみ出てしまっては効果がありません。余裕をもたせるには、「3~4日分のおむつを入れられるサイズ」を選ぶことがポイントです。

新生児のうちは、うんちやおしっこの回数も多いため大きめのゴミ箱の方がよいですが、あまりに大きすぎても設置場所に困ってしまいます。

おむつのサイズによっても変わりますが、数日間、おむつを溜めておく場合「20~30l程度」の容量が使いやすいです。

また、リビングのように「人が集まる場所」にゴミ箱を設置したいときは、くつろぎの時間を嫌な時間で邪魔しないように「密閉性が高いもの」を選びましょう。

安心して使えるものを選ぶ

赤ちゃんは目を離した隙に思わぬ行動を起こすことがあるため、安全に気を配るにこしたことはありません。活発に動き回る赤ちゃんがぶつかってケガをしないように、角ばったデザインよりも「丸みのあるデザイン」を選びましょう。

簡単には倒れない「安定感」があるかどうかも、チェックしたいポイントです。また、おむつ用ゴミ箱は、おむつを捨てるたびに開け閉めをします。

蓋を楽に開閉できるタイプだと、赤ちゃんから両手を離さずに安心して使えるでしょう。「ペダルを踏んで開けるタイプ」や「おむつをゴミ箱の上部に置いて、ハンドルを回すタイプ」などが便利です。

専用カートリッジを使うおむつ用ゴミ箱

専用カートリッジ式のおむつ用ゴミ箱は、臭いを防ぐ効果が高いところが魅力です。ひとつあれば、重宝するでしょう。おすすめのアイテムを紹介します。

コンビ「強力防臭抗菌おむつポット ポイテック アドバンス」

専用のフィルムでおむつをひとつずつねじって結び、臭いを漏らさない設計になっています。袋がしっかりと閉じられており、蓋を開けたときも臭いを感じにくいです。

おむつを包むフィルムには「99%の抗菌効果」があり、臭いの原因になる菌の繁殖を抑えてくれます。

おむつを入れたら、「回転レバー」を回して処理しましょう。回転レバーを回し終えると、カチッと音がして処理完了を教えてくれます。レバーを回しすぎて、フィルムを無駄にすることがないでしょう。

蓋の裏側が凸形となっていて、おむつを奥まで押し込む手間がありません。Lサイズの使用済みおむつが、約5日分(1日6枚使用した場合)が入る容量です。

・コンビ 強力防臭抗菌おむつポット ポイテック アドバンス
・コンビ 強力防臭抗菌おむつポット ポイテック アドバンス

アップリカ「NIOI-POI」

強力消臭抗菌成分の「ケスクリーンα」がうんちやおしっこの臭いを分解し、3層の「防臭フィルム」で閉じ込めるおむつ用ゴミ箱です。

本体の蓋はワンタッチでオープンでき、中におむつを入れるだけで処理できます。Mサイズのおむつが24枚程度入る容量があり、1日あたりMサイズのおむつを6枚使用したとすると、約3日分を溜められるでしょう。

部屋の中で存在を主張しすぎない、グレージュ・ペールブルー・ペールピンク・ペールミントなどのカラーから選べます。

・アップリカ NIOI-POI
・アップリカ NIOI-POI

カトージ「Vliba ダイパーペール おむつポット」

外蓋と内蓋が「二重」で臭いをシャットアウトしてくれる仕組みのゴミ箱です。内蓋は自動で閉じる構造となっていて、臭いが漏れる時間を少なくできます。

専用のゴミ袋は「99.9%の抗菌効果」があり、嫌な臭いの原因をブロックしてくれるでしょう。専用のゴミ袋以外も使える構造となっており、ペット用や家庭用ゴミ箱として長く使えるところも魅力です。

フットペダル式で、両手が塞がった状態でも使用済みのおむつを処理できます。一見するとゴミ箱には見えない曲線的でスタイリッシュな形も、使いたくなるポイントです。

・商品名:カトージ Vliba ダイパーペール おむつポット

・楽天:商品はこちら

市販のゴミ袋を使うおむつ用ゴミ箱

おむつ用ゴミ箱専用に作られた袋は、防臭加工がされています。高機能ですが、高価な場合が少なくありません。

コストがかかりすぎると、おむつを捨てるたびにストレスを感じてしまうことになります。その点、市販のゴミ袋をセットできるタイプだと経済的です。

おむつを卒業した後も、家庭用のゴミ箱として使用できるでしょう。市販のゴミ袋が使えるおむつ用ゴミ箱のなかから、おすすめのアイテムを紹介します。

日本育児「Ubbi インテリアおむつペール」

市販の30l用のゴミ袋をセットできる、コストパフォーマンスに優れたおむつ用ゴミ箱です。蓋の2カ所に「ゴムパッキン」が付いていて、臭いをしっかりと閉じ込めます。

使用済みのおむつを捨てる部分に付いている蓋は「スライド式」で、臭いの漏れを抑えられるでしょう。ダイヤル式の「チャイルドロック」も付いており、子どもがいたずらで開けてしまうことを防げます。

大容量ながら幅約24.5×奥行35×高さ55cmとスリムな設計で、場所をとりにくいです。新生児用おむつを約58個も捨てられます。

・日本育児 Ubbi インテリアおむつペール
・日本育児 Ubbi インテリアおむつペール

ピジョン「ステール シルクホワイト」

おむつを捨ててハンドルを回すと、本体の内部に落ちる構造のゴミ箱です。ハンドルを回したときに内部でゴミ箱が回転する仕組みになっており、上蓋の密閉構造で本体の内部に溜まった臭いが外に出ないように作られています。

20~30lサイズの市販のゴミ袋をセットでき、ゴム袋と蓋がくっついている状態で本体から取り外せて「ゴミ袋の交換時」も臭いが漏れない設計です。

ハンドルを回した際などの最大サイズでも幅約25.7×奥行26.1cm×高さ51.5cmとコンパクトで、Sサイズのおむつが約25枚入ります。インテリアに溶け込みやすい、シルクホワイトとスノーグレーの2色展開です。

・ピジョン ステール シルクホワイト
・ピジョン ステール シルクホワイト

like-it「ライクイット ダイパーポット 密閉おむつペール」

保存容器のようにすき間なく密閉できる、パッキンと蓋が一体化したおむつ用ゴミ箱です。一体型の「ラバーキャップ」と開いたときに内部が見えず臭いの漏れを防ぐ「インナーキャップ」で、臭い漏れ対策をしています。

排泄物の消臭に効果的な2種類の「消臭剤」も付属しており、蓋の裏側に設置すれば、かすかに漂う臭いにも対処できるでしょう。

市販のゴミ袋をゴム製の「袋止め」に通してセットするだけで、設置や交換が簡単です。容量は20lとなっていて、数日分の使用済みおむつを入れられます。

・like-it ライクイット ダイパーポット 密閉おむつペール
・like-it ライクイット ダイパーポット 密閉おむつペール

持ち運びに便利なおむつ用袋

赤ちゃんと一緒に出かけるとき、ゴミ箱を持ち歩くわけにはいきません。外出時には、おむつ用の袋があると便利です。消臭機能に優れた、おむつ用のゴミ袋を紹介します。

サンシャインポリマー「ウィズベビー 紙オムツ 処理袋」

紙おむつ1個が入る大きさのおむつ用ゴミ袋です。素材に消臭剤が配合され、おしっこの「アンモニア臭」を消臭してくれます。

「幅約23×長さ33.5cm」とゆったりとしたサイズでおむつが入れやすく、口をしばるときもスムーズです。ポケットティッシュのような構造となっており、1枚ずつスムーズに取り出せるためストレスを感じさせません。

かさばりにくいパッケージで、マザーズバッグの中にしのばせておくとよいでしょう。大容量サイズの2個セットで、持ち歩き用と自宅用で使い分けられます。

・サンシャインポリマー ウィズベビー 紙オムツ 処理袋 120枚×2個
・サンシャインポリマー ウィズベビー 紙オムツ 処理袋 120枚×2個

クリロン化成「BOS おむつが臭わない袋 Mサイズ」

医療向け開発から生まれた「高機能な防臭素材」を使用したゴミ袋です。防臭効果が高く、うんちに含まれる強力な悪臭成分をシャットアウトしてくれます。

使用している素材は、一般素材と比較した防臭実験を重ねて効果が実証されている素材です。使用済みのおむつを入れた後、袋を鼻に近づけても臭いを感じにくいでしょう。外出時も臭いが漏れることなく安心です。

おむつを袋に入れて口を数回ねじった後、しっかりと結ぶだけで簡単に使えます。袋のカラーはピンクで、中身が見えないようになっているところも嬉しいポイントです。

・クリロン化成 BOS おむつが臭わない袋 Mサイズ 90枚
・クリロン化成 BOS おむつが臭わない袋 Mサイズ 90枚

それでも臭いが気になるときは?

臭いの感じ方には個人差があり、敏感な人もいればそうでない人もいます。密閉性が高く消臭効果のあるおむつ用ゴミ箱を使用してもまだ臭うように感じる場合に、実践したい方法を紹介します。

新聞紙にくるんで捨てる

使用済みのおむつをそのままゴミ袋に入れるのではなく、「新聞紙」でくるんでから袋に入れた後にゴミ箱に入れると臭いを減らせます。手間はかかりますが、やってみて損はない方法です。

新聞紙の原材料である「木材の繊維」は、水分を吸い取る性質を持ちます。染み出る臭いを、水分と一緒にしっかりとキャッチしてくれるのです。

新聞紙の繊維のすき間に臭いが入り込んで、外部に漏れるのを防いでくれる効果が期待できます。新聞紙やチラシが余っているなら、取り入れて損はないでしょう。

重曹、クエン酸をかける

うんちの臭いのもとになっている「酸性臭」は、アルカリ性の消臭剤で中和できます。「重曹」はアルカリ性の性質を持つため、臭いを中和する作用があるのです。使用済みのおむつをゴミ袋に入れ、上から振りかけましょう。

おしっこの臭いには「クエン酸」が効果的です。おしっこの臭いのもとはうんちとは逆にアルカリ性のため酸性の性質を持つクエン酸で打ち消せます。

水100mlに対し、小さじ2分の1のクエン酸を入れた「クエン酸スプレー」を使用し、おむつやゴミ箱などにスプレーしましょう。クエン酸スプレーはトイレや水周りの清掃などにも使用できます。用意しておくと便利に使えるでしょう。

コーヒーかすを入れる

コーヒーを抽出した後に出る「かす」は、消臭効果があることで知られます。コーヒーかすは「多孔質構造」となっていて臭いを吸収するため、脱臭・防臭に効果があるのです。

利用すれば、アンモニア臭を吸収して中和してくれるでしょう。使い方は、おむつを入れたゴミ袋にコーヒーのかすをティースプーン2杯ほど一緒に入れるだけです。

ペーパーフィルターなどに入った状態のままキッチンペーパーなどに包み、ゴミ箱の中に入れておいても消臭効果が期待できます。

まとめ

おむつ用ゴミ箱があると、使用済みおむつの嫌な臭いが室内に広がるのを防げます。一般的なゴミ箱とは違い臭いが漏れない工夫がされているため、利用すれば臭いに対するストレスを減らせるでしょう。

臭いを表に漏らさないことで、リビングや子ども部屋での過ごしやすさもアップします。徹底的に臭いを防ぎたいなら専用カートリッジタイプ、ランニングコストを重視するなら市販のゴミ袋が使えるタイプがおすすめです。置きたい場所や容量なども考慮しながら、ぴったりなものを選びましょう。

ピックアップ

セカンドベビーカーにはB型がおすすめ。選び方とおすすめ4選
ベビーサークルのおすすめ9選。選び方と素材別の人気商品を紹介
ベビーチェアのおすすめ9選。ハイやロー、テーブルタイプまで紹介
マザーズバッグのおすすめ12選。おしゃれで使いやすいのはこれ