メディア個別 赤ちゃんの肌をやさしく洗おう!「ベビーソープ」は泡タイプが人気♪ | ベビーカレンダー | ママテナ
赤ちゃんの肌をやさしく洗おう!「ベビーソープ」は泡タイプが人気♪

赤ちゃんの肌をやさしく洗おう!「ベビーソープ」は泡タイプが人気♪

赤ちゃんの沐浴や入浴の際に使用する「ベビーソープ」。デリケートな赤ちゃんの肌を洗うためのアイテムなので、品質にはこだわりたいですよね。ベビーカレンダーでは、先輩ママ1,581人にアンケートを実施し、ベビーソープを選ぶ際に重視するポイントや、人気商品を調査しました!

大人と比べて、とってもデリケートな赤ちゃんの肌。沐浴や入浴の際に使用する「ベビーソープ」は、赤ちゃんの肌をやさしく洗える、低刺激な石鹸です。ベビーカレンダーでは、先輩ママ1,581人にアンケートを実施し、ベビーソープを選ぶ際に重視するポイントや、人気商品を調査しました!

「ベビーソープ」には種類がある!沐浴剤との違いって?

ベビーソープは3タイプに分かれる!

赤ちゃんの体を洗う「ベビーソープ」は大きく分けると、固形タイプ、液体タイプ、泡タイプの3種類があります。それぞれの特徴は下記のとおりです。

<固形タイプ>
・泡立てる必要がある
・価格が安い
・減りが遅く長持ちする
・余計な成分を含まないシンプルなものが多い

<液体タイプ>
・泡立てる必要はあるが、固形より泡立てやすい
・ポンプ式なので量を調節しやすい
・きちんと泡立てないとぬるつきが残ることも

<泡タイプ>
・泡立てる必要がない
・片手で簡単に使える
・減りが早い

昔ながらの固形タイプと液体タイプは泡立てる必要がありますが、近年登場した泡タイプは出してそのまま使用できるので、赤ちゃんを抱っこしたままでも使いやすく、時短にもなり便利です。
しかし泡タイプは減りが早いので、比較的長持ちして価格も安い固形タイプのほうが、より経済的という見方もできます。

沐浴剤と何が違うの?

沐浴剤は、大人が使う入浴剤のように、ベビーバスに張ったお湯に溶かして使用します。洗浄成分が含まれているため、ベビーソープと併用しなくても汚れが落ち、すすぎも必要ありません。泡立たないのですべりにくく、まだ沐浴に不慣れな時期におすすめです。

ただしベビーソープに比べて洗浄力が低いため、赤ちゃんの皮脂分泌が活発になるころには、汚れを落としきれなくなる可能性があります。一般的に、沐浴剤を使用するのは生後間もなくから1カ月くらいまでで、ベビーバスを卒業するころにはベビーソープに切り替えたほうが良いとされています。

ベビーソープがあれば事足りるので沐浴剤は必須アイテムではありませんが、ママやパパが一人で沐浴させなくてはいけないときや、夏場に赤ちゃんが汗をかき、沐浴回数が多いときに用いるなど、シーンによって使い分けている家庭もあるようです。

正しい選び方は?いつ用意したらいい?

ベビーソープを選ぶ際に最も重要なのは、洗浄力の高さや泡立ちの良さよりも、赤ちゃんの肌にやさしいこと。
赤ちゃんの皮膚の厚さは大人の約半分と言われています。そのため非常にデリケートで、肌トラブルも起こりやすいのです。できるだけ、合成界面活性剤、香料、着色料、保存料といった成分を使用していないものを選ぶと安心です。

また、生後1〜2カ月ごろまではママのホルモンの影響により皮脂の分泌が盛んですが、生後3カ月を過ぎたころから皮脂の分泌量が次第に減って、肌の水分量も大人の半分以下となり乾燥しやすくなります。乾燥が気になるときには、肌にやさしい保湿成分が含まれたものを使うなど、赤ちゃんの肌の変化をチェックしながらベビーソープを選ぶことをおすすめします。

さらにコスパの面で考えると、最初は泡タイプを使用し、赤ちゃんとの入浴に慣れてきたら固形タイプに切り替えるといった方法も良いですね。

赤ちゃんが生まれてすぐに使用するので、沐浴に使うベビーバスと沐浴布(ガーゼ)、ベビーソープは妊娠中期(安定期)に準備しておくとベストです!

先輩ママ1,581人のベビーソープ事情が明らかに!

ベビーカレンダーでは、先輩ママ1,581人にベビーソープに関するアンケート調査をおこないました!

前述のとおり、大きく3タイプに分かれるベビーソープですが、先輩ママに使用している(していた)タイプを質問したところ下記のような結果に。


約8割のママが「泡タイプ」と回答し、圧倒的な人気でした。やはり手早く沐浴を終わらせるためにも、便利な泡タイプを選ぶママが多いようです。
「その他」の中には、泡・固形・液体の3タイプをシーンによって使い分けているという回答もありました。

次に、ベビーソープを選ぶ際に最も重視したポイントを聞いたところ「肌にやさしい成分である、無添加である」という点が圧倒的な回答率の高さに。繊細な赤ちゃんの肌を洗うものだから、成分は妥協せずに選ぶ!というママが多数であることがわかりました。

また、すでにベビーソープを卒業しているお子さんのママへ、いつ大人と同じボディソープに切り替えたのか質問したところ、下記のような結果になりました。


「1歳から」という回答が最も多く34.3%、その後「2歳から」→「3歳から」→「4歳以上」と、年齢が上がるごとに回答率も低くなっています。5割以上の家庭で、1〜2歳ごろには大人と同じボディソープに切り替えるようです。
また、全体の12.3%の家庭では「最初から赤ちゃんも使える大人用のボディソープを使っていた」と回答。大人用と赤ちゃん用で使い分ける必要がないというのは、時短&節約になりそうですね。

関連記事:

ピックアップ

「え!本当に私でいいの…?」娘の懐の深さにびっくりした話
【業務スーパー】フォンデュも簡単!楽しみ方いろいろ濃厚なめらかスイーツ♡
「出てる!逆!w」可愛すぎる兄妹に、ツッコミと笑いが止まらない♡
「助けて…胸が…痛い…」生理直前から始まる痛みに、夜も眠れない!