メディア個別 読めばラクになる!ママはテキトーな方がいい?マンガでわかる子育て本 | ベビーカレンダー | ママテナ
読めばラクになる!ママはテキトーな方がいい?マンガでわかる子育て本

読めばラクになる!ママはテキトーな方がいい?マンガでわかる子育て本

赤ちゃんとの毎日がもっとラクに、もっと楽しくなる。ベビーカレンダーは、そんな毎日を応援するコラムを絶賛連載中! 今回は育児がラクになる本のご紹介です。

赤ちゃんとの毎日がもっとラクに、もっと楽しくなる。ベビーカレンダーは、そんな毎日を応援するコラムを絶賛連載中! 今回は育児がラクになる本のご紹介です。


毎日の赤ちゃんのお世話は思っていた以上に大変と感じるママもいると思います。そんな忙しく頑張っているママがちょっとラクになれる本『子どもが伸びる がんばらない子育て』(フォレスト出版)をご紹介。知ってましたか? 実はママはテキトーな方がいいってことが科学的に証明されているんだそうです。

早期英才教育は無意味だった!?

子育て教室を主宰し、10年間で4,000人のママの相談にのってきたこの本の著者であり、心理学博士山本ユキコさん。ご自身も2児の母親として、仕事も育児もと奮闘した経験があり、そんな自身の経験をもとに、いかにママが「がんばらない」方が、子どもにいい影響を与えられるのかを書いたのが『子どもが伸びる がんばらない子育て』なのです。


子育ては、あらゆる予定がくつがえされていくキャンセル地獄。それまで仕事もプライベートも懸命に取り組んできた山本さんは、「子育てもがんばらなきゃいけない」と努力しましたが、まったくうまくいかず、いつもイライラして夫に気持ちをぶつけていたそう。


そこで山本さんは、何とかラクになれる方法はないかと、子育ての本を読んだり、発達や遺伝の研究や育児に関するデータを見たりしました。すると学問の世界では「子育て中の母親はイライラして当たり前」「完璧は目指さずにがんばらない方がむしろよい」と言われていることがわかったのです。なかでも、「早期英才教育は無意味」と乳幼児発達の専門家に言われたことは衝撃だったそうです。

マンガだから読みやすくてわかりやすい!

子育ての世界にはさまざまな情報が錯綜しています。「子どもを怒ったらトラウマになる?」「イライラする私は母親失格?」「ワクチンは打たない方がいい?」など、結論を出しにくいトピックが山積みです。


この本では、心理学博士の山本さんが、最新の研究結果を引用し、ひとつひとつ丁寧に、ママやパパの疑問に答えていきます。また、忙しいママやパパのために、漫画を読むだけでも、大まかな内容は把握できるようになっています。どんな早期英才教育よりも子どもの可能性を伸ばし、ママもパパも子どもも幸せになる「がんばらない子育て」を始めてみましょう。

関連記事:

ピックアップ

外出先で「キー!キー!」と叫ぶ娘。お願い静かにして…対応した方法は?
「危ないからやめて」が伝わらない…小さい子に響いたママの神対応とは?
「ねぇ、キツイ!」子どもに電話番号と住所を覚えさせられる遊びって?
他人が羨ましい。人と比べてしまい、つらくなったときにはどうする?