メディア個別 実際やってみてわかった! 子連れ出勤のメリットとデメリット | ベビーカレンダー | ママテナ
実際やってみてわかった! 子連れ出勤のメリットとデメリット

実際やってみてわかった! 子連れ出勤のメリットとデメリット

子どもが0歳のときから、週1~2回ほど子連れ出勤をしているという、子育て支援事業のNPOで働くママ。実際に子連れ出勤をしてみて感じられたメリット2つとデメリット1つをご紹介しています。

私は子育て支援事業のNPOで働いていて、週1~2回ほど双子の娘たちを連れて出勤しています。未就園児親子向けのイベント企画運営の仕事なので、イベントの際には子連れで出勤することで参加者とより近く接することができます。そのため、人員が厚く配置できる日は、子連れ出勤が歓迎されている職場です。

今回は、実際に子連れ出勤をしてみて感じたメリットとデメリットをご紹介します。

メリット①「ママのお仕事」がわかる

私は子どもたちを0歳のころから職場に連れて行っていました。小さいときから子どもたちが職場を知り、そこで仕事をしているママを見ながら遊ぶことで、「ママはこんなお仕事をしているんだ」と理解してくれます。


2歳になった今では、「お仕事に一緒に行くよ」というと「わーい」と喜んでくれるようになりました。また職場でも自宅でも、「仕事をするからね」と声掛けすると「おしごとなのね」と理解して、子ども同士だけで遊んでくれて、とても助かっています。

メリット②職場の同僚に理解してもらえる

子どもが風邪をひいて休んだり仕事を頼んだりしなければならないときにも、同僚が子どものことを知ってくれているので「〇〇ちゃん大丈夫かな」と心配して一言かけてくれます。同僚が理解してくれることで、安心して休んで看病することができるのはありがたいです。


同僚もまた子連れ出勤をしているので、同僚が子どもの体調不良で休むときには反対にしっかりフォロー。仕事をまっとうしながらお互いの子どもの対応もちゃんとできるように、その都度臨機応変にフォローし合っています。

関連記事:

ピックアップ

家でおむつはダメ? 保育園児の「おむつはずし」おうちでやりがちNG行動
「内診で思わぬ病が判明…」いよいよ妊活と思ったら医師の説明にショック
「これ…あなたの?」義父のスマホから見つかった衝撃写真に戦慄…!#セクハラ義父 24
「漏らしたの?」超絶ハズい!ウッカリして同棲中の彼氏に見られた!