メディア個別 【2019年】おすすめの冷蔵庫!賢い選び方や最新機能まで大調査 | 日常消費財の徹底比較 いいモノ買い隊 | ママの知りたいが集まるアンテナ「ママテナ」
ママの知りたい情報が集まるアンテナ

ママテナ

【2019年】おすすめの冷蔵庫!賢い選び方や最新機能まで大調査

第83回 日常消費財の徹底比較 いいモノ買い隊
家電の中でも長く使い続ける冷蔵庫。各メーカーからいろいろな種類や機能が販売されており、どれを選んでよいか迷ってしまいますよね。そこで今回は家族みんなで使える、ライフスタイルに合った冷蔵庫の選び方とおすすめをピックアップしました。

冷蔵庫を選ぶときに重要なチェックポイント

冷蔵庫の選び方はいくつかポイントがあります。詳しく見てみましょう。

冷蔵庫の容量をチェック

冷蔵庫のサイズは容量で表します。目安となる容量を知っておけば、どの程度のものを買えば足りるか分かりやすいですよ。基本的な容量を計算してみましょう。

<冷蔵庫の基本的な容量の計算方法>
70L×家族の人数+100L(常備食材)×70L(予備スペース)=容量

- 5人以上の大家族向けの場合…500L以上の容量がおすすめ
- 3~4人の家族向けの場合…300~500Lの容量がおすすめ
- 2人暮らしの場合…200~300Lの容量がおすすめ
- 自炊する1人暮らしの場合…150~200Lの容量がおすすめ
- 自炊しない1人暮らしの場合…150L以下の容量がおすすめ

上記が家族人数ごとの冷蔵庫容量の目安です。ただし、計算式で求めた数字にこだわらず、参考程度にとどめながらライフスタイルに合わせた容量を選ぶようにしましょう。

搬入経路や設置スペースをチェック

冷蔵庫を設置する際、冷蔵庫本体の大きさのほかに放熱スペースも確保しなければいけません。そのため、設置場所はある程度のゆとりがないと、放熱しきれずに中身が冷えにくくなってしまいます。

また、搬入時に冷蔵庫本体+10cmの幅があるか確認しましょう。マンションのエレベーター、玄関のドアに対してサイズが大きすぎると、搬入できない場合があります。

特に新規購入はそれまで使っていた冷蔵庫とサイズが異なるかもしれないので、設置スペースと搬入経路を確認することをおすすめします。そのほか、延長コードが必要かどうか、コンセント位置もチェックしてくださいね。

冷蔵庫の開き方をチェック

ドアの開く方向によっても使いやすさが変わります。冷蔵庫の右側に壁がある場合はドアが右開き、左側に壁がある場合だと、左開きのドアを選ぶと食材の出し入れがスムーズに行えます。

壁際に冷蔵庫を置けないなら、キッチンに向かってドアが開くようにすることで導線が保てて、調理しやすいのでおすすめです。

キッチンのスペースが狭い場合などに活用できるのが観音開き、または左右どちらにも開くことができる一枚扉のタイプです。観音開きはドアの可動域が小さく、片開きだと開けない狭い場所でも楽々使えます。
また、両開きタイプは壁の位置を気にせず使えるため、引越しが多いご家庭にもおすすめです。

省エネタイプかをチェック

冷蔵庫は消費電力が高いイメージがありますが、最近は機能の向上により、省エネ性能に優れたタイプが各メーカーから販売されるようになりました。省エネの基準は★の数が多いほど省エネ性能が高くなり、大きなサイズでも節電可能です。

10年前のモデルと電気代を比べてみると、2/3以下まで省エネが進んでおり、家計にもうれしい効果が期待できます。

2019年冷蔵庫の機能のトレンドは?

冷蔵庫を選ぶうえでぜひチェックしておきたい最新の機能を紹介します。

保冷技術

各メーカーが誇る最新技術のひとつ「チルド室の保冷」。少し前までは急送冷凍で細胞組織を破壊せずに鮮度を保ったり、熱々のまま食材を冷凍したりする冷凍方法として知られていました。

しかし、最近のチルドは冷凍焼けや解凍の際のドリップがほとんどなく、食材そのままの美味しさをキープできるのが特徴です。また、野菜室も野菜の光合成や野菜から出るガスを有効活用するなどして、野菜の鮮度を長時間保持できるよう工夫されています。

使い勝手のよさ

ひと昔前の冷蔵庫は庫内容量が大きくなるほど、奥の棚が見えにくい、ドアが重く開けにくいなどの使いづらさが悩みのタネでした。最新の冷蔵庫はこれらの欠点を払拭し、より利用しやすい構造につくられています。

スライド式の野菜室や冷凍庫のほか、飲み物や調味料を入れるドアポケットの配置にもこだわり、すぐに取り出しやすいというメリットが備わりました。さらに電動でドアが開くタイプ、半ドアだと自動で開くタイプなども販売されています。

お手入れしやすい

冷蔵庫の使いやすさとお手入れのしやすさは関係があります。例えば氷をつくる製氷機はパーツが細かく取り外して洗うことが可能です。大きな野菜室も部屋ごと取り換えなくても、お手入れしやすいよう工夫が施されています。

5人家族におすすめの冷蔵庫3選

日立 「XGシリーズ」6ドア冷蔵庫(670L) R-XG6700H XN

出典:Amazon
出典:Amazon

生鮮食材の栄養素を保つ「真空チルド」、野菜のみずみずしさを長持ちさせる「新鮮スリープ野菜室」を備えた冷蔵庫です。小さい冷凍室の温度調整が可能なので、家族が多いご家庭に役立ちます。

飲み物を急いで冷やしたい、おかずのつくりおきや下ごしらえを保存する場合などに冷蔵を切り替えて使えるのでとても便利。家族ひとり、ひとりの健康面を考えたご飯づくりにおすすめです。

三菱 「置けるスマート大容量 WXシリーズ」6ドア冷蔵庫 (517L) MR-WX52D-W

出典:Amazon
出典:Amazon

幅65cmのすっきりとしたシルエットながら、517Lという大容量を誇るモデルです。設置スペースが少ないキッチンにも邪魔にならずに置けるので、今ある冷蔵庫が小さくて不便だけど、キッチンが狭くて…とういう悩みにも対応してくれます。

また、微粒子凍結によって食材を芯からムラなく凍らせる「切れちゃう瞬冷凍」を搭載。冷凍に不向きな食材もしっかりと凍らせることができ、そのままの美味しさを保ちます。

カラーバリエーションも3色あるので、キッチンに合わせて選べるのもうれしいポイントです。

パナソニック 「HPXタイプ」6ドア冷蔵庫(550L) NR-F553HPX-W 6

出典:Amazon
出典:Amazon

ミストのような冷気とアルミプレートが食材を凍り始める低温をキープし、長期保存を可能にした「微凍結パーシャル」機能を搭載。細胞のまわりを少し凍らせているだけなので、食材の美味しさや栄養をそのまま味わえます。

さらに密閉度の野菜室には専用の湿度センサー、ポリフェノール、ビタミンAといった栄養素を増幅させるナノイーXの放出機能など、保存と使い勝手に優れたモデルです。

4人家族におすすめの冷蔵庫2選

東芝 「べジータFDシリーズ」6ドア冷蔵庫(462L)GR-P460FD

出典:Amazon
出典:Amazon

シンプルなデザインとガラスドアがキッチンインテリアとしてもよく映えます。この冷蔵庫の注目すべき特徴は野菜室が中央に設置されていること。低温高湿度な冷気で保存できるうえに容量が他メーカーよりも大きいので、みずみずしい野菜をたっぷり食べたいというご家庭にピッタリです。

そのほか、チルドルームのモードを切り替えることで、食材の鮮度を損なうことなく、冷凍、解凍が行なえます。

パナソニック 冷蔵庫 6ドア 450L パーシャル搭載 マチュアダークブラウン NR-F454HPX-T

出典:Amazon
出典:Amazon

見た目がすっきりとした冷蔵庫です。パナソニック独自の「モイスチャーコントロールフィルター」により、野菜室内の湿度をコントロールしながら鮮度を長時間保ちます。

また自動で節電してくれるエコナビも搭載し、省エネ対策にもおすすめです。扉は右開き・左開きがそれぞれ販売されているので、キッチンの間取りに合わせて選べますよ。

3人家族におすすめの冷蔵庫3選

シャープ 3ドア冷蔵庫 (356L) SJ-GW36E-W

出典:Amazon
出典:Amazon

左右どちらからも開けられる「どっちでもドア」を採用し、家族で使いやすいのが特徴です。除菌効果が期待できるプラズマクラスターが庫内を包み込むので、いつも清潔さを保てるのも魅力的。

また一般的な女性の身長に合わせて設計されているため、食材の出し入れがスムーズに行なえます。

三菱 3ドア冷蔵庫(365L)MR-CX37D-BR

出典:Amazon
出典:Amazon

スリムなシルエットながら、たっぷり370L入る冷蔵庫。「氷点下ストッカー」を備えており、肉や魚を冷凍せず、鮮度を保てるので、下ごしらえや調理に便利です。

そのほか、飲み物をしっかりと冷やせる機能付きで、ビールからジュースまでストックしておけば、常に冷たい状態で飲めます。

東芝 「VEGETA(ベジータ)」3ドア冷蔵庫 (330L)GR-M33S

出典:Amazon
出典:Amazon

野菜室が中央に設けられたモデル。家族の健康を考えて、野菜たっぷりの料理をつくる方におすすめです。「うるおいラップ」で野菜のみずみずしさを保つので、食べる時にシャキシャキ感が楽しめますよ。

野菜室82L、冷凍室84Lと大容量なのもうれしいポイントです。

2人家族におすすめの冷蔵庫3選

ハイアール 「Haier Global Series」2ドア冷蔵庫(173L)JR-NF173A-W

出典:Amazon
出典:Amazon

お手頃価格のシンプルデザインです。冷蔵庫本体の上部に耐熱性の高い鉄板を使用しており、電子レンジなども置けます。また、冷凍室は3段の引き出しを備え、冷凍食品やアイス、保存食などを種類別に分けて入れられるので、朝のお弁当づくりにも便利です。

AQUA 2ドア冷蔵庫(157L) AQR-16H-R

出典:Amazon
出典:Amazon

放熱スペースに関係なく、壁に接して設置できる省スペース向き冷蔵庫です。トップテーブルは52.5cmの幅があり、しかも耐熱性なのでオーブンレンジを置くことが可能。転勤で引越しが多いというご家庭も間取りを気にすることなく使えるのではないでしょうか。

日立 3ドア冷蔵庫(265L)R-S27JV-XN

出典:Amazon
出典:Amazon

幅54cmのコンパクトサイズなので、マンションやアパートの省スペースに設置できます。真空チルドを搭載しており、ラップなしで食材を保存できるのがうれしい魅力。しかもインバーター制御機能で省エネできるので、新婚家庭の家計も助かりますね。

人気の冷蔵庫メーカー

冷蔵庫はメーカーごとに特徴や最新機能が異なります。冷蔵庫を購入する際にチェックしたい主要メーカーのポイントを見てみましょう。

日立

日立の冷蔵庫の大きな特徴は「食材の鮮度を長持ちさせる」ことです。真空チルドや新鮮スリーブ野菜室、デリシャス冷凍などの機能を搭載し、肉や魚などの生鮮品も素材本来の美味しさを損なわずに長時間保存を実現させました。

パナソニック

デザインの高い家電を次々と発表しているパナソニック。冷蔵庫も豊富なカラーバリエーションと清潔感のあるデザインが特徴的で、インテリアにこだわる方に人気です。もちろん、見た目だけでなく、冷蔵・冷凍機能も充実しており、幅広いご家庭で利用されています。

シャープ

シャープの冷蔵庫は冷凍機能に優れており、大量の食材を冷凍保存することが可能です。また独自の「プラズマクラスター」機能が庫内の空気を清浄に保ち、雑菌の繁殖を防ぐ効果も期待できます。

東芝

東芝は「べジータシリーズ」や「摘みたて野菜室」など、野菜室の性能に特化した冷蔵庫を販売しています。野菜のみずみずしさと栄養を損なうことなく保存でき、常に新鮮な状態で調理が可能です。

三菱

ユニークな機能が話題を集める三菱の冷蔵庫。スマホと連携した機能や使い勝手のよい設計など、ライフスタイルに合わせて利用できます。解凍せずに食材が切れる「切れちゃう瞬冷凍」は料理の手間を省いてくれるので、時短家事に役立ちます。

自分のライフスタイルに合った冷蔵庫を選ぼう

冷蔵庫の選び方と最新の機能について紹介しましたが、いかがでしたでしょうか。冷蔵庫は長く使うものなので、サイズや機能はもちろん、収納力、扉の開き方など、生活スタイルに合わせて、検討することが大切です。

野菜がたっぷり収納できる、鮮度を保ちながら冷凍可能、または省エネ対策できるなど、自分が重視する点をよく考えて冷蔵庫を選んでくださいね。

あなたにおすすめ

ピックアップ