メディア個別 洗濯機のおすすめ10選!人気のドラム型・縦型の違いや選び方を大調査 | 日常消費財の徹底比較 いいモノ買い隊 | ママの知りたいが集まるアンテナ「ママテナ」
ママの知りたい情報が集まるアンテナ

ママテナ

洗濯機のおすすめ10選!人気のドラム型・縦型の違いや選び方を大調査

日常消費財の徹底比較 いいモノ買い隊
洗濯機を買い換えようとされている方におすすめのドラム式・縦型洗濯機・洗濯乾燥機をご紹介します。大容量や小容量、またAIやクラウドを利用した先進的な選択支援機能など、様々な選び方のポイントを確認して、自分に合った1台を見つけましょう。

ドラム式・縦型ってなに?洗濯機の正しい選び方とは?

洗濯機を選ぶ際には、いくつかの視点があります。多くの方に共通する選び方の視点は「機能」「選択方式」「洗濯容量」の3つです。

洗濯機の機能別で選ぶ

使い方の違いによって洗濯機は大きく3つの機能で区別できます。

洗濯乾燥機

洗濯機と乾燥機の2つの役割を果たすタイプが「洗濯乾燥機」です。衣類乾燥用にヒーターを内蔵していて、コインランドリーの乾燥機のように完全に乾かせます。

簡易乾燥機能付き洗濯機

「簡易乾燥機能付き洗濯機」はヒーターを内蔵せず、送風で軽く乾かすタイプです。部屋干ししたり浴室乾燥機にかけたりする場合、簡易乾燥してから浴室乾燥に移すと、より早く乾くほか、乾き残りも少なくなります。

二層式洗濯機

二層式洗濯機は洗濯槽と脱水槽が別々になっていて、自分で移し替えるタイプの洗濯機です。それぞれ別のタイマーで時間設定できるため、洗濯をしながら脱水をかけるなど並行して作業できるのが特長です。

ドラム式・縦型などの洗濯方式の違いで選ぶ

また、洗濯方式にも注目して選びたいですね。

縦型

縦型方式の洗濯では、洗濯槽の底から生み出される水流の流れに乗って、たっぷりの水で洗濯します。汚れを水に流出しやすくなるので日頃泥汚れなどが気になる場合や、洗濯物が多く大容量が必要な場合に対応できるのが魅力です。

ドラム式

ドラム式の洗濯では、縦に回転するドラムの動きとともに「洗濯物が持ち上がっては下に落ちる」動きをします。この落ちる際の衝撃で「たたき洗い」するため、少量の水で洗えます。また、斜めドラムの場合、完全な横型・縦型に比べて奥まで手が届きやすいです。

自分に合った洗濯容量で選ぶ

洗い物の頻度や一度に洗う容量も選ぶ際の参考になります。

2人まで

一人暮しや夫婦2人のみの洗濯物をこまめに洗濯する方におすすめなのが、5kg程度までの洗濯機です。まとめて洗うよりも、汚れ物・色物とその他を分けて洗う、下着は手洗いしたいという場合には、水量の少ないこのサイズがいいでしょう。

3~4人

一人暮しでもまとめ洗いをする方や、3人程度のご家族におすすめのサイズは5~7kgです。満水で運転するよりも8割の水量までで洗濯するほうが省エネ運転となるため、多少余裕を見て容量を選ぶほうがいいですよ。

4人以上

4人以上では7kg以上が望ましいでしょう。さらに、まとめ洗いの多い場合、シーツなどの大物を洗濯する頻度が高い場合、大家族の場合は8~9kgも検討されることをおすすめします。

洗濯機を購入する前に注意すべき点

買ってから後悔しないように、購入前にぜひサイズを計測しながら確認していただきたいのが「扉」と「本体のサイズ」です。

扉がどちらに開くかチェック

ドラム式の洗濯機の扉には「右開き」「左開き」があります。設置場所と扉の開き方・位置の相性が悪いと、壁や他の家具などに邪魔されて扉が開かない、または開けにくくなることがあるので注意が必要です。

本体の大きさをチェック

本体の大きさによっては、設置を予定している場所に収まらないことがあります。また、設置場所は十分であったとしても、搬入ルートや設置場所の搬入口の間口が狭くて入らない場合もあります。メーカーの公式サイトやカタログで仕様を確認したり、カスタマーセンターに事前に問い合わせたりすると安心です。

どんな洗濯機の性能が人気?

さて、洗濯方式や容量などの他に注目すべきポイントはあるのでしょうか? 人気の洗濯機の機能をご紹介しながら確認していきます。

【人気の機能1】液体洗剤・柔軟剤の自動投入

「液体洗剤・柔軟剤の自動投入機能は以前からあるよね?」と思われる方もいらっしゃるかもしれません。実は従来型とは大きく異なる方法なのです。事前に洗濯物を投入し、重さを計量してから指定量をカセットに入れていた従来型に対して、最新型では液体洗剤・柔軟剤をタンクに貯蔵しておき、そこから必要な使用量を自動投入します。

【人気の機能2】同時に洗う、分けて洗うが選べる

人気のLGエレクトロニクスのシグネチャーモデルのドラム式洗濯機LG SIGNATURE(SGDW18HPWJ)の「デュアルウォッシュ」は、多くの方が求めていた時短機能です!メインの洗濯機のほかに小さな洗濯機を備え、例えば大物と小物、白いシャツと色物など、これまでは別洗いで二度手間だった洗濯を同時に進められます。

【人気の機能3】温水専用ヒーター

パナソニックのドラム式&縦型の両方に搭載されている「温水泡洗浄W」は温水専用ヒーターで温めたお湯で洗える機能です。温水に洗濯洗剤がよく溶けるほか皮脂などの汚れも柔らかくなるため、黄ばみや汚れを落としやすくなります。

【人気の機能4】AIによる洗濯方法のおすすめ

AIによる高度な選択方法の提案機能がおすすめです。例えば、シャープのES-W111はAIoTクラウドサービス「COCORO WASH」に対応、天気や季節、過去の洗濯履歴を参考にしながら、適切な選択方法をスマートホンアプリやスマートスピーカーの音声でアドバイスしてくれます。

ドラム式洗濯機のおすすめ5選

それでは、ドラム式洗濯機の中からおすすめを5つ選んでご紹介いたします。

1:東芝 TW-127X7

出典:Amazon
出典:Amazon
洗濯・脱水容量:12kg
洗濯~乾燥・乾燥容量:7kg

東芝のTW-127X7はドラム式洗濯機の最上位モデル。平成30年度(2018年度)に省エネ大賞(製品・ビジネスモデル部門)と2018年度グッドデザイン賞を受賞しています。ゆとりの大容量ながら大風量でシワを伸ばす「ふんわリッチ乾燥」やワンプッシュで掃除できる乾燥フィルターなど細やかな気配りが感じられますよ。

2:パナソニック NA-VX9900

出典:Amazon
出典:Amazon
洗濯・脱水容量:11kg
乾燥容量:6kg

パナソニックの「ななめドラム」洗濯乾燥機の最上位モデルであるNA-VX9900は、「液体洗剤・柔軟剤の自動投入」機能を備え、出先からスマートフォンで帰宅時間に仕上がるように洗濯・乾燥が可能です。
洗濯機の中に入れたままの洗濯物のニオイ予防策として「ナノイーX」も搭載していて、抜かりがありません。カラーはクリスタルホワイトのほか、おしゃれなノーブルシャンパンも選べます。

3:シャープ ES-W111

出典:Amazon
出典:Amazon
洗濯・脱水容量:11kg
乾燥容量:6kg

シャープのES-W111は AIoTクラウドサービス「COCORO WASH」が天気情報や洗濯履歴を参考に洗濯方法を提案する機能以外にも見逃せないポイントがあります!ドアを開けた収納部には「超音波ウォッシャー」を搭載。太めのマジックのような形状のウォッシャーでワイシャツの襟ぐりなどの汚れをダイレクトに予洗いすることで、布の傷みを少なくできるほか、洗濯を時短できますよ。

4:シャープ ES-S7B

出典:Amazon
出典:Amazon
洗濯・脱水容量:7kg
乾燥容量:3.5kg

一人暮らしの方など洗濯物の容量や頻度の少ない方、ドラム式洗濯機を使いたいがスペースが小さいという方にオススメなのが、シャープのES-S7Bです。幅59.6cm×奥行き60.0cmとコンパクトなボディサイズで、一般的な縦型洗濯機用の防水パン(外寸:約64cm×約64cm)に収まります。
小型ながら洗濯槽のカビの繁殖を抑える「プラズマクラスター槽クリーンコース」や洗えないぬいぐるみなどの消臭のできる「プラズマクラスター消臭コース」など注目の機能も搭載しています。

5:日立 BD-SG100C

出典:Amazon
出典:Amazon
洗濯・脱水容量:10kg
洗濯~乾燥・乾燥容量:6kg

日立のドラム式洗濯乾燥機にもコンパクトタイプのBD-SG100Cがあります。ボディサイズは幅63.0cm×奥行71.5cmですが、底面の脚部分は幅57.0cm×奥行き53.8cmで内寸奥行き54.0cm以上の防水パンなら収まります。
高速風でしわを伸ばす「風アイロン」や、衣類の重さに従って適切な強さのたたき洗いができる「センサービッグドラム洗浄」も魅力的です。

縦型洗濯機のおすすめ5選

続いて縦型洗濯機からおすすめの品5つをご紹介いたします。

1:東芝 ZABOON AW-10SV7

出典:Amazon
出典:Amazon
洗濯・脱水容量:10kg
洗濯~乾燥・乾燥容量5kg

東芝のZABOON AW-10SV7は、繊維の奥に働きかける「ウルトラファインバブル洗浄W」を水と衣類を風で温めて行うモードを備えています。洗浄力に期待できますね。洗濯工程で低振動・低騒音設計されているので、深夜・早朝に洗濯する必要のある方なら重宝するはず。また、洗濯機には珍しいシックでダークな「グレインブラウン」カラーも注目です。

2:パナソニック NA-FW120V1

出典:Amazon
出典:Amazon
洗濯・脱水容量:12kg
乾燥容量:6kg

パナソニックの縦型洗濯乾燥機の最上位モデルであるNA-FW120V1は、業界トップクラスの容量を誇る縦型洗濯機です。温水専用ヒーターを用いた「温水泡洗浄W」ではニオイと黄ばみを落とす「においすっきりコース」が洗濯可能。約40度の温水で繊維の奥にしみついた汚れやニオイの原因菌を洗い流します。「毛布コース」は洗濯ネットなしでOK。薄手の綿毛布なら4枚(1枚1.5kg以下の場合)同時に洗えますよ。

3:日立 BW-DX120C

出典:Amazon
出典:Amazon
洗濯・脱水容量:12kg
洗濯~乾燥・乾燥容量:6kg

日立のビートウォッシュシリーズの最上位縦型洗濯乾燥機であるBW-DX120Cは、「液体洗剤・柔軟剤の自動投入」機能のほか、「AIお洗濯」モードで、洗濯物の量や布量、水温、汚れの量、すすぎ具合、脱水具合などをセンサーで感知して、洗い方や時間をオートで設定して洗い上げます。またAIボタンの3秒押しで洗濯槽の「自動おそうじ」が設定でき、すすぎのあとにきれいな水道水シャワーで洗濯槽の外側と、洗濯槽の外装の内側の間を洗い、カビを防ぎます。

4:シャープ ES-TX5C

出典:Amazon
出典:Amazon
洗濯・脱水容量:5.5kg
乾燥容量:3.5kg

一人暮しや洗濯を小分けしてこまめに行う方におすすめの小容量の縦型洗濯乾燥機もご紹介しましょう。シャープのES-TX5Cは洗濯脱水容量が5.5kg。ボディのサイズはホース込みでも幅56.5cm×奥行き59.0cmです。このサイズですが「時短コース」や「おしゃれ着コース」もありますよ。
洗濯槽がステンレス製の穴なし構造であるのに加えてAg+抗菌・防カビ加工されているので、カビが発生しにくいのもうれしいですね。

5:アイリスオーヤマ IAW-T502EN

出典:Amazon
出典:Amazon
洗濯・脱水容量:5kg

自営業の方などで、仕事場に乾燥機能なしの洗濯機を置きたいなど、メインの家電としてではなく2台目として使いたい方におすすめなお手頃価格の洗濯機もあります。アイリスオーヤマのIAW-T502ENです。
60分間脱水し部屋干しを時短できる「部屋干しモード」や、最大24時間予約可能なタイマーなど、一人暮しにもうれしい機能がついています。

人気の洗濯機メーカー

ここで、改めて人気メーカーの洗濯乾燥機の特徴を確認しておきましょう。

日立

日立には、ドラム式洗濯乾燥機の「ビッグドラム」や縦型洗濯乾燥機の「ビートウォッシュ」といった有名なシリーズがあります。AIが最適な洗濯を支援する「AIお洗濯」、勢いの良い水流で洗う「ナイアガラ ビート洗浄」、「液体洗剤・柔軟剤自動投入」など、最新の欲しい機能が詰まったラインナップが魅力的です。

パナソニック

最上位モデルのVX9900などに搭載された、液体洗剤は約870mL、柔軟剤は約580mLと大容量の自動投入タンクや、洗剤を泡立ててから洗う「泡洗浄」、ドラム式と縦型に温水洗い機能を備えているほか、グッドデザイン賞を受賞などデザイン性・人間工学にも配慮した製品を提供しています。

シャープ

シャープは先進的なコンセプトとすっきりとしたデザインが人気の白物家電メーカーです。フラッグシップモデルのES-W111シリーズでは、AIによる操作支援や、除湿機能のプラズマクラスター、乾燥フィルター・ダクトの自動清掃が便利です。

東芝ライフスタイル

洗い・すすぎ時の「ウルトラファインバブル洗浄W」が注目を集めるZABOONにはドラム式と縦型の両方の洗濯乾燥機があります。業界トップクラスの大容量でまとめ洗いや大物洗いに重宝するフラッグシップモデルのTW-127などを提供しています。

どんな洗濯機が必要?ぴったりの選択を!

人気の洗濯機を、ドラム式と縦型でそれぞれ5選してご紹介いたしました。様々な先進的な機能を備えたフラッグシップモデルからシンプルなモデルまで、様々な選択肢がありますね。なお、上でご紹介したドラム式の洗濯機には、扉の開き方が別の物もあります。メーカー公式サイトなどで型番や仕様、特長をご確認ください。

ご自身のニーズや好みに合った洗濯機を使えば、洗濯が時短できたり楽しくなったりとポジティブな効果が期待できます。ぜひ良い洗濯機を手に入れてくださいね。

あなたにおすすめ

ピックアップ