メディア個別 粒が残っているとオエッ…離乳食の進め方を管理栄養士がアドバイス! | ベビーカレンダー | ママの知りたいが集まるアンテナ「ママテナ」
ママの知りたい情報が集まるアンテナ

ママテナ

粒が残っているとオエッ…離乳食の進め方を管理栄養士がアドバイス!

第3874回 ベビーカレンダー
ベビーカレンダーの人気コンテンツ【管理栄養士に相談】の中から特に注目をあつめた質問の内容を一部抜粋してご紹介します。今回は、今回は、5~6カ月ごろ(離乳食初期)の「裏ごし」から、7~8カ月ごろ(離乳食中期)の進め方に関するご質問です。

「気軽に専門家に質問ができて、さらに返信も早い」とママから日々感謝の声が寄せられているベビーカレンダーの人気コンテンツ【管理栄養士に相談】。その中から特に注目をあつめた質問の内容を一部抜粋してご紹介します。今回は、5~6カ月ごろ(離乳食初期)の「裏ごし」から、7~8カ月ごろ(離乳食中期)の進め方に関するご質問です。

Q. 離乳食に粒が入っているとオエッとなってしまいます

生後7カ月の子について質問です。
離乳食を始めて1カ月半が過ぎ、2回食で朝夕同じ量を食べています。ブレンダーでトロトロにしたものはじょうずにごっくんできますが、すり鉢で潰しただけの若干粒が残ったもの(裏ごしなし)はオエッとなってしまいます。すり鉢で潰したバナナはねっとりしているせいかそのままではダメでしたが、お湯で伸ばしてゆるくしたら何とか食べられました。

これから少しずつ粒を残したものを増やしてモグモグ期に移行したいのですが、うまく飲み込めないうちはやめたほうがいいのでしょうか? それとも練習しないとうまく飲み込めないままなので、オエッとなっても少量ずつあげ続けたほうがいいのでしょうか?

一藁暁子管理栄養士からの回答

つぶつぶの食感や飲み込むことにまだ慣れていないのかもしれないですね。

そのような場合は、「7倍粥をブレンダーでトロトロにして徐々に粒を増やしていく方法」をおすすめします。そしてまずは1品、歯茎でつぶせるお豆腐くらいの固さの離乳食を用意して1口から徐々に練習させてみてください。スプーンで与える際は一口量はスプーンの1/3~1/2量くらいの少量から食べさせることがポイントです。スプーンで与える1口量が多いと口の中で舌を動かして上あごですりつぶし咀嚼するスペースがなくなり、オエッとなりやすいです。


月齢に合った離乳食の固さは市販のレトルト離乳食を参考にしても良いとおもいます。咀嚼や飲み込む力の発達にもお子さんそれぞれ個人差がありますので、本に書いてある離乳食のすすめ方もあくまで目安になります。いつか必ずじょうずにモグモグ食べてくれるようになるので、焦らずお子さんの様子を見ながら進めてくださいね。

※参考:ベビーカレンダー「管理栄養士に相談」コーナーより

移行期を大切にすると離乳食がスムーズに進む!

移行期というのは、たとえば5~6カ月ごろ(離乳食初期)の離乳食が、7~8カ月ごろ(離乳食中期)の離乳食に進む途中の段階のこと。5~6カ月ごろ(離乳食初期)の赤ちゃんには「裏ごし」。7~8カ月ごろ(離乳食中期)の赤ちゃんには「みじん切り」ですね。

実はこの移行する時期に、急に赤ちゃんが離乳食を食べなくなることがあります。食べ物の形が突然変わったことで、赤ちゃんが戸惑っているのかもしれません。急に食材の形を変えるのではなく、この途中の段階に少し工夫を加えることで、スムーズに次の段階へ進むことができます。

どう進めていけばいい? 3つのポイント

食べ物のかたまりが苦手な赤ちゃんに、離乳食をどう進めていけばいいでしょうか?

1. 最初は裏ごしとみじん切りを混ぜてみる
裏ごしから急にみじん切りに変えると食べにくい赤ちゃんもいます。最初は裏ごしに少しずつみじん切りした食材を加えていくのも1つの方法。徐々にみじん切りの量を増やすことで、大きな変化にビックリすることなく離乳食を進めることができます。

2. やわらかい食材から形を変える
やわらかく、かたまりでも食べやすい食材から形を変えてみましょう。たとえばじゃがいも、さつまいも、かぼちゃ、豆腐など。やわらかい食材に慣れてきたら、少し食べにくい食材にも、徐々にチャレンジです。

3. とろみをつけてみる
かたまりが食べにくいときは、片栗粉などでとろみをつけることも1つの方法です。とろみをつけることで飲み込みやすくなりますよ。


まだ、離乳食を始めて2カ月ほどの赤ちゃんです。まだまだ離乳食の練習期間ということを忘れずに。食べなければ母乳やミルクを飲んでもいいので、赤ちゃんのペースに合わせて離乳食を進めてあげてくださいね。

それでもうまく進まなかった場合は?

上記のように移行期をはさんだのに、離乳食がうまく進まなかった場合は、もう一度前段階の形状に戻してみてください。離乳食は、食べる練習をする期間です。教科書通りに進まなくても大丈夫です。離乳食は行きつ戻りつつ進めて大丈夫です。赤ちゃんに成長に合わせてあげてくださいね!


ベビーカレンダーは、妊娠や育児のお悩みを抱えたママさんの強い味方でありたいと思っています。自分だけではどうしても解決できなかったとき、不安で仕方がないときは本物の助産師や管理栄養士がリアルタイムでお悩みや質問にお答えする『助産師に相談』『管理栄養士に相談』の掲示板をぜひご活用ください!


※参考: ニュース(食・レシピ)「移行期を大切にすると離乳食がスムーズに進む!保育士が解説します」「離乳食中期になった赤ちゃんがみじん切りを食べてくれない! どうする?」【著者:離乳食インストラクター協会代表理事 中田馨】

配信元

ベビーカレンダー ロゴ
ベビーカレンダー
『ベビーカレンダー』は、赤ちゃんの成長に合わせて一人ひとりに必要な情報を、毎日個別にカスタマイズしてお届けする、妊娠・出産・育児の情報サイトです。 妊娠してから1歳までのお子さまを持つかたに向けて、毎日新しい、役立つ情報をお届けします。 日めくりカレンダーを毎日めくるように、『ベビーカレンダー』を、ぜひ毎日ご活用ください。
『ベビーカレンダー』は、赤ちゃんの成長に合わせて一人ひとりに必要な情報を、毎日個別にカスタマイズしてお届けする、妊娠・出産・育児の情報サイトです。 妊娠してから1歳までのお子さまを持つかたに向けて、毎日新しい、役立つ情報をお届けします。 日めくりカレンダーを毎日めくるように、『ベビーカレンダー』を、ぜひ毎日ご活用ください。

あなたにおすすめ

ピックアップ