メディア個別 頑張りすぎない!メカニズムを知って母乳分泌をラクにアップさせよう | ベビーカレンダー | ママテナ
頑張りすぎない!メカニズムを知って母乳分泌をラクにアップさせよう

頑張りすぎない!メカニズムを知って母乳分泌をラクにアップさせよう

赤ちゃんとの毎日がもっとラクに、もっと楽しくなる。ベビーカレンダーは、そんな毎日を応援するコラムを絶賛連載中! 今回は、助産師の榎本さんが、母乳分泌のメカニズムを使った効果的な母乳量をアップさせる方法を紹介しています。

赤ちゃんとの毎日がもっとラクに、もっと楽しくなる。ベビーカレンダーは、そんな毎日を応援するコラムを絶賛連載中! 今回は、助産師の榎本さんからメッセージです。


こんにちは、助産師・国際ラクテーションコンサルタントの榎本です。今日は、母乳の出をよくするためにできることについてご紹介します。頑張り過ぎて息切れしないように、母乳分泌のメカニズムを使った効果的な母乳量をアップさせる方法をご紹介します。

母乳を増やすためにはタイミングがある!頑張りどきを見極めよう

最初産後9日までは、母乳はホルモンで増えます。たくさんおっぱいを吸わせることで、母乳分泌を促進するホルモンが分泌され母乳が増えていきます。回数が多ければ多いほど効果的です。授乳間隔は気にせずに、何回も吸ってもらいましょう。


この時期に分泌が少なくても、心配しなくても大丈夫です。母乳育児は退院してからがスタートです。ここで頑張ってたくさん吸わせることで分泌は徐々にあがります。生後1カ月過ぎ、母乳分泌が軌道にのってくると後の授乳期間がグーンとラクになります。

母乳分泌が軌道にのってきたら回数よりも一回の授乳をしっかりと

産後9日を過ぎると、前回の授乳でどれだけ母乳を排出したかで次の母乳量が決まります。つまり、1回の授乳でどれだけ母乳を排出したかが重要になります。もちろん母乳分泌を促進するホルモンも母乳分泌を増やすためには必要ですが、最初の頃に比べると少ない量でも分泌を維持できるようになります。

母乳を赤ちゃんが飲みとる母乳量は、乳房内の最大母乳量の約8割といわれています。残った約2割の母乳はいらなかった分と認識され、分泌をセーブしていきます。飲んでもらった後に搾乳をするとさらに効果的です。

夕方〜夜にかけては、もう母乳が出てないと感じるくらい、しっかり吸われることによって夜中に母乳量がグーンとアップします。

関連記事:

ピックアップ

「危ないからやめて」が伝わらない…小さい子に響いたママの神対応とは?
「ねぇ、キツイ!」子どもに電話番号と住所を覚えさせられる遊びって?
他人が羨ましい。人と比べてしまい、つらくなったときにはどうする?
家でおむつはダメ? 保育園児の「おむつはずし」おうちでやりがちNG行動