メディア個別 用意するべきだった! 育児の負担を軽くしてくれるベビー用品3選 | ベビーカレンダー | ママテナ
用意するべきだった! 育児の負担を軽くしてくれるベビー用品3選

用意するべきだった! 育児の負担を軽くしてくれるベビー用品3選

この記事では、ママが用意すればよかったと感じる、育児の負担を軽くしてくれるベビー用品について紹介しています。なんとか今まで育児をやってきたそうですが、電動ベビーラック、ベビースケール、ベビージムはあればよかったと感じたベビー用品なのだそうです。

ベビー用品はさまざまな種類があって、どれが必要でどれを買うべきか、はたまたレンタルにすべきかなど、購入する際はいろいろと悩みますよね。子育て中の私にも、購入もレンタルもしなかったけれど、育児をしているなかで「これはあったらよかったな~」と思ったものがありました。今回は、そんなベビー用品を紹介したいと思います。

泣き虫わが子に試せばよかった「電動ベビーラック」

夫から購入を反対された電動ベビーラック。しかし、ずっと泣いて1日中抱っこしてあやしている状態のわが子に、試せばよかったと感じています。


泣きやませるのはもちろん、離乳食時の椅子として使用できるものもあり、新生児期から4歳くらいまで長期に使用できるものもあるようです。2人目のときは妹から借りたベビーカー兼用チャイルドシートに子どもを乗せて手動でユラユラさせていましたが、やはり電動タイプがラクちんで魅力的でした。

授乳量を計りたかった「ベビースケール」

わが子は、ミルクは拒否、おっぱいもあまり飲んでくれない赤ちゃんでした。特に外出できない生後1カ月までは、ベビースケールをレンタルすればよかったと感じています。1回の授乳量を毎回計り、体重も毎日把握しておかないと、ちゃんと大きくなっているか毎日が不安でいっぱい。


外出できるようになってからは、ショッピングモールの赤ちゃん休憩室や薬局の体重チェックイベントに参加して使用することもありましたが、やはり自宅にあってもよかったと思うベビー用品です。

関連記事:

ピックアップ

「娘も2人目を待ってたんだ」長女が呼んでいた謎の名前。その意味に涙…
「正解みつけた!」生理中でも漏らさない!私のベスト寝姿勢だッ★
「私だけ絶縁」夫の地元で子育て。嫁が決断した義実家との関わり方は?【毒義母がヤバイ 最終話】
【業務スーパー】絶対買いのグルメな一品発見!料理を手軽に格上げ&激旨