メディア個別 【2択アンケート】筋トレするなら…「自宅派」・「ジム派」どっち? | 今日のこれ注目!ママテナピックアップ | ママの知りたいが集まるアンテナ「ママテナ」
ママの知りたい情報が集まるアンテナ

ママテナ

【2択アンケート】筋トレするなら…「自宅派」・「ジム派」どっち?

今日のこれ注目!ママテナピックアップ
健康維持の一環として、筋トレをする人は多いもの。だんだん暖かくなり、薄着になってくると、なおさら気にし始める人も多いのではないでしょうか? そんな筋トレですが、あなたなら「自宅」と「ジム」のどちらでしますか?

「自宅派」が多い!

日常のちょっとした疑問を解決できるウェブサイト『みんなの声』には、「筋トレするなら【A】自宅派【B】ジム派のどっち?」(集計期間:2018.12.24〜2019.01.09)という2択のアンケートがあります。今回は、このアンケート結果を参考に、「自宅」or「ジム」のどちら派が多いのかを見ていきましょう!

筋トレをする場所
筋トレをする場所

結果は、「自宅派」が63%で、「ジム派」が37%。自宅で筋トレする人が多数派のよう。今回のアンケートでは、その理由までは明らかになっていませんが、自宅ならお金がかからず、移動をしなくていいので手間もかからないのはメリットといえそうです。

一方、「ジム派」のメリットといえば、他人の目があるということでしょうか。自宅だと自分のさじ加減でサボってしまうのも簡単ですが、ジムに行けば誰かがいることが多いので、なんとなく「やらなきゃ」という気持ちになりそうですよね。また、意外と正しくトレーニングできていないこともあるので、プロに教えてもらえるというのもメリットのひとつではないでしょうか。

ちなみに、男女別でも年齢別でも地域別でも「自宅派」が優勢でしたが、年齢別では「10代」のみ、地域別では47都道府県中、「栃木県」「岐阜県」「京都府」「島根県」「愛媛県」「長崎県」「鹿児島県」の1府6県のみが「ジム派」が優勢という結果が出ています。こうした年齢や地域による差があるのも、面白いですよね。

とはいえ、先述のように「自宅派」「ジム派」のどちらもそれぞれメリットがあります。自分のライフスタイルなども考慮して、自分に合ったほうを選びたいですね。
(文・明日陽樹/TOMOLO)

『みんなの声』

みんなが気になる話題や出来事をアンケート!

あなたにおすすめ

ピックアップ