メディア個別 「母乳不足感」って何?!おっぱいを飲んでも機嫌が悪くグズってばかり… | ベビーカレンダー | ママテナ
「母乳不足感」って何?!おっぱいを飲んでも機嫌が悪くグズってばかり…

「母乳不足感」って何?!おっぱいを飲んでも機嫌が悪くグズってばかり…

この記事では、助産院ばぶばぶ・院長の助産師HISAKOさんが「母乳不足感」についてお話ししています。おなかが空いていなくてもおっぱいを欲しがる様子から、母乳不足じゃないのに母乳不足としか思えないという状態を「母乳不足感」というそうです。

こんにちは。助産院ばぶばぶ・院長のHISAKOです。今日はあまり聞きなれない「母乳不足感」についてお話しします。母乳育児が軌道に乗らない時期のママなら、誰でも感じたことがある不安についてです。

母乳不足感とは?

生まれてしばらくは眠りこけてばかりだった赤ちゃんも、生後2~3週間経ったぐらいから急に眠りが浅くなり、おっぱいを飲んでも飲んでも欲しがるようになります。機嫌も悪く、グズってばかり……。


母乳不足じゃないのに、母乳不足としか思えない状態を「母乳不足感」といいます。あまりにもグズグズするので、ママは不安になり、本来不要なミルクを補足してしまいます。


満腹感を得られるミルクを飲んだ赤ちゃんはストンと眠り、今までの様子と明らかに違う変化に、ママは「やっぱり母乳が足りなかったんだ」と思ってしまいます。

おなかが空いていなくても欲しがる

ようやく直母を飲めるパワーがついてくると、赤ちゃんは成長しようとする力強さをむやみにアピールするようになることがあります。あたかも母乳が足りていないようなそぶりで欲しがってばかりになってきたら、スタミナがついてきたのと同時に哺乳力の発達が伴ってきたのかもしれないと考えてくださいね。


ただし、本当に飲んでいる量が足りているか、口腔機能が発達しているかは、ママの自己判断は危険です。助産院や母乳外来で赤ちゃんの体重増加率とおっぱいの状態をチェックしてもらい、問題がないかどうか診てもらいましょう。

関連記事:

ピックアップ

140万回再生!12人産んだ助産師HISAKOさん46歳と夫60歳の性生活のハナシ
「もしかして…」夫の発言に「は?何言ってんの?」しかし2日後まさかの
「父親のくせに育児手抜きすぎ」大嫌い…心が壊れた瞬間とは? #いいから黙って食え!5
「パパがいい…」娘のひと言に涙が!世界一長く感じた慣らし保育初日