メディア個別 生活リズムができない…授乳コントロールしないと今後の発達に影響する? | ベビーカレンダー | ママテナ
生活リズムができない…授乳コントロールしないと今後の発達に影響する?

生活リズムができない…授乳コントロールしないと今後の発達に影響する?

生後3~4カ月を超えてもいまだ授乳回数が10回以上だったりすると「生活リズムができていない。授乳回数をコントロールしないと今後の発達に影響する」という助言をもらうことがあります。この記事では、助産院ばぶばぶ・院長の助産師HISAKOさんが、授乳回数のコントロールは必要かどうかを解説しています。

こんにちは、助産院ばぶばぶのHISAKOです。生後3~4カ月になっても頻繁に授乳をしていることで、生活リズムが安定しないというママもいるのではないでしょうか。そこで、生活リズムをつくるための授乳コントロールについてお話しします。

母乳は赤ちゃんがほしがるだけあげてOK

母乳は短時間で消化してしまうので、授乳の回数に上限はなくほしがったらほしがるだけ飲ませてかまいません。


しかし、生後3~4カ月を超えてもいまだ授乳回数が10回以上だったりすると、「生活リズムができていない。授乳回数をコントロールしないと今後の発達に影響する」という助言をもらうことがあります。


『発達に影響する』というフレーズ。医療者に言われたら、落ち込んでしまいますが、母乳は毎回飲む量が違います。味も飲むたびに微妙に変化し、腹持ちはせいぜい2時間までです。うんちが出たあとや、吐いたあとはすぐほしがることもあるし、甘えたいとき、眠たいとき、痛いとき、心がちょっと不安定になったとき、赤ちゃんはおっぱいで自らを癒そうとします。

頻回授乳の母乳はカロリー控えめ!?

頻回授乳の母乳は、カロリーも抑えめで水分が多く、がっつり授乳のときの母乳は栄養価が高いということもわかっています。

赤ちゃんの吸い方、ほしがり方に合わせて、母体は必要に応じて常に適切でムダのない栄養を赤ちゃんに提供できるような仕組みになっているのです。だから母乳には飲みすぎるということがなく、おなかの負担になることもありません。

関連記事:

ピックアップ

「男の子ならでは問題」が発生!いかなるときも動揺しない父でありたい
【モスバーガー】海老好き必見♡大人気メニューを食べ比べ!お得感を味わえる方法も
大人気&話題!【業務スーパー】マニア厳選のやみつき本格韓国グルメ3選
「あの子が気持ち悪いんです」触れない理由をついに告白! #娘を触れない私 22