メディア個別 離乳食の下ごしらえが激的ラクに!うちの時短グッズは「ザル」でした! | ベビーカレンダー | ママテナ
離乳食の下ごしらえが激的ラクに!うちの時短グッズは「ザル」でした!

離乳食の下ごしらえが激的ラクに!うちの時短グッズは「ザル」でした!

毎日・毎食の離乳食作りは、ママの一大仕事。その手間を省いてくれるアイテムや技は、ぜひとも取り入れたいところです。今回は「ザル」が非常に役立った、というママの活用法をご紹介します。

赤ちゃんとの毎日がもっとラクに、もっと楽しくなる。ベビーカレンダーは、そんな毎日を応援するコラムを絶賛連載中! 今回は、「ザル」を使うことで離乳食づくりがラクになったママの体験談をご紹介します。

赤ちゃんの食べる量や種類が増えてきた生後9カ月ごろ、慣れないお世話をしながら隙間時間におこなう毎日の離乳食作りに時間がかかってしまうことが悩みでした。そこで、あるグッズを使うことで下ごしらえの時間をいつもよりも短く済ませることができたので、ご紹介します!

離乳食は加熱が基本

9~11カ月ごろ(離乳食後期)の離乳食となり、今後わが子を保育園に預けることを視野に入れ、食べられる物の種類を増やしておきたいと考えた私。アレルギー反応の様子が見られるように、新しい食べ物は小児科の開いている平日昼間に食べさせて様子を見ていました。


しかし離乳食が3回食になり、おかゆだけではなく野菜やたんぱく質もあげるようになると、それぞれをちょうど良い柔らかさにゆでることにやや時間がかかってしまうのが悩みでした。

ひとつの鍋で効率よく


それまでは数種類の野菜を同じ鍋で同時に茹でて、柔らかくなったものから順番に1つずつ引き上げるようにしていました。しかしそれでは時間がかかってしまうため、ラーメン屋さんにあるような鍋のふちにひっかけられるザルを購入。野菜ごとにザルを分け、茹であがったものから素早く取り出すことができるようになりました。2つ購入したので、1回に3種類の野菜を茹でることができます。アレルギーの心配がある食材は、すべて取り出したあとに茹でることで、他の食材への接触も避けることができました。

関連記事:

ピックアップ

140万回再生!12人産んだ助産師HISAKOさん46歳と夫60歳の性生活のハナシ
「もしかして…」夫の発言に「は?何言ってんの?」しかし2日後まさかの
「父親のくせに育児手抜きすぎ」大嫌い…心が壊れた瞬間とは? #いいから黙って食え!5
「パパがいい…」娘のひと言に涙が!世界一長く感じた慣らし保育初日