メディア個別 産後、夫にイライラが止まらない理由と男性にお願いしたほうがいいこと | ベビーカレンダー | ママテナ
産後、夫にイライラが止まらない理由と男性にお願いしたほうがいいこと

産後、夫にイライラが止まらない理由と男性にお願いしたほうがいいこと

「産後、ちょっとしたことにも旦那さんにイライラしてしまう」「八つ当たりしてしまう…」と悩むママは少なくないようです。この産後のイライラは、ホルモンバランスが関係している場合があるそうです。助産師の高杉さんがこのイライラの原因について解説してくれました。イライラの原因を知って、少しでもイライラを解消させたいですね。

子育て中のママがパパに対して不満が多いというのをよく聞きます。全国ひとり親世帯等調査結果報告(※)によると、子育て世代の離婚率は子どもが0~2歳の時が全体の4割弱と最も高いそうです。育児が最も大変な時期にどうして離婚率が高いのでしょうか。子育て中のママのイライラと何か関係があるのでしょうか。今回は、ママのイライラの原因と、おすすめの解消法、パパにお願いしたいことをお伝えします。

ママのイライラの原因は?

育児に不慣れなパパにイライラしたり、忙しくて普段育児参加できないパパがおそるおそる育児をする様子に怒り口調になったりすることは育児中の多くのママたちが経験することでしょう。出産前はこんな感じではなかったのにと夫婦関係がぎくしゃくして、戸惑うパパも少なくありません。これはパパが育児に不慣れなことや育児参加が少ないことが原因でしょうか。実は、出産後にママの脳からたくさん分泌される「オキシトシン」というホルモンが関係しているのです。

オキシトシンは「愛情ホルモン」?


オキシトシンとは脳下垂体から分泌されるホルモンのことです。筋肉を収縮させる作用があるので、出産のときには子宮を収縮させる作用がありますし、産後は乳腺を収縮させて乳汁を分泌させる作用があります。子どもを産んで育てるときには欠かせないホルモンなのです。また、わが子やパパへの愛情を深める「愛情ホルモン」や「絆ホルモン」ともいわれています。では、なぜ愛情ホルモンであるオキシトシンが、ママのイライラの原因になるのでしょうか。


オキシトシンは快の刺激によって愛情が深まりますが、逆に少しでも不快な刺激が与えられると攻撃性が高まるという働きがあります。この働きはわが子を敵から守ろうとするために母親に備わっていると考えられています。つまり、一番の味方であるべきパパが期待するように協力してくれないことで不快な感情が強くなり、ママの攻撃の対象になっているというわけです。「愛情ホルモン」「絆ホルモン」といわれるオキシトシンがパパに対する攻撃という裏腹な行動を強めているのですね。

関連記事:

ピックアップ

家でおむつはダメ? 保育園児の「おむつはずし」おうちでやりがちNG行動
「内診で思わぬ病が判明…」いよいよ妊活と思ったら医師の説明にショック
「これ…あなたの?」義父のスマホから見つかった衝撃写真に戦慄…!#セクハラ義父 24
「漏らしたの?」超絶ハズい!ウッカリして同棲中の彼氏に見られた!