メディア個別 働くママの妊娠・出産・育児 乗り切り法 | 35style | ママテナ
働くママの妊娠・出産・育児 乗り切り法

働くママの妊娠・出産・育児 乗り切り法

年々、共働き家庭が増え、たくさんのお母さんたちが仕事に育児に家事に…忙しい毎日を送っています。
働きながらの妊娠期間、出産準備、産休や育休を経ての仕事復帰。先輩ワーキングママはどう乗り越えてきたのでしょうか。
今回は姉妹サイト「ママニティ」の読者にアンケートにお答え頂きました。

つわりや妊娠中の様々なトラブル…妊娠しながらの仕事継続どう乗りきった?

とりあえず気合い派

・気力。周りも、力仕事などは気を使ってくれ、よく声をかけてくれました。

・出社時間を早めてラッシュを避ける。とにかくがむしゃらに頑張る。

職場や家族に助けてもらった派

・疲れた日は無理しない。休んだり、食事も惣菜頼み。職場へは早目に報告し、協力してもらった。

・上司や同僚の協力や理解のもと、調子が悪いときは休ませていただいた。

・体調が悪いときは、無理をしないで、会社の人に協力してもらう。吐きつわりだったので、よく会社で吐いてました。

・基本無理はせず!デスクワークなので歩く回数を増やしお腹が張れば横になる。適度にお休みを取りリフレッシュする

・周りが理解があり、力仕事は変わってもらえた。事務仕事なので、なるべく座りっぱなしにならないように動いたり、神経質にならずにいつも通り働くようにした。つわりはむしろ働いていたおかげで乗り越えられた気がする。

・あえててきぱき動くことでみんなが手伝ってくれました!

・一人目のときは、上司の計らいで出張外出を最低限に、休憩もしながら、働けました。二人目のときは、早めに引き継ぎを開始し、誰でも業務ができるようにしくみ作りを上司はじめチームメンバーと一緒にしました。切迫早産で1ヶ月半早く休むことになりましたが、あらかじめ先に始めることでチームみんなで助けてもらうことができました。早めの準備は大切です、妊娠中いつ何があるかわかりませんから。

逆に仕事が気分転換になった派

・仕事をしている時は気がまぎれるので気持ち悪さなどは感じなかったし、いろいろ不安なことも考えずにすみました。

・乗り切る感は特になかったです。不思議と仕事に行くとつわりも緩和していた様な気がします。

・仕事をしている方が楽だったので、特に大変と言うことはありませんでした。

・食べつわりがあったけど、仕事をしている間は気が逸れて間食することはなかった

働き方を変えた派

・職場の方が簡単な事務仕事に配置がえしてくれた。

・内職をして、子供が休んでも迷惑がかからない働きかたを選んだ

その他

・乗り切れなかった。遠回しに退職の方向へ。

・基本無理はしない具合が悪くなったらトイレでやすんだり、残業はなるだけしないように心がけた

・周りの職員に、何かをお願いするときは具体的に理由とお願いすることを伝える、感謝することですかね。「妊婦なんだから。や言わなくてもわかってくれる」と言う気持ちは捨てて、うまく甘えてください!その上で、身体に負担の軽い業務は真面目に取り組む!これに限ります!

・いきなり絶対安静を告げられて変わりもいないし、大変な事になり仕事の内容が内容だけに会社が大混乱になりました。とりあえず、上役の方々に電話とノートパソコンをお布団の横へ常設してやりとりをして3ヶ月乗りきり、安静解除の後は育休に向けて引き継ぎをスパルタ指導しました。

仕事に集中していると気がまぎれる、逆に、乗り切れなかった、というご意見もありました。
周りからサポートを受けたら、感謝の気持ちは忘れず伝えたいですね。

そして妊娠中から考えておきたい『仕事復帰』のタイミング。
保育園に入りたくても入れない…。泣く泣く会社を退職しなければならない…。という事態にならないよう、出来る限り最大限の努力を!と働く先輩ママの『保活』のポイントを聞いてみました。

「これで入園できた!」先輩ママが明かす”保活のポイント”

認可外保育園も選択肢に

・赤字覚悟で認可外保育園に行かせて仕事復帰しポイントをかせぎ、次の年に認可保育園に無事に入園。短期的にみると赤字だが、6年間保育園に通うことを考えると、金銭的にも安い。先行投資。
両親共働きの40点満点の家庭が山ほどいるので、1ポイントでも多くポイントが付いてる方が優先されるし、第一希望の園に入りやすくなる。

・子どもが2歳になるまではと思い、大規模な園より、少人数のアットホームな園を探した。保育料は高いのですが、充実したカリキュラムですごく良いです。

・妊娠中、安定期に入ってから認可の保育園の他に、自宅~勤務地の範囲で通える認証保育園、保育室、認可外保育園をすべてピックアップし、見学&申込をして、いざ認可に入れなかった時の対策を万全にした。中には先着順で受付しているの園もあるので、早く動いて損はありません!

とにかく役所に通い詰めた

・区役所に行きまくる。自宅近くの人気の園より、ちょっと離れた園を第一希望にする。

・とにかく、入りたい気持ちを伝えた。

・毎日役所へ頼む

・ギリギリだったため市役所でたくさん話をして面談にたどりつくまでねばった。

口コミやママ友の情報を活用

・ママ同志のコミュニケーション。内職も知人のママから紹介してもらった。仕事について情報やアドバイスも同じ母親の観点からもらえた

・上が3歳(年少)、下が0歳での入園となり、同園を希望していたため、かなり狭き門と言われた。そのため、①4月の年度初めに入園希望する②新設園を希望する③募集枠が大きめなところを希望する。これらを行って、第一希望に入園できた。もちろん、見学などの情報収集はしっかり行った。

・出産届けと一緒に保育ママ申請、仲の良い近所の方々にもまめにコミュニケーションをとり、結果的に復帰予定日に保育ママに入れなかった一ヶ月の間はシフトを変則的にしてもらい近所の方々に預かって頂けました。

・書類をよく読み、どうしたら加点がもらえるかなど熟知。見学よりも、口コミのほうが信憑性があるので情報を取り入れるようにした。

・色々な保育園の保育行事などに参加をしたりしました。

・頼れるつてはすべて使い、どんな条件が入りやすいか情報収集しました。あとはパパが4月に産まれるように言い聞かせました。予定日は3月下旬でしたが、パパの話をきいて4月前半に産まれました。

その他

・入りやすい地区に引越をした!

・特になし。偶然、自宅近くに新設の認可保育園 が出来、年度途中でしたが、難なく入れました。

・待機児童がいない地域なので、苦労は無かった。特段、頑張る必要が無かった

・私は幼稚園に入れたかったので実家で見てもらった

・妊娠後期に近所に新設認可保育園ができることがわかり、入れればいいなくらいの気持ちだけでした。入園申込をするとあっさり許可。育休を短くせざるを得ませんでしたが、もっと長く育休を取っていたら入れなかったかもしれません。

保活経て、「保育園に入れた!」と思っても、子供の急なお熱での呼び出しがあることも…。
仕事と育児の両立の難しさや葛藤、それでも働いていて生きがいに思うことなど、ご意見をまとめました。

関連記事:

ピックアップ

夫へのイライラもスッキリする? 妻からのお仕置5選
習い事を続けるかどうかは子ども自身が決めること【著者インタビュー】
1日3分からできる!子どもの自己肯定感を高める方法
【無料・12星座占い】ママ世代の2021年下半期の運勢 2021年のキーワードは節目。