メディア個別 「おっぱいバイバイ…」1歳2カ月、涙の断乳エピソード | ベビーカレンダー | ママテナ
「おっぱいバイバイ…」1歳2カ月、涙の断乳エピソード

「おっぱいバイバイ…」1歳2カ月、涙の断乳エピソード

この記事では、あるママとお子さんの断乳エピソードを紹介しています。ママはまだまだおっぱいをあげたかったようですが……。

赤ちゃんに母乳をあげていると、いつ、どのように卒乳・断乳しようか悩む方もいるのではないでしょうか。筆者は娘を完全母乳で育て、娘が1歳2カ月のときに断乳しました。今回は筆者と娘の断乳エピソードについてご紹介します。

もっと授乳をしたかったけれど……

生後1カ月ごろから完全母乳で育ち、おっぱいが大好きな娘。娘が3歳になるまでは育休を取得していたので、もういらないと言われるまで授乳は続けるつもりでしたが、復帰前までに2人目の子どもが欲しいとも考えていました。


第一子である娘を不妊治療で授かり、第二子も不妊治療でないと授かることが難しいということはわかっていたので、娘が1歳2カ月になる少し前に治療を始めることを決意。治療が始まり薬を服用することになったため、急遽断乳することになりました。

「この日におっぱいとさよならしようね」

断乳を考えるようになってから実践したのは、娘に対して 「この日になったらおっぱいとさよならしようね」 とカレンダーを指差して言ったことです。まだ1歳ちょっとの娘が数字を読めるわけでもなく、当然カレンダーや日にちがなんなのかよくわかっていなかったのですが、もうすぐおっぱいとさようならするということを意識させていました。


目指していたのは娘が1歳2カ月になる日。それに合わせて、昼間の授乳も少しずつ間隔をあけて回数を減らしました。

関連記事:

ピックアップ

140万回再生!12人産んだ助産師HISAKOさん46歳と夫60歳の性生活のハナシ
「もしかして…」夫の発言に「は?何言ってんの?」しかし2日後まさかの
「父親のくせに育児手抜きすぎ」大嫌い…心が壊れた瞬間とは? #いいから黙って食え!5
「パパがいい…」娘のひと言に涙が!世界一長く感じた慣らし保育初日