メディア個別 保育士の言葉に涙!大変だった…食物アレルギーで弁当持参の保育園生活 | ベビーカレンダー | ママテナ
保育士の言葉に涙!大変だった…食物アレルギーで弁当持参の保育園生活

保育士の言葉に涙!大変だった…食物アレルギーで弁当持参の保育園生活

娘さんが卵・乳製品アレルギーのため、保育園で口にするものはすべて持参していたご家庭の話です。弁当作りを1年半程続けたママは、保育士さんからのある言葉で感涙しました……!

長女は卵と乳製品にアレルギーがあり、今は除去食の給食を食べることができていますが、1歳までは弁当を持参していました。他にも育児用ミルクやおやつなど、保育園で口にするものすべてを持参しなければならず、日々の着替えやおむつの準備に加え、働きながらの毎日の弁当作りはとても大変でした。

食物アレルギーで弁当持参の保育園生活

食物アレルギーで弁当持参の保育園生活

医師からの弁当持参の指示

娘が生後4カ月ごろ、顔と体の湿疹がひどかったことから受けたアレルギー検査で、卵と乳製品にアレルギーがあることがわかりました。その後保育園への入園が決まり、保育園での食事について医師に相談に行きました。


すると、「卵のアレルギーがひどいので保育園には弁当を持って行ってください。その他、育児用ミルクやお茶も含め、口にするものはすべて持って行ってください」と言われました。


保育園に通い始めたのが生後5カ月で、それから2歳の誕生日直前まで、約1年半の弁当持参の日々が始まりました。

大変だった弁当作り

大人の弁当は作ったことがありましたが、子どもの弁当は作ったことがありません。しかも離乳食期の弁当なんて、何をどうしたら良いのか手探り状態で始めました。


保育園での給食のように栄養バランスも考えなければという気持ちと、わが子だけ周りの友だちと違うごはんはかわいそうかなという思いから、その日の給食のメニューと似たものを作ろうと頑張ったこともありました。しかしそれはとても大変で、働きながらとなると私には無理だったので、それからは自分なりに栄養バランスを考えた弁当を作りました。

関連記事:

ピックアップ

「お姉さんになろうとしてるんだね」妹を思いやる長女の発言に涙が出て…
「奇跡だった…!」今なら不妊治療が必要と言われ…/40代婦人科トラブル#8
100万回は言われた気がする、プレッシャーになった言葉とは?【ママならぬ日々146話】
「え、過剰歯…?」幼稚園でのケガがきっかけで医師から驚きの診断が…