メディア個別 「お願い!早く連れてって!」危うく車内で出産になりかけた!?ドタバタ出産体験談 | ベビーカレンダー | ママテナ
「お願い!早く連れてって!」危うく車内で出産になりかけた!?ドタバタ出産体験談

「お願い!早く連れてって!」危うく車内で出産になりかけた!?ドタバタ出産体験談

初の出産で、陣痛の判断ができなかったママ。普通ではないおなかの痛みがあるものの、出産予定日よりずっと早かったため、病院や家族に相談してもあまり心配されず……。その後、出産するまでのドタバタ劇を紹介しています。

私は妊娠33週から実家に里帰りしていました。周りからは「貴重なひとりの時間、有意義に使いなよ!」と言われていましたが、だらだらと過ごす日々。思いもよらぬてんやわんやな出産が待っているとは知らずに……。


「お願い!早く連れてって!」危うく車内で出産になりかけた!?ドタバタ出産体験談


「お願い!早く連れてって!」危うく車内で出産になりかけた!?ドタバタ出産体験談

これはおしるし? 前日、病院にて確認

妊娠36週6日のとき、おしるしのようなものが確認できました。念のため病院に電話をすると、「状況確認するのできてください」とのこと。先生からは「子宮口も開いていないです。様子を見ながら安静にしていてください」との指示を受けたので、その日はそのまま帰宅しました。私自身も「さすがに3週間以上前だし、たまたまの出血かな……」と思っていました。

母から「陣痛はそんなもんじゃない!」

翌日5時ころからおなかが痛いな〜と目が覚めてしまいました。昨日のこともあったので心配になり、陣痛アプリをダウンロード。間隔を入力してみましたが、陣痛かどうかよくわからず、「間隔も何もずっと痛いんだけどな……」と感じた私は病院に電話しました。先生からは「あなた、声は元気そうよ。だからそれまだ陣痛じゃないんじゃない? また何かあったら電話して」と意外とあっさり。


私がソファで丸まって「おなか痛いよ〜」と訴えても、母からは「陣痛はそんな痛みじゃないから! 私なんか叫びすぎてよく覚えてないくらいだったわよ」と。出産経験のない妹からも「お姉ちゃん大丈夫〜?」と皆あまり心配してくれていませんでした。

関連記事:

ピックアップ

「お姉さんになろうとしてるんだね」妹を思いやる長女の発言に涙が出て…
「奇跡だった…!」今なら不妊治療が必要と言われ…/40代婦人科トラブル#8
100万回は言われた気がする、プレッシャーになった言葉とは?【ママならぬ日々146話】
「え、過剰歯…?」幼稚園でのケガがきっかけで医師から驚きの診断が…