メディア個別 マーゴット・ロビー主演DCコミック最新作『バーズ・オブ・プレイ』がクランクアップ | 海外スターの最新ニュース | ママの知りたいが集まるアンテナ「ママテナ」
ママの知りたい情報が集まるアンテナ

ママテナ

マーゴット・ロビー主演DCコミック最新作『バーズ・オブ・プレイ』がクランクアップ

第19回 海外スターの最新ニュース

マーゴット・ロビー演じるハーレイ・クインを中心としたDCコミック最新作『バーズ・オブ・プレイ』がクランクアップしたようだ。マーゴットはここ3か月に渡って行われていた『バーズ・オブ・プレイ(アンド・ザ・ファンタビュラス・エマンシペーション・オブ・ワン・ハーレイ・クイン)』の撮影が終了したことをインスタグラムで報告した。

2016年作『スーサイド・スクワッド』で初登場したハーレイの格好で、映画のタイトルロゴらしきものがプリントされた椅子に座った後ろ姿の写真を投稿したマーゴットは「撮影終了!」とキャプションを付けている。

女性アンチヒーロー達が活躍する『バーズ・オブ・プレイ』はR指定になるとも言われており、他のDCエクステンデッド・ユニバース作品に比べて大人向けの作品になるとみられている。

バットマンでおなじみのゴッサム・シティが舞台にはなるものの、バットマンが登場するわけではなく、マーゴットのほか、ハントレス役のメアリー・エリザベス・ウィンステッド、ブラックキャナリー役のジャーニー・スモレット=ベル、カサンドラ・ケイン役のエラ・ジェイ・バスコらがメインキャストに名を連ねている。

また、バーバラ・ゴードンがハントレスとブラックキャナリーとタッグを組んでゴッサム・シティの犯罪と戦う原作コミックとも違う内容となるようで、ジョーカーと破局したハーレイが少女カサンドラ・ケインを救い犯罪組織に立ち向かうため、自らチームを構成するというあらすじになると言われている。

『バーズ・オブ・プレイ(アンド・ザ・ファンタビュラス・エマンシペーション・オブ・ワン・ハーレイ・クイン)』は2020年2月7日公開予定だ。

あなたにおすすめ

ピックアップ