メディア個別 東京都のベビーシッター助成を行う自治体が2019年度から増えました! | ベビーカレンダー | ママテナ
東京都のベビーシッター助成を行う自治体が2019年度から増えました!

東京都のベビーシッター助成を行う自治体が2019年度から増えました!

この記事では、ファイナンシャルプランナーの大野先生が東京都が行っている待機児童対策のベビーシッター利用の助成についてお伝えします。新たに実施が開始になった8つの自治体と助成の対象となる要件、手続きの方法と助成の内容についてまとめました。

東京都は2018年度に待機児童対策の一環としてベビーシッター利用の助成を開始した自治体がありましたが、2019年度になり、さらに利用できる自治体が増えました。2019年4月時点で実施している自治体と利用のポイントをお伝えします。

1.2019年4月から8つの自治体で実施が開始

2018年度(2019年3月末まで)に待機児童に対するベビーシッター利用の助成を行っていた自治体は4つほどでしたが、2019年度になり、8つの自治体でこの助成制度が始まりました。


新たに開始となった8つの自治体は、大田区、渋谷区、板橋区、葛飾区、三鷹市、府中市、国立市、東大和市となります。また、2018年度から新宿区、台東区、目黒区、中野区の4自治体がすでに実施しています。あくまでも、保育園等に入所できなかった待機児童への補助ですので、東京都にあるすべての自治体で実施するわけではありません。今後の状況は、お住いの自治体のホームページまたは東京都福祉保健局のホームページで確認してください。

2.助成の対象となる要件

この助成の対象となる人は、この事業を実施する自治体に住んでいる人が、“保育所等の0~2歳児クラスに相当する待機児童の保護者”または“0歳児で保育所等への入所申込みをせず1年間の育児休業を満了した後、お子さんの1歳の誕生日から復職する保護者(復職日以降、利用できます)”に該当する人で、お住まいの自治体から、この事業の対象者である旨の通知書を受け取った人です。


なお、対象者の詳細な要件は各自治体が設定します。所得制限等の条件を設定している自治体もありますので、詳細は、各自治体からの案内を必ず確認するようにしましょう。

関連記事:

ピックアップ

やさしい雰囲気の名前が人気!女の子に人気の「長音ネーム」ランキング
「本当はずっとそばにいたい」育休終了間近のパパの気持ちに共感しかない
習慣にポイント?子どもの好き嫌いがなくなった食育方法とは?【体験談】
【ダイソー】300円は安すぎっ!毎夏大人気の高見えサンダルが今年も登場!