メディア個別 うちの子が発達障害!?2歳児健診で言葉の遅れを告げられて…【体験談】 | ベビーカレンダー | ママテナ
うちの子が発達障害!?2歳児健診で言葉の遅れを告げられて…【体験談】

うちの子が発達障害!?2歳児健診で言葉の遅れを告げられて…【体験談】

この記事では、ママが2歳児健診で言葉の遅れを指摘された体験談を紹介しています。子どもは健康で元気いっぱいだったため、医師からの指摘に驚き、戸惑ったというママ。でも、発達の専門医の診察を受けたことで、育児への自信を取り戻したそうです。

何の心配もなく、すくすく育った長男。気軽に受けた2歳児健診で、言葉の遅れを指摘されました。一歩を踏み出し、発達の専門医の診察を受けて、前向きに考えられるようになった私の体験談を紹介します。

とても育てやすい、ママ思いのいい子

初めての妊娠で育児の右も左もわからず、大きな不安を抱えたまま長男との生活が始まりました。ところが、そんな頼りないママを思ってか、長男は何の問題もなく育ちました。毎月の身体測定でも、成長曲線のド真ん中を走り続け、発育もまったく問題なし! 離乳食にもすぐに慣れ、よく食べてくれました。


1歳児健診では、「順調です!」と先生のお墨付きをもらい、母子手帳にも「何も悩みはありません」と、自信を持って書いたことを覚えています。

かかりつけの小児科で2歳児健診を受けて……

2歳を目前にして、かかりつけの小児科へ任意の2歳児健診を受けに行ったときのことです。これまで通り「順調です!」で、すぐに終わるものと思っていました。少し長い健診ののち、先生から「目は合うし、こちらが言うことはわかっているようだけど、もし2歳半になっても二語文が出なかったら、一度専門のところで診てもらいましょうね」と言われたのです。


言葉は交わさなくても、長男とのコミュニケーションはできていたので、先生からの言葉にとても驚かされました。

関連記事:

ピックアップ

「妻の生活が理解できた…」パパが思う育休をとってよかったことBEST3!
やさしい雰囲気の名前が人気!女の子に人気の「長音ネーム」ランキング
「本当はずっとそばにいたい」育休終了間近のパパの気持ちに共感しかない
習慣にポイント?子どもの好き嫌いがなくなった食育方法とは?【体験談】