メディア個別 気持ちがラクに!ストレス生活を脱した私の「3つのプチ時間」【体験談】 | ベビーカレンダー | ママテナ
気持ちがラクに!ストレス生活を脱した私の「3つのプチ時間」【体験談】

気持ちがラクに!ストレス生活を脱した私の「3つのプチ時間」【体験談】

育児の合間に自分のためのプチ時間を設けることで、ストレスが解消され、気持ちがラクになったという体験談を紹介しています。

赤ちゃんとの毎日がもっとラクに、もっと楽しくなる。ベビーカレンダーは、そんな毎日を応援するコラムを絶賛連載中! 今回は、3つのプチ時間でストレスが解消され、気持ちがラクになったというママの体験談です。

初めての子育てで毎日子どもとべったり過ごしていると、自分だけの時間がまったくなく、知らず知らずのうちにストレスが溜まっていました。子どものことは無条件にかわいいと思いながらも、どうしてもイライラしてしまうことがありました。

私の育児をラクにしたのは、自分のためのプチ時間を持つことでした。どんなことをおこなったか、その内容をお伝えします。

その1.ひとりお風呂タイム

子どもが生まれてから、ひとりでゆっくりお風呂に入る時間がありませんでした。そこで、夫に子どもを見てもらってひとりでお風呂に入る時間を設けてみたのですが、これがとても良かったのです! 週に1度のたった20分くらいの時間ですが、自分のためだけに使えるお風呂タイムはとてもリラックスでき、リフレッシュにもなります。


子どもが1歳を過ぎたころには、一緒に入ってもある程度ゆっくりお風呂タイムを満喫できるようになりました。しかし、ひとりお風呂タイムはその後もずっと続けさせてもらっています。

その2.ひとり趣味タイム

私のひとり趣味タイムは、読書です。子どもが寝ている時間はとても貴重で、今のうちに家事を済ませておかなくては!と思っていましたが、そのうちの数分~十数分を自分の趣味にあてると、驚くほど充実した1日になることがわかりました。


じっくり読書するのもいいですが、短い時間に少しずつ読んでいくのもメリハリがあってなかなかいいものです。1カ月で文庫本1冊を目標に、無理せず気楽に楽しんでいます。

関連記事:

ピックアップ

「ごめんなさい」ってどんな気持ち?子どもにちゃんと伝わった方法とは?
12人子どもを産んだ助産師HISAKOさんのYoutubeが泣ける!救われる!と話題
「息子の嫁に発情すんなよ!」しらを切る父、見かねた娘がついに…! #セクハラ義父 23
一番の不安「取り出せない」を乗りきるには?/月経カップ取り出し方編