メディア個別 ウマいと話題!SNSをざわつかせた「ペヤングそばめし」を食べてみた | 今日のこれ注目!ママテナピックアップ | ママの知りたいが集まるアンテナ「ママテナ」
ママの知りたい情報が集まるアンテナ

ママテナ

ウマいと話題!SNSをざわつかせた「ペヤングそばめし」を食べてみた

第3923回 今日のこれ注目!ママテナピックアップ
お湯を注いで数分待ち、湯切りしてソースを絡めれば完成の「カップ焼きそば」。色んな種類があるけれど、なかでも「ペヤングソースやきそば」は根強い人気を獲得していますよね。そんなペヤングに、「そばめし」があるって知っていました?

神戸名物をペヤング風にアレンジ

ペヤングといえば、これまで「激辛やきそばEND」や「スカルプDやきそば」など、いわゆる“変わり種”の商品を販売してきたことでも有名。最近では、「ペヤング ソースやきそば 金粉入り」も話題になりました。そんなペヤングには、「そばめし」もあるんです!

ウマいと話題!SNSをざわつかせた「ペヤングそばめし」を食べてみた

「ペヤングそばめし」は、マルハニチロとまるか食品が共同開発したもの。2019年3月1日から、関東や東北限定で販売されています。神戸名物の「そばめし」を、「ペヤングソースやきそば」風にアレンジしており、味も「ペヤングソースやきそば」味に仕上げているとか。

SNSなどネット上の反応を見てみると、「うますぎた」「オムソバにするのおすすめ!」などの声がある一方で、「おいしいけど、ペヤングではない」といった声も。そこで、実際に食べてたしかめてみました。

結論:ペヤングではない

調理法はフライパンで炒めるか、電子レンジでチンするか、2つの方法があるのですが、今回は後者。中身をさらに移し、ラップをかけて電子レンジで3分50秒加熱(半分で3分50秒、1袋で7分)しました。

ウマいと話題!SNSをざわつかせた「ペヤングそばめし」を食べてみた

米と麺のほか、豚肉やキャベツ、にんじん、紅しょうが、あおさといった、たくさんの具材が入っているのはうれしいですよね。

さっそく食べてみましたが、結論からいうと「ペヤングではない」というのがホンネです。というのも「ペヤングソースやきそば」は、あっさりして甘みと酸味の強いソースが特徴だと思うのですが、「ペヤングそばめし」のソースはやや濃いめ。また、こしょうか何かが効いているのか、かなりスパイシーで、いつも食べている「ペヤングソースやきそば」とはまったく別物のように感じました。詳細はわかりませんが、たとえ同じソースやスパイスを使用していたとしても、その分量・バランスが変われば味も変わってしまうので、「ペヤングソースやきそば味」ではないように思います。

とはいえ、ペヤング云々は抜きにして「そばめし」としては超おいしい! スーパーやコンビニで購入できるものの、関東・東北エリアのみでの販売でなかなか見つけられない人も多いよう。発見したら、ぜひ一度食べてみて!
(文・明日陽樹/TOMOLO)

あなたにおすすめ

ピックアップ