メディア個別 『ハデスタウン』、トニー賞最多14ノミネート! | 海外スターの最新ニュース | ママの知りたいが集まるアンテナ「ママテナ」
ママの知りたい情報が集まるアンテナ

ママテナ

『ハデスタウン』、トニー賞最多14ノミネート!

第61回 海外スターの最新ニュース

『ハデスタウン』が、トニー賞で最多となる14ノミネートを果たした。2010年に発表されたコンセプトアルバムをミュージカル化した同作に続き、『エイント・トゥー・プラウド-ザ・ ライフ・アンド・タイムズ・オブ・ザ・テンプテーションズ』が12、『トッツィー』が11、『ザ・フェリーマン』が9、舞台版『ビートルジュース』が8とそれぞれ選出されている。

ミュージカル作品賞には、『ハデスタウン』をはじめ、『エイント・トゥー・プラウド』、『ビートルジュース』、『トッツィー』、『ザ・プロム』などが候補作品に選ばれている。

演劇作品賞では、『ザ・フェリーマン』や『クワイア・ボーイ』、『ゲイリー:ア・シークエル・トゥ・タイタス・アンドロニカス』、『インク』、『ホワット・ザ・コンスティテューション・ミーンズ・トゥ・ミー』がノミネートを果たした。

一方で『ブレイキング・バッド』でおなじみのブライアン・クランストンは、視聴率低下に悩むテレビ局を描いた1976年の映画『ネットワーク』の舞台版で演劇主演男優賞の候補者に選出された。他にも同賞の候補者として『ザ・フェリーマン』のパディ・コンシダインや『アラバマ物語』のジェフ・ダニエルズ、『BURN THIS 焼却処分』のアダム・ドライバー、『クワイヤ・ボーイ』のジェレミー・ポープらの名前が挙がっている。

また『アメリカン・ビューティー』のアネット・ベニングが、アーサー・ミラーが1947年に発表した名作『みんな我が子』にケイト・ケラー役で演劇主演女優賞にノミネートされている。同部門にはアネットの他に、『ザ・フェリーマン』のローラ・ドネリー、『ザ・ウェイヴァリー・ギャラリー』のエレイン・メイ、『ベルナール/ハムレット』のジャネット・マクティア、『ヒラリー・アンド・クリントン』のローリー・メトカーフ、『ホワット・ザ・コンスティテューション・ミーンズ・トゥ・ミー』のハイジ・シュレックら錚々たる面々が揃っている。

ジェームズ・コーデンが司会を務める今年度のトニー賞授賞式は、6月9日にニューヨークにあるラジオシティ・ミュージックホールで開催される。

あなたにおすすめ

ピックアップ