メディア個別 エミリア・クラーク、ビョルン・ルンゲ監督最新作で主演? | 海外スターの最新ニュース | ママの知りたいが集まるアンテナ「ママテナ」
ママの知りたい情報が集まるアンテナ

ママテナ

エミリア・クラーク、ビョルン・ルンゲ監督最新作で主演?

海外スターの最新ニュース

エミリア・クラークが新作『レット・ミー・カウント・ザ・ウェイズ』で主役を演じることになりそうだ。『ゲーム・オブ・スローンズ』のデナーリス役などで知られるエミリアは、『天才作家の妻 40年目の真実』でグレン・クローズをアカデミー主演女優賞に導いたビョルン・ルンゲ監督による新作で、実在した詩人のエリザベス・バレット・ブラウニングを演じるという。

英国アカデミーやエミー賞受賞歴を持つポーラ・ミルンが脚本を手掛けたこのラブストーリーでは、19世紀半ばのロンドンで裕福な少女時代を送っていたエリザベスが、詩集で世界的に有名になるも原因不明の病気に悩まされる。薬に頼りながらひっそりと生活を送っていたところ、若くエネルギーに満ちたロバート・ブラウニングが現れたことでエリザベスは人生の喜びを見出ものの、娘を管理しようとする父エドワードに行く手を阻まれる。

そんな新作についてルンゲは「この映画は現代にも通じる予期せぬ出来事を伝える古典的なラブストーリーです」と説明している。

あなたにおすすめ

ピックアップ