メディア個別 ローソンの「盛岡風冷麺」は涼感いっぱいの旨麺でした! | 今日のこれ注目!ママテナピックアップ | ママの知りたいが集まるアンテナ「ママテナ」
ママの知りたい情報が集まるアンテナ

ママテナ

ローソンの「盛岡風冷麺」は涼感いっぱいの旨麺でした!

今日のこれ注目!ママテナピックアップ
日によってはTシャツ1枚でも過ごせるようになってきた今日この頃。汗をかきながら熱いラーメンをハフハフしながら食べるのもアリですが、冷たい麺をさらりといただきたいときもあります。そんなとき、ローソンなら気軽に冷麺を食べられるのです。

ローソンの「盛岡風冷麺」

夏向けの冷たい麺といえば、冷やし中華が定番だとは思いますが、ローソンでは2019年5月7日(火)から「盛岡風冷麺」(税込498円)の販売も開始しています。

ローソンの「盛岡風冷麺」は涼感いっぱいの旨麺でした!

真空押し出し製法で仕上げたコシと弾力、つるみのある冷麺で、コクのある牛骨、牛肉、鶏ガラのうまみが詰まったスープを使用し、リンゴ酢でフルーティーな酸味を加えているのだとか。具材は、キムチとチャーシュー、キュウリ、ゆで卵、ネギをトッピング。

じつはローソンの冷麺にはファンが多いようで、ネット上でローソンの冷麺について調べてみたところ、「今年もローソンの冷麺の季節がやってきた」や「また食べられる」など、冷麺の販売を喜ぶ声が見受けられます。

ただし一方では、今回発売された「盛岡風冷麺」に対しては、「味が変わった?」や「前のほうがおいしかった」という意見もちらほら。

さっぱり麺でめっちゃウマイ!

前述のとおり、さまざまな声が聞こえてくる「盛岡風冷麺」。残念なことに筆者は、以前販売されていたものを食べたことがないので、食べ比べはできませんが、今回の新商品を食べてみることに。

スープを麺にかけてほぐしたら、チャーシューやキムチなどの具材をトッピングし、コチュジャンをスープにとかしていざ実食!

…はじめてローソンの冷麺を食べた筆者としては、「すごくおいしい」というのが本音。適度な弾力があり、つるんとした舌触りの麺の食感もよく、すっきりとした酸味のなかにほのかな甘味と辛味を感じるスープは、最後の一滴まで飲み干してしまうほどのうまさ。個人的には少し厚めに切られた輪切りのキュウリがとくにおいしく感じました。

暑さで食欲が落ち気味なときでもするりと食べられそうな「盛岡風冷麺」。覚えておくといいかもしれませんね。
(文・奈古善晴/オルメカ)

あなたにおすすめ

ピックアップ