メディア個別 ハーブの力を美容の味方に!「ハーブコーディアル」 | 今日のこれ注目!ママテナピックアップ | ママの知りたいが集まるアンテナ「ママテナ」
ママの知りたい情報が集まるアンテナ

ママテナ

ハーブの力を美容の味方に!「ハーブコーディアル」

今日のこれ注目!ママテナピックアップ
美容に、健康に、簡単に美味しくハーブの力を取り入れることができる、ハーブコーディアル。その魅力と、シーンに合わせた選び方、アレンジについて紹介します。

ハーブのエキスをぎゅっと濃縮!手軽でおいしい「ハーブコーディアル」

ハーブコーディアルとは、イギリスなどに伝わる、ハーブのエキスをギュッと凝縮したシロップのこと。ハーブや果物をアルコール漬けにしたり、シロップにして作られます。一般的には水やお湯、炭酸などで割っていただきます。ハーブコーディアルには、ハーブの豊かな香りや有効成分がたっぷり。ティータイムに楽しんだり、ハーブの薬効を期待して、健康管理に取り入れている人も多いようです。

ハーブコーディアルの魅力はなんといっても、手軽においしいハーブのドリンクが作れること。ハーブコーディアルをお水や炭酸水などで薄めれば、もう出来上がりなので、ハーブティーを淹れるよりも簡単に楽しめることもメリットです。紅茶やハーブティーの甘み付けとしても使うことができますし、ヨーグルトやアイスクリームにソースとしてかけてデザートでいただくなどおしゃれなアレンジも可能です。また、ゼリーやケーキなどといったお菓子作りの材料として使うこともできます。

シーン別おすすめコーディアルと飲み方のアレンジ

現在、さまざまな味のハーブコーディアルが市販されています。シーンに合わせたハーブコーディアルと、ハーブコーディアルをもっと楽しめる、プラスαのアレンジを紹介します。

①冷えやすい体をポカポカに!<ジンジャーコーディアル>
ジンジャーコーディアルのベースになる生姜は、日本の食卓でもお馴染みのハーブ。古くから世界中で食事に取り入れられたり、伝統医学で薬としても使われてきました。日本でも、多くの漢方薬に配合されています。生姜の魅力は、すっきりした辛味。生姜にはショウガオールなどの体温め成分が含まれ、体が冷えると感じている方におすすめのハーブです。生姜は、シナモン、クローブ、カルダモンなどのスパイスとの相性が抜群!スパイシーなジンジャーミルクを作って楽しんでみてください。

<スパイシージンジャーミルク(1人分)>
【材料】
・牛乳 200ml
・ジンジャーコーディアル 大さじ1(コーディアルの甘さにより加減)
・シナモン、クローブ、カルダモンなどのパウダー 少量

【作り方】
牛乳を沸騰直前まで温めてからカップに注ぎ、コーディアルを入れて下さい。お好みのパウダースパイスを一振りずつ振りかけて、よく混ぜて飲みます。

②疲れを吹き飛ばし、ツヤ肌で女子力アップ!<ハイビスカス&ローズヒップのコーディアル>

ハイビスカスとローズヒップは味の相性が抜群のハーブの組み合わせ。健康な肌作りに欠かせない栄養素の一つとして、ビタミンCが挙げられますが、ローズヒップはハーブの中でも、とりわけビタミンCを豊富に含みます。「ビタミンCの爆弾」との呼び名もあるほどです。ハイビスカスは、体内でエネルギーを生み出す働きをするクエン酸を多く含みます。また、ハイビスカスに含まれる鉄は、ビタミンCと一緒に摂取すると吸収率が高まるので、味の相性だけでなく、栄養価の面からも、ハイビスカスとローズヒップを組み合わせるのがおすすめです。ハイビスカスが入ったハーブコーディアルは真っ赤な色!シンプルにお湯や炭酸水で割るだけで、ピンク色で華やかなドリンクが完成します。パーティーシーンにもピッタリです。

<真っ赤なビューティーソーダ(1人分)>
【材料】
・ハイビスカス&ローズヒップの赤いコーディアル 大さじ1(コーディアルの甘さにより加減)
・氷 適量
・ラズベリーやブルーベリーなどのベリー類やミントの葉など 適量

【作り方】
氷を入れたグラスにコーディアルを入れ、炭酸水を注ぎます。静かに注ぐと赤~ピンク色のきれいなグラデーションのドリンクが楽しめます。ドリンクの上にベリー類やミントの葉を飾れば、もっと華やかになります。

③季節の変わり目や花粉症などの時期に<エルダーフラワーのコーディアル>

エルダーは、ヨーロッパでは庭木や街路樹として親しまれています。ハーブとしては、花、葉、樹皮まで、様々な用途に使われ、薬効が高いとされています。中でも、エルダーフラワーは大変人気のあるハーブで、マスカットのような香りとも例えられる、フルーティーで華やかな香りが魅力。欧米では「インフルエンザの特効薬」との呼び名もあり、風邪や花粉症対策として取り入れるのがおすすめ。                         いつものハーブティーにちょい足しで、もっと香り豊かなハーブティーになります

<風邪と闘うハーブティー(1人分)>
【材料】
・エキナセア(ドライハーブ) 小さじ1
・熱湯 200ml
・エルダーフラワーコーディアル 大さじ1/2(コーディアルの甘さにより加減)

【作り方】
エキナセアに熱湯を注ぎ、3分間抽出し、カップに注ぎ、エルダーフラワーコーディアルを加えます。

ハーブの豊かな香りや味を手軽に楽しめるハーブコーディアル。ぜひ、ご自身のお気に入りの飲み方を探して、楽しんでくださいね。

※ハーブは食品ですが、薬効を期待して使われることもあり、各々の体質や取り入れ方によっては、健康状態に影響することがあります。ハーブの積極的な利用については、専門家に相談してください。

お話を聞いた人

佐藤加奈
佐藤加奈 先生
HERBAL Labo
薬剤師として働く中、西洋医学だけでなく、病気になる前や病気の際の家庭でのケアとし てアロマテラピーとハーブを使いたいと思いました。これらで、私自身の体の不調を克服 した経験もあります。あなたのこころとからだを癒す、「安全に、楽しく、使える」アロ マテラピーとハーブを教えます。植物の持つ素晴らしい香りや作用を一緒にゆったりと楽 しみましょう。
薬剤師として働く中、西洋医学だけでなく、病気になる前や病気の際の家庭でのケアとし てアロマテラピーとハーブを使いたいと思いました。これらで、私自身の体の不調を克服 した経験もあります。あなたのこころとからだを癒す、「安全に、楽しく、使える」アロ マテラピーとハーブを教えます。植物の持つ素晴らしい香りや作用を一緒にゆったりと楽 しみましょう。
趣味なび

あなたにおすすめ

ピックアップ