メディア個別 実子騒動の女優・喜多嶋舞が芸能界引退を表明! | ママテナTVウォッチ&ガイド | ママの知りたいが集まるアンテナ「ママテナ」

実子騒動の女優・喜多嶋舞が芸能界引退を表明!
~ママテナTVウォッチ&ガイド~

女優の喜多嶋舞(43)が、12月8日(火)に発売された『婦人公論』に登場。インタビューで、「潔く芸能界から身を引こうと思います。(女優としての)人生にピリオドを打ち、残りの人生を母として妻として生きていこうと決めた」と語り、芸能界引退を宣言した。主演映画『人が人を愛することのどうしようもなさ』('07年、写真)が、女優として最後の作品となった。

11月19日(木)、喜多嶋と夫で俳優の大沢樹生(46)との間に生まれた長男(18)をめぐる“実子騒動”で、東京家裁は「大沢と長男に親子関係は存在しない」と判決。喜多嶋は同誌のインタビューで、「長男が大沢の子どもである」と改めて主張し、大沢が抱えている借金問題にまで触れている。

大沢と喜多嶋は妊娠発覚の末、‘96年に結婚したが、’05年に離婚。‘14年1月、かねてより自分と長男が似ていないことを不信に思っていた大沢がDNA鑑定を行い、記者会見で、「“(長男)の実父である可能性は0%”という結果が出た」と激白。これを受けた喜多嶋が、女性誌で「父親は大沢さんです」と反論し、実子騒動がワイドショーや世間を騒がせた。

大沢は、’08年に元モデルと再婚し、夫婦で長女の死産を乗り越え、’14年に待望の次女が誕生。一方の喜多嶋も’07年に一般男性と再婚し、’08年に長女が誕生している。今回の騒動に巻き込まれた長男は、先天性の感音性難聴を患っており、現在は喜多嶋の実母で元女優の内藤陽子(現・喜多嶋洋子)とロサンゼルスで暮らしているという。

連日ワイドショーなどでも取り上げられ、まだまだ尾を引きそうなこの問題。今はそれぞれ別の家庭を築いて幸せに暮らしているだけに、これ以上の泥沼化へと発展しないことを願いたい。

(文/タカザワ紅緒)

ママテナ読者が良く購入している人気アイテムやグッズ、アプリをランキング化!みんなはいくつ知ってる?

  • 1位
  • 『ウルシヤマ金属 油キレイ 260ml』

    天ぷらなどで利用した廃油に混ぜるだけで油が洗剤に変わるというスグレモノ! 入れると油が一瞬で乳化してサラサラに。スポンジも鍋もベトつかず後処理が楽チンに


  • 2位
  • 『TOFULOVEプロフェッショナルメイクアップスポンジ』

    ラテックスフリーで肌に優しく、ファンデーションが薄塗りでもムラなく美しく仕上がるとママたちの間でもひそかなヒット! 価格も400円程度と安価なのもうれしい!


  • 3位
  • 『たっきーママのHappy朝ラク弁当』

    ミツカンやサントリー、味の素KKなど、数々のメーカーが主催するレシピコンテストで受賞し、料理ブロガーとしても大人気のたっきーママ。毎朝簡単に、しかも華やかなレシピの数々はママたちに大好評!


    この記事へのご意見はこちら
    PAGETOP