メディア個別 子どもがついに4歳に!人気や定番の誕生日プレゼントは? | 4歳の成長や生活情報をお届け | ママの知りたいが集まるアンテナ「ママテナ」
ママの知りたい情報が集まるアンテナ

ママテナ

子どもがついに4歳に!人気や定番の誕生日プレゼントは?

第2回 4歳の成長や生活情報をお届け
4歳は運動能力が発達したり、言語能力が発達したりと、成長著しい時期です。そんな4歳になる子どもには、成長を促すようなプレゼントがおすすめですよ。この記事では、4歳の誕生日プレゼントの選び方や、人気&定番のプレゼント、友達の子どもの4歳の誕生日におすすめのプレゼントについてまとめました!

4歳は自転車デビューに最適な年齢

4歳は、幼稚園や保育園に通い始め、心も身体もめきめきと発達する時期です。身体が大きく成長し、今までできなかったような複雑な動きもできるようになります・ケンケンやスキップなど片足でのバランスや、公園の遊具なども遊びこなせるようになります。身体のコントロールを自在に取れるようになるこの時期は、自転車に乗り始める時期としてもベストタイミング。実際、4歳の誕生日やクリスマスプレゼントに自転車を送るというママも多いと言います。

自転車に乗れる身長に成長する

4歳になると、身長は大体100cmほどに成長するため、キッズ用の自転車にまたがっても十分な大きさといえます。4歳(年少)頃から乗り始めると、5〜6歳(年中から年長)になるタイミングで補助輪なしの自転車に乗れるようになる子どもが多いです。

幼稚園で自転車の話題が増えてくる

子どもの世界でも「話題」というものがあるようで、4歳以降通い始めた幼稚園などでは「自転車」の話題が徐々に増えてくるのだそうです。自転車に乗れるようになることは、子どもたちにとっても大きな出来事なのですね。

交通ルールを理解し始める年頃

4歳になると、信号の意味や、横断歩道を渡るルールなど、公道の交通ルールも徐々に理解できるようになります。自転車に乗ることをきっかけに、交通ルールを学べるのも大きなメリットと言えるでしょう。

4歳の我が子に自転車をプレゼント!選び方は?

我が子の4歳の誕生日に、自転車を贈ろうとお考えの方へ、選び方のポイントを紹介します。

タイヤのサイズ(インチ)で選ぶ

大人の場合、自転車を選ぶ際はフレームサイズをチェックして購入する方も少なくないと思いますが、子ども用はタイヤのサイズで選ぶのがポイントです。下記表のように、4歳の子どもならば大体14〜16インチのタイヤが適切といえます。

長く乗れる自転車を選ぶ

どうせ購入するなら、長く乗れる自転車を選びたいもの。以前は、子どもの身長が伸びるごとに買い換える必要がありましたが、現在はフレームを伸ばせるものやペダルを取り付けられるストライダーなど、長きにわたって使用できるデザインのものも多いです。また、子どもが怪我をしないためにも、メーカーや自転車の機能にこだわったり、丈夫な素材でできている製品を選んだりすることも大切です。

デザインがシンプルな自転車を選ぶ

デザインも、凝ったものからシンプルなものまで数多く販売されていますが、長く使用することを考えると、シンプルなものがおすすめです。子どもが真っ先に惹かれるキャラクターデザインものなどは、後にマイブームが去ってしまうこともありますので、購入の際にはよく考えましょう。

メンテナンスがしやすい自転車を選ぶ

家庭でもメンテナンスがしやすい自転車を選ぶのもポイント。例えば、チェーンカバーが付いているタイプだと、チェーンが外れてしまったときの取り付けがかなり大変なので、カバーがついていないタイプがおすすめです。

車体が軽い自転車を選ぶ

車体が軽い自転車も良いでしょう。軽ければ、転倒しそうになっても足で踏ん張りがきくため、転びにくいといえます。ただし、丈夫さと軽量さを兼ね備えている自転車は多くないため、優先順位を決めて選択しましょう。

ストライダーって何?自転車とどう違うの?

ここでは「ストライダー」について紹介します。ストライダーはランニングバイクとも呼ばれ、ペダルがないのが大きな特徴。シンプルな作りの自転車で、足で地面を蹴って前進します。補助輪タイプのものに代わって、バランス感覚が養われると今大変人気となっています。
2歳頃から乗ることができるのも魅力です。2歳頃からストライダーに乗せて、慣れてきた4歳頃から補助輪なしの自転車にステップアップさせるといった使い方も増えてきています。自転車に上手に乗るためには、足をつかずにペダルを踏み続けることが大切ですが、ストライダーでは足をつけない状態の身体のバランス感覚を養うことができます。
ただし、ペダルの訓練ができないのがデメリットといえるでしょう。また、ストライダーにはブレーキがついておらず、公道などで走ることは禁止されているので注意が必要です。

関連リンク:ペダルなし自転車のメリット、デメリット

4歳の子におすすめの自転車11選

初めて乗る自転車に、おすすめのブランド11選を紹介します。

ビスマーク

戦隊モノを思わせる、男の子向けのカッコいいデザインが特徴です。大きさが14、16、18インチの3種類展開で、身体の大きさに合わせて選択できます。

リーズポート(REEDSPORT)

大人っぽいシンプルなデザインが魅力。パステルブルーやライムグリーンなど、カラーバリエーションがたくさんあるのもポイントです。

CHIBICLE チビクル

ベージュを基調としたツートンカラーが可愛らしいデザイン。男の子でも女の子でもマッチしてくれます。

ROYALBABY(ロイヤルベイビー)

タイヤが太く、頑丈なのが特徴。本格的なBMXフリースタイル(自転車を使った競技)の車体で、スポーティーな外観も魅力です。

a.n.design works(エーエヌデザインワークス) V16

スタイリッシュなロゴがおしゃれな一台。クロスバイクやロードバイクなども手がけるブランドのキッズ用バイクです。

JEEP(ジープ)

ブランドならではの高級感ある佇まいと、頑丈さを兼ね備えた自転車です。男の子にピッタリ。

コーダーブルームアッソンK16

日本のスポーツバイクメーカーの手がける自転車。軽いアルミフレームを使用しているのが特徴です。

Tonino Lamborghini (トニーノ ランボルギーニ) KID16 キッズバイク

高級車ランボルギーニのロゴが入った高級感あふれるデザインにもかかわらず、価格は1万円前後とお手頃な点が魅力の一台です。

HUMMER(ハマー) 幼児用自転車

タイヤが太く、頑丈なフォルムを持ちます。カラーは迷彩柄も展開。

People(ピープル) ラクショーライダー 補助輪パスして自転車イチバン乗り!

足蹴りバイク(ストライダータイプ)として、ペダルの取り外しも可能。まずは足をついて練習してからペダルをつけることで、効率よく自転車の練習ができます。

GIANT(ジャイアント)

GIANTはクロスバイクの代名詞といわれるほど、日本では有名なメーカー。フレームの長さを伸ばせるため、子どもが小学生になっても乗ることができます。

4歳の自転車練習方法は?

自転車を準備したら、さっそく乗ってみましょう。乗る際にはヘルメットを着用する、危険のない場所で行うなど、安全面に気をつけて行いましょう。

ステップ1:サドルの高さを「漕ぎやすい」位置に調節する

まずはサドルの調整から始めます。サドルの高さは、「足がつく」のではなく、「漕ぎやすい」を基準に設定するのがポイントです。ただし、転びやすくなってしまうので初めのうちは親が横からサポートしてあげると良いでしょう。

ステップ2:補助輪をつけてペダルを漕ぐ練習をする

初めのうちは、ベダルを漕ぎながらバランスを取るということが難しいものです。ペダルを漕ぐ練習は、補助輪をつけて行いましょう。

ステップ3:補助輪なしでまっすぐ進む練習をする

ペダルを漕ぐことが上手になったら、補助輪を取って、もっぱら直進する練習を行います。横から親が支えてあげると良いでしょう。

関連リンク:子どもが自転車に乗るときに気をつけたいこと

関連リンク:自転車保険の選び方などを知る

あなたにおすすめ

ピックアップ