メディア個別 キアヌ・リーブス、チャイニーズシアターに手形が刻まれる | 海外スターの最新ニュース | ママの知りたいが集まるアンテナ「ママテナ」
ママの知りたい情報が集まるアンテナ

ママテナ

キアヌ・リーブス、チャイニーズシアターに手形が刻まれる

第107回 海外スターの最新ニュース

キアヌ・リーブス(54)がその業績を称えられ、手形と足形をTCLチャイニーズシアターに刻まれた。14日(火)にハリウッドで行われた式典には、日本で10月から公開予定の人気シリーズ第3弾『ジョン・ウィック:パラベラム』の共演者であるハル・ベリーやローレンス・フィッシュバーン、イアン・マクシェーンらが駆け付けた。

「マトリックス」シリーズや『スピード』、「ビルとテッド」シリーズなどヒット作に出演してきたキアヌは、スピーチでこう語っている。「この素晴らしく、歴史的かつ魔法のような場所に招かれたことに大変名誉を感じます」「92年間に渡り、ここに足跡を残した数々の素晴らしいアーティストの仲間入りをさせてもらうと共に、昔にシド・グローマンによって始められ、今日まで続くこのハリウッドの伝統の一部になれることに感謝しています」「ずっと愛されている作品に何本も出演できたことに、とても感謝しています」「これらの作品が、私の人生を変えました。私に人生を与えてくれたのです」「そして、これらの作品を楽しんでくれた皆さんにも大変感謝しています。皆さんの応援がなければ、私が今ここにいることはなかったでしょう」

また「ジョン・ウィック」シリーズでバワリー・キング役を演じるローレンスは、キアヌについて、「彼はとても繊細で思いやりのある人です。それと同時に勇気があり、情熱的なアーティストなんです」と評している。

あなたにおすすめ

ピックアップ