メディア個別 サラ・ミシェル・ゲラー、『ビッグバン・セオリー ギークなボクらの恋愛法則』最終回に出演 | 海外スターの最新ニュース | ママの知りたいが集まるアンテナ「ママテナ」
ママの知りたい情報が集まるアンテナ

ママテナ

サラ・ミシェル・ゲラー、『ビッグバン・セオリー ギークなボクらの恋愛法則』最終回に出演

海外スターの最新ニュース

サラ・ミシェル・ゲラーが『ビッグバン☆セオリー ギークなボクらの恋愛法則』のファイナルシーズンにサプライズ出演を果たした。これまでも劇中でサラとその代表作『バフィー 〜恋する十字架〜』が何度も話題に出てきていたが、16日(木)に放送された最終回で、クナル・ネイヤー演じるラージ・クースラポリに飛行機で出会い、スウェーデンでノーベル賞を受賞するジム・パーソンズ演じるシェルドン・クーパーとメイム・ビアリク演じるエイミー・ファラ・ファウラーに一緒に会いに行くという設定で本人役として出演した。

製作総指揮を務めるスティーブン・モラロとスティーヴ・ホランドは、サラの出演に大喜びだったようで、『エンターテイメント・トゥナイト』にこう語っている。「僕らは『バフィー 〜恋する十字架〜』の大ファンなんだ」「今、旬な有名人っていうよりも、同じく『バフィー』のファンである登場人物たちのオタク心をくすぐるような彼女に出てもらうことが最高だと思った。最終回前に彼女に会う僕らなりの方法でもあったんだけどね」「クリエイターのチャック(ロリー)が彼女と話したんだけど、『私の家族はこの番組の大ファンなの!』って言ってくれるのはいつだって良いはじまりだよね」」「ショーン・アスティンもそんな感じだった。彼に連絡を取ったんだけど、『僕の家族は大ファンなんだ。毎週観てるよ!』って言われた。だから、大丈夫だなって。あとはスケジュールをどうにかするだけだったんだ」

サラは劇中でラージにデートではないと主張していたが、これは実際にフレディ・プリンゼ・Jrと結婚している彼女のためのジョークだったという。

またサラの出演を秘匿しておくために、キャスト陣にはSNSに投稿しないよう伝えられていたそうだ。

あなたにおすすめ

ピックアップ