メディア個別 ゾーイ・サルダナ、夫の監督作に出演へ | 海外スターの最新ニュース | ママの知りたいが集まるアンテナ「ママテナ」
ママの知りたい情報が集まるアンテナ

ママテナ

ゾーイ・サルダナ、夫の監督作に出演へ

第123回 海外スターの最新ニュース

ゾーイ・サルダナが夫マルコ・ペレゴの監督作『キーホール・ガーデン』に出演する。ペレゴがリック・ラポーザと共に脚本も執筆したこのロマンチック・コメディは、8月撮影開始予定となっている中、今のところ『アベンジャーズ/エンドゲーム』がヒット中のゾーイのみがキャスティングされている。

IMDBによれば、アメリカ南部国境線の移民政策がいかに一部の人々に影響を与えているかを掘り下げる内容となるようで、友人の強制帰国をなんとか食い止めようとする少年、いつの間にか元恋人を窮地に陥れることになる移民局職員、引退前の最後の仕事を実行するカルテルのメンバーの視点から描かれる。

一方でゾーイは『アバター』続編でヒロインのネイティリ役を続投することが決まっており、シリーズ第2弾は2021年12月、第3弾は2022年に公開が予定されている。

「ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー」のガモーラ役で知られるゾーイだが、最近ではアニメ映画『ミッシング・リンク』で声優にも挑戦していた。

あなたにおすすめ

ピックアップ