メディア個別 ウィル・スミス、主役アラジンをバックダンサーと勘違い!? | 海外スターの最新ニュース | ママの知りたいが集まるアンテナ「ママテナ」
ママの知りたい情報が集まるアンテナ

ママテナ

ウィル・スミス、主役アラジンをバックダンサーと勘違い!?

第130回 海外スターの最新ニュース

ウィル・スミスは『アラジン』の主役を演じるメナ・マスードをバックダンサーと勘違いしたそうだ。ディズニーの名作実写版でジーニー役を演じているウィルは、アラジン役であるメナに最初気づかなかったというエピソードを明かしている。

『エンターテイメント・トゥナイト』のインタビューでメナとの初対面について尋ねられたウィルは「セットで200人くらいのダンサーに囲まれた中、監督(ガイ・リッチー)と話してたんだ」「そしたら突然若者が現れたんで『監督とジーニーの会話に入ってくるなんてずいぶん肝の座ったダンサーだな』って思った」「しかも彼はそこに立ってるだけで何も言わなかったんだよ。微笑んで立ち去って行ったんだ」と当時を振り返った。

しかしそのぎこちなさに気づいたメナは、その後ちゃんと自己紹介をしに来たのだそうだが、ウィルは危うく警備を呼ぶところだったと冗談を飛ばした。

一方でウィルは、1992年公開のアニメ版でジーニーの声を担当した故ロビン・ウィリアムズに見合うような演技が出来るかプレッシャーを感じていたことを先日明かしていた。「ジーニーは好きなように行動する。ある種の無茶苦茶さがジーニーにはある。それこそロビン・ウィリアムズが作り出した面白さだった。だからその意味を見出そうとして、『ベルエアのフレッシュ・プリンス』みたいな雰囲気を少し取り入れた」「懐かしさもあると同時に、少し新しい面もあるものを作り出したかった。プレッシャーを感じる難しいものだったね」「ロビン・ウィリアムズはジーニーの改善点をほぼ残さなかった。ロビン・ウィリアムズはこのジーニーで見事な面白さを表現したから、僕はそこに自分らしさを含めようと必死に努力してきたよ」

あなたにおすすめ

ピックアップ