メディア個別 男の子が家で何も話さないのはなぜ!? | 男の子のお母さんが言う「うちの子、何も話さない」問題 | ママテナ

男の子が家で何も話さないのはなぜ!?

第1回 男の子のお母さんが言う「うちの子、何も話さない」問題
多くの男の子のママたちが言う「うちの子、何も話さないの」という悩み。

思春期になるにつれて話さなくなることはあるだろうけど、「幼い頃から学校のことは何も話さない」子も多い。しかも、学校では面白い子だったり、よくしゃべる子だったりするのに、家で話さないのは、不思議なところだ。

なぜ男の子は親に学校のことを話さないの? 教育研究所ARCS所長の管野淳一先生に聞いた。

「まず男の立場から女性に聞きたいのは、『女の人はなぜそんなに細かいことまで話したがり、聞きたがるの?』ということです。女性は幼い頃から日常の細々としたことや自分・相手の気持ちなどについても話したがり、聞きたがる傾向がありますが、それは男性(男の子)にとってはむしろ不思議なのです」(管野先生 以下同)

もともとコミュニケーションの手段として「言葉」を重要視し、情報交換したり、仲間であることを確認しあったりする女性と違い、男は戦ったり、狩りをしたりといった行動で評価されてきた歴史がある。そのため、女性に比べてコミュニケーション能力が発達しづらい側面もあるそう。

「おまけに、昔から『おしゃべりな男にはろくなヤツがいない』と揶揄されることもあるように、そもそもよくしゃべる男自体あまりよく思われない傾向にありますよね」

マルとバツの札を持つ男の子

●母親の細かな質問や詮索で、話したくなくなる場合も

では、「男の子が何も話さない」としても特に問題ないということ?

「もちろん性格の違いもあり、学校での出来事を親に話す男の子もいますが、話さないとしても、そのこと自体は心配する必要はありません」

また、男の子が親に何も話さないのは、母親が原因となっている可能性もあるそうだ。

「母親が『今日、学校どうだった?』などと根掘り葉掘り聞いたり、妙に心配し、詮索したりすると、それを煩わしく思ったり、心配させたくないと思ったりすることで、余計に何も話さなくなります」

ただし、注意すべきことは、普段あまり話さない子が、あるとき急にいろいろ話しだしたときだそう。

「急にしゃべりだすときは、隠しごとをしている可能性もあります。例えば、友だちとのトラブルなどで、自分が被害者であるように苦し紛れにストーリーをでっち上げていることもあるので、自分の子の話ばかり鵜呑みにしないほうが良いでしょう」

学校のことを話さないからといって、悪いことをしているわけではなく、逆に、よく話す子も「親に話して良いことだけ話している」可能性はあるそう。

「話さないこと」を心配するよりも、日頃の様子をよく観察し、変化を見逃さないことが大切なのかも。
(田幸和歌子+ノオト)

お話をお聞きした人

管野淳一
管野淳一
教育研究所ARCS 所長
高校講師、塾講師を経て進学塾クセジュを創立。2013年に教育研究所ARCS(アークス)を設立。塾という枠を超え、子育てに奮闘する父母に役立つ講演会やカウンセリングを行っている。
高校講師、塾講師を経て進学塾クセジュを創立。2013年に教育研究所ARCS(アークス)を設立。塾という枠を超え、子育てに奮闘する父母に役立つ講演会やカウンセリングを行っている。
中学受験が子どもをダメにする
中学受験が子どもをダメにする
幻冬舎ルネッサンス新書
840円
詰め込み型の勉強を強要する中学受験は、実は子どもの能力を奪っている! 「本当の学力」を身につけるために親ができることを、1万人以上の教え子を持つ著者が熱く伝授する、斬新でユニークな教育論。
詰め込み型の勉強を強要する中学受験は、実は子どもの能力を奪っている! 「本当の学力」を身につけるために親ができることを、1万人以上の教え子を持つ著者が熱く伝授する、斬新でユニークな教育論。

ピックアップ

「何も話さない子ども」に、親がしてはいけないこととは?
「家で何も話さない子」の問題点