メディア個別 家計簿で項目分けをするときのコツ、失敗する人の特徴、一覧表も | ママの知りたいが集まるアンテナ「ママテナ」
ママの知りたい情報が集まるアンテナ

ママテナ

家計簿で項目分けをするときのコツ、失敗する人の特徴、一覧表も

家計簿は何のためにつけるのか。家計簿をつけることで何が変わるのか。まとめた家計簿の使い方は?など、家計簿について分からないことはありませんか?これから家計簿をつけようとしている方、家計簿をつけているけど長続きしない方に、参考にしていただきたいです。

家計簿をつけるべき理由

まず初めに、家計簿は何のためにつけるのか、家計簿をつけることで得られるメリットを紹介します。

出費の理由を明確にできる

食費、日用品、交際費、ガス代、水道代、教育費など、日々の出費がかさんできます。家計簿をつけることで、何にお金を使ったのか、その理由を明確にできます。前月と今月を比較してお金が増えれば、モチベーションがあがります。うまくいかず赤字だった月は、なぜうまくいかなかったのかを考える手段になります。項目で管理していれば、貯金が出来た理由や出来なかった理由を探ることができ、貯金を増やす対策を考えることができます。

無駄遣いを見つけやすくなる

項目分けをすることで貯金が増えた理由や減った理由を探すことができ、無駄遣いを見つけやすくなります。家計簿を項目で分けないと、何にお金を使いすぎたのかが見えてきません。

無駄遣いをしたくなくなる

無駄遣いを見つけることで、お金を使う時に「今無駄遣いしようとしている」と気づくようになります。家計簿につけることで、「無駄」の感覚が分かり本当に必要な物かどうかを考えるようになります。

関連リンク:家計簿をつけるメリット、長続きさせるコツ、オススメする家計簿やアプリをご紹介!

関連リンク:家計簿をつけるテクニックをご紹介!

関連リンク:正しい家計簿のつけ方で、夫婦仲もよくなる!?

関連リンク:家計簿と収納の共通点とは?

関連リンク:なぜ家計簿をつける必要があるのか?

家計簿で失敗する人の特徴 

家計簿で失敗する人の特徴は3つあります。
1.細かく項目を分け、支出の流れが分からなくなる
2.滅多に使わない費用の項目を作り、予算の振り分けが分からなくなる
3.項目の振り分けが決まっておらず、月ごとに項目ごとの支出が大きく変わる
ほとんどの失敗は、最初の項目分けがうまくできていないことが原因です。家計簿をつける前に、自分に合った項目をはじめに選ぶことで、家計簿を長く続けやすくなり、お金の管理もうまくできるようになります。

家計簿の項目一覧表

ここでは 家計簿に使われる項目を「よくある項目」「しっかり付けたい人用の項目」「ざっくり付けたい人用の項目」に分けて紹介します。

よくある家計簿の項目

よくある家計簿の項目は以下の通りです。

さらに固定支出(携帯電話や生命保険など)が加わるため、家計簿全体の項目(費目)の数は多くなります。家計簿では、多くの項目(費目)から好きなものを選ぶように言われますが、項目(費目)選びを間違える方が多いので、家計簿が長続きしなくなります。

しっかりつけたい人の項目一覧

家計簿を細かくつけたい几帳面な人向けの項目例です。
1、住居費(住宅ローン返済、固定資産税、家賃、管理費、共益費、家具、家電、火災保険料など)
2、水道光熱費(電気代、ガス代、水道料金など)
3、通信費(固定電話、スマホ、プロバイダ料金など)
4、保険料(生命保険料、損害保険料、個人年金保険料など)
5、車関連費(ローン保険料、駐車場料金など)
6、食費(食料品、お弁当、調味料、贅沢でない外食など)
7、生活日用品(洗剤、トイレットペーパー、キッチン用品、文房具など、生活するのに必要な費用)
8、被服費(服、靴、鞄、アクセサリー、クリーニング代など)
9、理美容室(理容室、美容院、化粧品など)
10、交通費(電車、バス代、ガソリン代など)
11、趣味・娯楽費(趣味、スポーツ、CDやDVD、嗜好品など)
12、特別費(冠婚葬祭や高額な家電などの臨時で発生する費用)
13、その他(ペットや医療費、交際費、贅沢なランチや飲み会、習い事など)

細かく項目分けするメリットは、細部の支出まで目が届きやすいので問題点を見つけやすくなります。デメリットは、手間がかかりライフスタイルの変化によって項目を変える必要性が出てくるので、項目を変えた場合は流れを把握できなくなります。

ざっくり付けたい人の項目一覧

家計簿をざっくりとつけたい方向けの項目例です。
1、食費(食料品、調味料、食堂、お弁当など)
2、生活費(洗剤、トイレットペーパー、キッチン用品、文房具、雑貨など、生活するのに必要な物)
3、固定費(住居費、水道光熱費、新聞・雑誌、習い事などの毎月かかる費用)
4、特別費(美容院や友人の結婚式、家電、コートなどの特別な衣類、また、美容院や歯医者などの不定期でイベント性がある費用)
5、その他(飲み会、ストレス発散費、本・CDなどの上記以外の項目で基本的になくても困らないもの)
大まかに分けると①生活に必要なもの(1、2、3)、②不定期だが必要な物(4)、③いざとなれば削減可能なもの(5)、の3つです。

家計簿の項目分けで初心者が混乱しないコツ

家計簿初心者だと項目分けに悩んでしまいますよね。 項目分けに悩まなくて済む、押さえておきたいポイントを紹介します。

すべてがうまく当てはまる項目作りをする

初心者が混乱しないコツについてまとめました。簡単なことから少しずつはじめてみましょう。家計簿の項目(費目)は、4~8費目にしましょう。多すぎると項目の振り分けが曖昧になるので支出が見えにくくなります。費目を少なくすることで手間が省けます。また、ちょっとずつの予算オーバーを防ぐことができます。少なくまとめられない人は、「娯楽費」「特別費」の項目を作ることをオススメします。「娯楽費」は、イベント性がない毎月のちょっとした支出、「特別費」は、比較的高額なイベント性のある支出です。2つの費目の中に、交際費、交通費、衣服費、医療費、美容費などを含めることができるので、費目を少なくすることができます。
オススメしたいのは、「食費」「日用品」「娯楽費」「特別費」は必須で、「小遣い」「習い事」など必要な項目を追加する方法です。これで、4~8費目にまとめることができます。

支出が毎月出ない項目は作らない

毎月出ない支出の項目(費目)は、「娯楽費」「特別費」で支出がカバーできるので作る必要はありません。「ガソリン費」「医療費」などの毎月1回以上かからなそうなもの、「交際費」「交通費」「医療費」などの使わない月がありそうなものは、項目として作る必要はありません。月によってゼロになる費目は、家計簿に記入する手間が発生し作業効率が悪くなります。月によって支払いがあるかないかの費目は、「単独では予算を守るのが難しい費目」です。例えば衣服費の予算が 5,000円としても、4月は0円、5月は10,000円と月によってばらつきが出ます。月によってデコボコになりやすい支出は、「娯楽費」「特別費」に含めることで、全体的な予算を守ることにつながります。家計簿をつける手間も減らすことができ、予算内でやりくりしやすくなります。

どの支出をどの項目にするかを決めておく

家計簿は、自分の生活にどれくらいの費用が必要なのかを把握することが大切なので、生活で必要な項目を選ぶ必要があります。「つけるだけで貯まる家計簿」の基本は、「食費」「日用品」に余計な支出を入れないことです(例:外食は娯楽費でカバーする)。余計な支出で費用がムダに膨らまず、純粋な「食費」「日用品」の予算が立てやすくなります。純粋な予算が分かることで今後の予算が立てやすく、守りやすくなります。「食費」「日用品」は一緒に購入することが多いので、費目を「食・日用品費」として家計簿につけていいのでは?という疑問もあると思います。初心者は慣れるまでは分けてつけることをオススメします。「食費」の支出が多いのか「日用品」の支出が多いのかが分からなくなるからです。自分の課題に気づきにくくなるため「つけても貯まらない家計簿」になってしまいます。慣れるまでは、シンプルに費目分けをすることが大切です。自分に必要な項目が分かれば自分に合った家計簿を選び、自分に合った家計簿が見つからない場合は手書きやエクセルで作ってみましょう。家計簿をつけることを目的とせず、大雑把でもよいので、自分のお金の使い方を把握することが大切です。

3ヶ月は同じフォーマットで続ける

家計簿をつけ始めたら、3ヶ月間は同じフォーマットで続けましょう。家計簿をつけていてお金が貯まらない原因は、「予算管理がしっかりしにくいつけ方」をしていることがほとんどで、フォーマットのせいではありません。自分に合わないからといってフォーマットを変えず、3ヶ月は続けてみましょう。

予算は自分に合った金額でOK

食費重視か教育重視か、お金の使い道は人それぞれです。予算は「わが家に合った」額で大丈夫です。
・収入に対する予算の割合の目安
食費:13~16%
日用品:3~5%
レジャー費:3~5%
子ども費:5~13%
夫婦の小遣い:10%
その他:5~13%

項目の振り分けは消去法で考える

大カテゴリー(固定費、特別費、生活費)で迷う場合は、以下のように消去法で決めましょう。
1、固定費かどうか判断する
2、特別費かどうかで判断する
3、どちらでもない場合は生活費に振り分ける

「固定費」と判断する場合

固定費の区別のポイントは5つです。
1、毎月支払う項目
2、年間で必ず納付する税金
3、年払い契約の保険料(家の火災保険料、自動車保険料など)
4、毎月支払うであろう住居費用、光熱費、携帯・スマホ代、保育料
5、固定資産税や自動車税の税金
年に1度しか支払わないものは、生活環境が変わらない限り、来年以降も定期的に支払う可能性が高いので、固定費に振り分けます。

「特別出費」と判断する場合

特別費の区別のポイントは2つです。
1、冠婚葬祭にかかった費用
2、来年以降も支払う可能性がない費用

不定期で予測できない費用(冠婚葬祭、子どもの初節句祝い、高額な家具や衣服、入学・卒業式など)は特別費に振り分けます。

「生活費」と判断する場合

生活費は、固定費でも特別費でもない費用です。毎日の食費、日用品、お小遣いなどが生活費に含まれます。

関連リンク:家計簿を三日坊主にしないためにすべきこと

関連リンク:家計簿をつける目的は「貯金」ではない!?

関連リンク:家計管理が楽チンになるワザ

関連リンク:家計管理に役立つdカード GOLD

関連リンク:家計管理をしつつ貯蓄する方法

関連リンク:家計簿ってどうやって書けばいいの?

関連リンク:簡単にできる家計簿

家計簿の項目分けを行うときの考え方

ここでは家計簿の項目分けを行う際に気をつけたい点をまとめました。

項目は年間まとめ時に見やすいようにする

家計簿は「年間のまとめ表」(年間収支表)のようなもので、いかに見やすくまとめやすくするかを意識しましょう。「年間のまとめ表」(年間収支表)のメリットは3つあります。
1、どんな項目でお金をたくさん使っているのか整理しやすい。
2、前月・翌月との比較がしやすい。
3、春夏秋冬のシーズン毎にまとめやすい。
「年間のまとめ表」の整理・比較・まとめを繰り返すことで、節約のヒントを得たり、貯金のスピードアップをしたりすることができるようになります。

家計簿は年間まとめ表のために書く

家計簿は「年間まとめ表」を作るために、4つの作業が必要です。
1、日々の買い物をまとめる。
2、週ごとにまとめる。
3、月ごとに集計する。
4、年間のまとめをする。
「年間まとめ」「月まとめ」をすることで、支出の項目が用途によって整理されるので、赤字の原因や貯金ができない原因を探しやすくなります。

項目は慎重に増やす

家計簿で家計管理をはじめるとき、つい項目を増やしがちになります。項目を増やしすぎると家計簿をつける作業がメインになり、家計簿を振り返ることがおろそかになります。家計簿はつけることがメインではなく、「なぜ貯金が増えたのか、減ったのか」の疑問と答えを見つけるためにつけるものです。家計簿をまとめたら、ざっくりと分析することが大切です。項目を増やす前に本当に増やす必要があるのかを考えてください。

項目はころころ変えない

振り分ける項目は変えないようにしましょう。先月は「日用品」に振り分けたけど、今月は「衣服・美容費」に振り分ける、といったように、振り分ける項目がしっくりこないからといって、月ごとに項目を変えないようにしましょう。家計簿をつける目的の1つは、「年間まとめ表」で数字を比較することです。項目をコロコロと変えると、出費が多くなった原因が分からなくなります。家計管理は比較・対比が重要なので、項目の見直しは翌年に行いましょう。

管理を頑張りすぎない

家計簿をつけるコツは、管理を頑張りすぎないことです。やる気まんまんで徹底的に家計簿をつけ始めると途中で面倒になり、続かなくなります。「明日やろう」「次の休みに家計簿をまとめてやろう」と後回しになり、挫折しやすくなります。長続きさせるために作業を定期的に続けていけるかを考えましょう。

家計簿を楽にするお小遣いテクニック

しっかりと家計簿を付けて家計を管理しつつ、さらにお金を貯めるテクニックを駆使すればより家計が楽になりますよ。

売って稼ぐ

不用品を売ることで、不用品がなくなりすっきりするだけでなく、稼ぎにもなります。フリマアプリを使えば、販売も簡単です。出品数を増やして1ヶ月で3万円以上稼いだ人もいます。

ネットで稼ぐ

スマホやパソコンを使い、アンケートやモニターで稼ぐ人もいます。スマホやパソコンは好きな時間に作業ができる点が魅力です。アンケートサイトやポイントサイトで稼ぎたい人は、とにかく「数」をこなすことです。普段からアンテナを張って情報をキャッチし、身近な流行や関心事項をコメントに取り入れることが大切です。

趣味を活かして稼ぐ

趣味に夢中になり、そのスキルで収入に結び付ける人もいます。はじめは趣味として始めたことが、好きで続けていくうちに腕が上がり稼げるようになることもあります。プロ並みに稼ぐ人も、最初は個人的な趣味からのスタートです。自分の好きなことを独学でコツコツとテクニックを磨き、時間をかけることで稼げるほどのスキルを身に着けています。

あなたにおすすめ

ピックアップ