メディア個別 おすすめの家計簿ソフト10選!3日坊主にならないコツや選び方も紹介! | あなたは家計簿どうしてますか? | ママの知りたいが集まるアンテナ「ママテナ」
ママの知りたい情報が集まるアンテナ

ママテナ

おすすめの家計簿ソフト10選!3日坊主にならないコツや選び方も紹介!

第18回 あなたは家計簿どうしてますか?
「家計簿=手書き」で手間のかかるイメージは過去のもの。自分に合ったソフトをチョイスすれば、もっと楽しく家計の管理をすることができるはずです。ぜひ参考にしてみてください。

家計簿ソフトを選ぶ際に欲しい機能

家計簿は使い勝手がいいだけでなく、自分の目的や嗜好に応じたチョイスが大事になります。お買い物は毎日の事ですし、管理がおっくうになるようでは継続するのも難しくなってしまいますよね。

豊富な費目名

家計簿ソフトは、豊富な費目が用意されたものが望ましいです。内容が大まかすぎると、自分の支出のスタイルがどのようなものなのかを把握しきれず、目標金額までの改善点をピックアップしにくいことがあるからです。食費・消耗品・光熱費・娯楽費・交通費・通信費・保険料・税金などの項目はさらに詳細まで管理できるものが良いですね。手書きの家計簿で項目を増やすと大変ですが、ソフトでならかかる労力はさほど代わりませんよ。

日計り入力

支出の内容を溜めることなくその日のうちに入力できることも、家計簿を快適に使用できるポイントです。入力が滞ると、その分レシートや領収書の量もどんどん増えるので、まとめて入力することが大変になってしまいます。日計り入力ができれば、家計簿の管理を習慣づけることが可能になりますよ。

家計簿ソフトの選び方

数値管理に長けているという理由で、家計簿にエクセルを編集して使う人が多いです。Microsoftがサポートしているという点においても、信頼度が高いですよね。しかし、家計簿ソフトを使う上で最も重要視すべきはとにかく簡単に操作でき、わかりやすくて長続きすることができるものを選ぶことです。どんなに優れた機能を持っていても、使いにくさを感じてしまうとせっかくの家計簿管理が重荷になってしまいます。入力した内容がグラフ化されたり、支出が膨らみがちな項目を教えてくれたりと、わかりやすい機能を持っていることもポイントです。

無料ソフトを選ぶリスク

ソフトを使って始める際、まずは無料のものから使いたくなりますよね。ところが、無料ソフトにはいくつかのデメリットが存在します。

一つは、ソフトの製作元がサポートを打ち切ってしまう可能性があること。OSがアップデートされると使えなくなることがあるため、それまでコツコツと入力してきたデータを失うことになってしまいます。最初は無料ソフトで試す期間があったとしても、そのソフトが将来サポートの続くものかどうかを確認することも重要ですよ。

もう一つは、費目が大雑把だったりグラフ化機能がなく視認性に乏しかったりすることもあり、管理が長続きしにくくなるケースもあります。

家計簿のおすすめソフト5選

これらのポイントを押さえた、おすすめの家計簿ソフトをご紹介します。どれも見やすさや使いやすさに優れたものなので、デザインなどの嗜好と合わせて参考にして下さいね。

てきぱき家計簿マム9(テクニカルソフト)

1994年から続いている最も歴史ある家計簿ソフトです。現在までしっかりと機能がアップデートされていて、非常に信頼できるソフトと言えます。おサイフケータイや交通系電子マネー、nanacoやWAONといった電子マネーを別売りの専用リーダーを使って読み取ることができ、電気、ガス、水道使用量を細かく項目分けして管理することもできます。

さらにそれぞれの費目ごとにグラフ化することが可能で、アイコンのデザインが豊富なので視認性にも優れています。最新のVer.9では、カレンダーのデザインが一新されて1ヶ月のキャッシュフローが容易に見渡せるようになっています。また、購入したものの画像を入れることもできてとても見やすいですよ。旧バージョンのデータを取り込むことも可能なので、久しくバージョンアップしてない方にとっても安心です。

主婦の友デジタル家計簿4(筆まめ)

メニューが絞り込まれたシンプルな仕様になっているので、初めて家計簿ソフトを試したい方にも使いやすいソフトです。支出を費目ごとに管理できる「袋分け方式」と、デイリーで管理できる「日計方式」が選択でき、20年後までの収支予測ができる機能も付加されています。最新のVer.4では、目標金額の達成度や前月との実績の比較を確認でき、さらにアドバイスまでくれる機能付きです。

誰でも出来る家計簿5(アイアールティー)

値段もお手ごろで、「誰でも使える」をモットーに開発されているソフトです。初めて家計簿ソフトを使う人向けに作られており、溜まったレシートの情報をどんどん入力して日付ごとに情報管理ができる仕様になっています。現金・預金・ローンなど複数の支出が管理できる機能もありますよ。

Superうきうき家計簿Ver.5(イーズ)

通帳入力、口座出納帳、ローンシュミレータなどが搭載されている本格的な家計簿ソフトです。通常の入力方法に加えて、レシートに基づいた管理ができ、必要に合わせたオリジナル項目の登録も可能です。有料版がメインですが無料ソフト版も用意されているので導入しやすくなっていますよ。

やさしく家計簿v.3.0(エヌジェーケー)

レシートをそのままスキャンし、OCR機能でデータ認識できるという特色があります。もちろんスキャンした後も手動でデータの編集ができますし、手間のかかるデータ入力の工程を省くことで家計簿管理が長続きしやすくなりますよ。スマートフォン用アプリの「レシートストック」と連携したデータ管理も可能です。パッケージ版にはレシートスキャン用のスキャナが同梱されています。

家計簿のおすすめWEBサービス5選

クラウドの進化は、Webブラウザやスマートフォンだけによる家計簿ソフトの利用を可能にしています。スマートフォン用のアプリも数多く開発され、本来データ入力に手間のかかる家計簿管理がユーザーにとって容易になりつつあります。そんな中、多くのサービスは無料で使える分、広告が貼られていて視認性が気になったり、サポート終了によるサービス停止したりするリスクもあります。Webブラウザだけで利用できるソフトには、他のユーザーと比較することで内容改善ができる利点があり、パソコン用ソフトと何ら遜色のない機能を持っているものが多くあります。

Zaim

ユーザー数が最も多いソフトの一つです。無料なのに非常に高機能で、パソコン版の他にスマートフォン用アプリもあります。各支出項目について、他のユーザーの数字と比較することができ、レシートの自動入力機能や各金融機関のデータを取得することも可能です。非常におすすめの家計簿ソフトですよ。

マネーフォワードME

銀行の入出金や証券会社などの情報を一括管理でき、自動的に家計簿が生成されていくシステムが搭載されています。スマートフォン用アプリでも確認でき、最新の預貯金額や目標管理が可能となっています。入出金情報から、カードの不正利用有無をチェックすることもできますよ。

MoneyLook

家計簿というよりは、家計簿ソフトと併用して毎月の収支を銀行や証券会社のデータから確認することができる、資産管理に特化した製品です。

Money通帳

金融機関やクレジットカード会社のWebサイトからオンラインでデータを取得、家計簿への取り込みが可能なソフトです。費目も3,000種類が登録されているため細かく管理することが可能で、簡単操作のカレンダーによるスケジュール管理もできます。細かく正確な家計簿管理をしたい方に向いています。

わが家の家計簿がまぐち君v4Mini

収入、支出、振替、集計、グラフ、管理のページに絞って作られたシンプルなソフトです。あいまいに入力しても自動アシストで文字候補が自動で出てくるので、マウスのクリックのみで進められる利便性があります。ノートをめくる感覚で使えるため、これまで手書きの家計簿を使っていた人でも使いやすいですよ。費目カスタマイズの自由度も高く、バックアップ機能やパスワード設定によるセキュリティー機能も充実しています。

関連リンク:家計簿についての知識を網羅して知りたい!

関連リンク:家計簿=ゲーム??どうしても長続きしにくい人必見の新感覚家計簿ソフト

関連リンク:ライフスタイルに合った家計簿ソフトを選んで、三日坊主からの脱却を

あなたにおすすめ

ピックアップ