メディア個別 家計簿は簡単に手書きすることもおすすめ!その理由とやり方、項目の決め方も | あなたは家計簿どうしてますか? | ママの知りたいが集まるアンテナ「ママテナ」
ママの知りたい情報が集まるアンテナ

ママテナ

家計簿は簡単に手書きすることもおすすめ!その理由とやり方、項目の決め方も

第19回 あなたは家計簿どうしてますか?
手書きの家計簿は、Excelやアプリよりもつけるのが大変と思われる人もいるかもしれません。しかし実は、手書きのほうが手軽にお金の動きを管理することができます。手書きで家計簿をつけるコツを知って、目的に合った家計簿をつけられるようになりましょう。

家計簿は簡単に手書きがよい理由

家計簿には様々な種類があります。市販されている手書きの家計簿のほかに、Excelやノートを使って自分で作る方法やスマホアプリでレシートを撮影して記録する方法など、記録の手法も様々です。Excelやスマホアプリのほうが簡単そうに思えるかもしれませんが、これらの方法は購入したものをすべて手で入力しなければならないのが難点です。特に初めて家計簿をつける場合は、日常的に家計簿をつける習慣がないので、日々の作業が面倒くさくなってきてしまいます。一方手書きの家計簿の場合は、レシートを貼るだけで済ませる方法もあります。レジでレシートを貰うことだけ覚えておけば良いので、手間がかからず、初めて家計簿をつける場合でも続けることができます。

関連リンク:家計簿を無理なく続ける法則とは?

家計簿を簡単に手書きでつける方法

毎月つける家計簿は、日々の生活の中で現金を使ってやりくりした記録をつけるものです。食費や日用品の購入費、消耗品の購入など、お財布から現金を出し入れする際の動きを可視化します。現金でやりくりする支出のことを現金支出と呼びますが、家計簿で扱うのはこの現金支出のみです。銀行引き落としなど、現金以外の支出については同じ家計簿に記入せず、別の記録で管理してください。

毎月の費目を決める

家計簿をつける際に最初に決めるのが、現金でやりくりする費目です。食費、日用品費、外食費、化粧品費、衣類費などが一般的に費目として挙げられます。これらの費目から毎月管理したい費目を4~8費目程度選びます。費目は多すぎても少なすぎても上手く管理できませんので、特に管理したい費目をピックアップしてみてください。

費目を選ぶコツ

費目を選ぶ際のポイントは、以下の3つに分類して考えることです。
1.必ずかかる金額
2.娯楽のための金額
3.臨時でかかる金額

1. 必ずかかる金額
食費、日用品費、子どもの教育費などが当てはまります。生活を振り返ってみて、日常的に出費している費目を挙げてみてください。

2. 娯楽のための金額
衣類、外食、旅行費などが当てはまります。数ヶ月に1回程度発生する支出です。この支出は、「娯楽費」として設定しておくと手軽に管理することができます。

3. 臨時でかかる金額
友人の結婚式や車の車検費などに発生しない、その月だけの出費が当てはまります。毎月あるわけではないものの、季節やイベントに関連して時々発生する支出はこちらに含みます。これらはまとめて「特別費」として管理しておくと便利です。

おすすめの費目例

3つの分類に分けて費目を挙げたら、次に家計簿につける費目を選びます。例えば、以下のような項目が一般的です。
食費
日用品費
子どもの教育費
娯楽費

初めて家計簿をつける場合は、上記4つの費目から始めるのがおすすめです。この4つの費目に加えて、各家庭で必要な費目をいくつか追加してみてください。家計簿をつけるときに重要なポイントの1つは、「費目分け」を最初にすることです。特に「娯楽費」「特別費」という費目は、家庭によって内容が違います。この「娯楽費」「特別費」でどんな出費があるのか知ることで、日常生活以外での出費を明確にすることができます。家計簿は、ただつけるだけでは「記録帳」になってしまいます。記録をつけるだけでは、何年やってもお金は貯まりません。項目作りを工夫することで、楽に予算が守りやすい家計簿をつけることができます。これが、お金が貯まりやすい家計簿の秘訣です。

実際の記入例

費目を作ったら、日付、支出合計、残高の記入欄も追加して表を作成します。大学ノートを使う場合は、横線は既に引いてあるので縦線だけ引けば完成です。もしそれも大変なら、縦線は引かなくても問題ありません。項目が多くなってしまった場合は、見開き1ページをまるまる使ってみてください。記入すると、以下のようになります。残高は、お財布の中に入っている現金の合計額です。銀行からお金をおろした場合は、()をつけておろした金額を記入してください。買った商品を一つひとつ書く必要はありません。あくまでお金の管理が目的ですので、使用用途だけ明確にしておけば大丈夫です。

家計簿を「目的別」で簡単につける方法

家計簿をつける目的は、大きくわけて3つあります。家計簿をつけ始める多い理由が「家計改善」です。家計簿をつけることで、どこにどんなお金を使っているのか明確にすることができます。お金の使い方の問題を発見すれば、それを改善することができますよね。また、「お金の記録」が目的の場合もよくあります。お金の記録を残しておけば、あとでお金の使い方を見直すことができます。定期的にお金の記録を振り返ることで、生活を見直すきっかけになりますよ。「現状把握」が目的という人もいます。お金の使い方について考えるためには、まずは今どのような使い方をしているのか把握することが大切です。計画通りに資産が増えているのか、支出が増加傾向になっていないか、定期的にチェックすることで、早いタイミングで問題を発見することができます。問題が見つかったら、目的を「家計改善」に切り替えましょう。家計簿をつける目的によって、最適な家計簿の付け方は異なります。ここからは、それぞれの目的に沿った家計簿の付け方について紹介していきます。

目的が「家計改善」のとき

短期間でいいので細かく記録する
かならず「振り返り」をする
かならず「改善案」も考える
この3つのポイントを守ることが大切です。家計改善が目的のときは、現状なにか問題がある状態です。その問題が改善されているか振り返りをし、改善されていなければ改善策を考える。これを繰り返すことで、少しずつ家計は改善されていきます。家計簿自体は紙でもアプリでもよいですが、おすすめはレシートをノートに貼り付ける家計簿です。使い方を確認してみましょう。

紙のノートとレシートで家計簿をつける

用意するものは、B5サイズのノート、セロハンテープ、ペンです。方法は簡単で、ノートにレシートを貼り付けるだけです。レシートは重ねないように、全体が見えるように貼ってください。もしレシートが長くてノートに収まらない場合は、折り目を入れて対応するようにしましょう。レシートを重ねないことで、後で見返したときにチェックしやすくしています。重ねて貼ってしまうと、見返すのが大変ですよね。目的は「家計改善」ですので、見返すのが大変では長続きしません。

レシートを見て無駄をチェックする

家計改善をするためには、レシートをまとめるだけでは意味がありません。必ず振り返りをするようにしてください。一つひとつ買ったものを振り返り、本当に必要だったのか考えてみましょう。もし、「必要だから買った」のではなく「ほしかったから買った」物があれば、それは必ずしも今必要なものではない可能性があります。不要と思えるものを見つけたら、マーカーで印をつけていってください。ひと目で何が不要だったのかわかりますね。

無駄があれば対策を考える

マーカーを引けたら、改めて印をつけたものを見直してみましょう。「どんな傾向があるのか」「どんな無駄が多いか」考えてみてください。そして、気づいた点はノートに書き出していきましょう。それができたら、同じような無駄遣いを繰り返さないための対策を考えていきます。例えば「必要以上に買ってしまう」という傾向が見つかったら、
・買う前に本当に必要か考える時間を作る
・買う頻度を少なくする
など、自分なりの対策を考えてみてください。これを繰り返すことで、最終的にレシートの振り返りをしなくても無駄遣いしないようになります。

最初は週1回ぐらいでOK

振り返りの作業は、毎日行う必要はありません。週1回程度を目安に、振り返りをしてみてください。時間があるときにレシートを貼って、気が向いたときに振り返るくらいが丁度いいです。張り切って毎日振り返りをして、途中で面倒くさくなってしまっては本末転倒ですよね。ただ、慣れるまでは「週に1回○曜日に作業」のようにいつやるのか決めておくといいでしょう。スマホでアラームを設定したり、カレンダーに記入したりして、習慣化する工夫をしてみてください。

目的が「お金の記録」のとき

あとで見直すことを考えて、きちんと記録することが大切です。ただ、記録することが目的ですので、「家計改善」が目的のときよりは気軽に家計簿をつけることができるでしょう。ポイントは、「記録する方法や場所はきちんと決めておく」ことです。「今月はノートに手書き、来月はアプリで…」のように、記録方法を変えてしまうと、あとで見直すのが大変です。一度家計簿の付け方を決めたら、変えないようにしましょう。

現金の収支を記録するケース

現金の収支を記録する場合は、レシートを貼り付けて保存する方法がおすすめです。Excelやアプリを使った記録でも問題ありませんが、記入に時間がかからないものを選びましょう。目的が「お金の記録」だけの場合は、お金の動きが一覧で確認できれば問題ありません。現金の収支はレシートで管理し、レシートがないお金の動きだけ別途メモする方法が最もお手軽です。レシートを保存する方法には、
・「レシートを貼るだけの家計簿」を買う
・レシートの読み取りアプリを使う
・封筒にバサッと入れておく
といったものが挙げられます。お金の動きが見えることが大切なので、記録する方法は自分にあったものを選ぶと良いでしょう。

銀行口座・クレジットカードの履歴を保存するケース

銀行口座やクレジットカードなど、現金でないお金の動きを記録したい場合は、取引明細を利用するのがおすすめです。取引明細を印刷すれば、レシートと同様に保存することができます。ただし、紙で保存するのかPDFにして保存するのか、予め決めておくのが大切です。保存する場所がバラバラだと、見返す時に時間がかかってしまいます。紙で保存する場合は、ネットバンクなどのデータはプリントアウトして保存しましょう。データで保存する場合は、郵送される紙の明細をデータ化する必要があります。CamScannerというアプリを使うと、撮影した文書をデータ化することが出来るのでおすすめです。PCに保存したい場合は、Dropboxで共有、自分宛てにメールするなどの方法があります。一番やりやすい方法を見つけてくださいね。

収支をアプリで記録するケース

アプリで記録する場合は、銀行などの取引履歴を自動で読み込む家計簿アプリを使うのがおすすめです。銀行やクレジットカード、電子マネーなどの情報を自動で読み込んでくれるものも多いので、自分にあったアプリを探してください。ただし、現金の収支は手で入力する必要があります。それが手間に感じる場合は、レシートの読み取り機能がついたアプリがおすすめです。レシートが無い買い物の場合だけ直接入力しましょう。アプリを使う場合、登録作業や設定が面倒に思うかもしれませんが、登録した後はほとんど自動で記録してくれます。ただ、長期間保存したい場合は有料プランへの登録が必要かもしれません。実際に使い始める前に、機能について知っておくとよいでしょう。

目的が「現状把握」のとき

「現状把握」が目的の場合は、収支を細かく記録する必要はありません。ざっくりとお金の流れが分かればOKです。

ノートやエクセルで管理する

自分でノートやExcelに表を作って管理する場合は、「収入」「支出」「予算」の3つの項目を作って管理するのが一般的です。どれくらいの収入があり、どれくらい使える予定で、どれくらいお金を使っているのか。これがわかれば、現状はほぼ把握できたと言っていいでしょう。

アプリで管理する

家計簿アプリで現状を把握する方法もあります。例えばマネーフォワードは、銀行やクレジットカードなど、さまざまな履歴を自動で取得してくれます。自分で作業するのは現金の支出程度ですので、手軽に現状把握をしたい人にはおすすめのアプリです。家計改善ができていて、たまに家計の状況をチェックする程度であれば、この方法で問題ありません。ぜひ、自分にあった家計簿のつけ方を探してくださいね。

あなたにおすすめ

ピックアップ