メディア個別 電子レンジで簡単に卵料理を作ってみよう!お弁当にも役立つレシピ集 | はじめてライフ | ママの知りたいが集まるアンテナ「ママテナ」
ママの知りたい情報が集まるアンテナ

ママテナ

電子レンジで簡単に卵料理を作ってみよう!お弁当にも役立つレシピ集

第3804回 はじめてライフ
ゆで卵やオムライスなどさまざまな料理ができる卵は、毎日の食事やお弁当のおかずなどに欠かせない便利な食材です。とはいえ、卵料理は作るのに時間がかかることがあり、卵を調理するのに使うフライパンや鍋を洗う必要もあるので、忙しい朝は大変に感じるのではないでしょうか。そんな人に試してほしいのが、簡単にできる卵の電子レンジ調理です。この記事では、レンジで作る基本の卵料理レシピから、お弁当用の卵料理レシピまでを詳しく紹介します。

クックパッドなど人気のレシピ情報が満載!(by dグルメ)

電子レンジで卵料理を作る前に!卵をそのまま加熱しないこと

電子レンジで卵料理を作るときは、卵をそのまま電子レンジで加熱してはいけないことを覚えておきましょう。卵をそのまま電子レンジで加熱すると、卵が爆発して飛び散ってしまうからです。
電子レンジはマイクロ波を出して、温める食品を小さく振動させることによって熱を発生させています。そのため、その熱の逃げ道が必要です。そのままの状態の卵は熱を逃せる通り道がなく、殻や膜に覆われているため熱がこもって爆発を起こしてしまうのです。殻つきの割っていない生卵だけでなく、割った状態の卵やゆで卵も爆発してしまうので注意が必要です。
電子レンジで卵を加熱する場合は、レシピによってそれぞれ爆発させない調理方法があるため、きちんと確認しましょう。

電子レンジで作る基本の卵料理レシピ

では、電子レンジで作る基本の卵料理のレシピを紹介します。電子レンジで作れば、鍋もフライパンも必要ありません。洗い物が減って、毎日の食事の準備が楽になります。基本のレシピをおぼえて、そのまま調理するのはもちろん、オリジナルレシピにアレンジしてみても良いでしょう。

目玉焼き

目玉焼きをレンジで作るときは、まず直径10cmくらいの小皿に卵を割ります。その卵の白身部分を一本の箸ですくい上げるようにして、やさしく10回くらい押し上げながら切るようにして箸を通します。黄身にも軽く1~2回、箸を突き刺しておきましょう。
これを600Wのレンジで1分加熱しますが、最初は50秒ほどで様子を見ると安心です。加熱できたら、熱いうちに目玉焼きの周りを箸でくるっと通して卵を皿から取り出します。この方法なら卵が爆発することはなく、皿に卵がくっつくこともなく簡単に作れます。

ゆで卵

ゆで卵を作るときは、まず卵全体をアルミホイルでしっかりとくるみます。一部でもたまごが見える部分がないように、しっかり包むことがポイントです。次に耐熱マグカップに水200mlを入れ、アルミで包んだたまごを入れます。アルミから火花が出るのを防ぐため、水からたまごが出ないようにしましょう。それをマグカップごと、500Wのレンジで10分加熱すれば完成です。レンジから取り出して卵を水で冷やし、しばらくおいてから皮をむきます。
お湯を沸かすのが面倒なときや、お弁当用に1つだけゆで卵を作りたいときなどはこの方法が便利です。

温泉卵(半熟卵)

温泉卵(半熟卵)の作り方は、まず冷蔵庫から出したばかりの卵を湯呑みなどの耐熱容器に割り落とします。そこに大さじ2の水を加え、爪楊枝で卵に一か所穴を開け、容器ごと800Wのレンジで30秒加熱すればでき上がりです。
冷蔵庫から出したての冷たい卵を、冷めている状態のレンジで30秒だとやや早い感じです。加熱時間は、レンジのW数によって調整しましょう。卵と一緒に合わせるのがラーメンやうどんなどの温かい物なら余熱で固まるため、早めに取り出しても問題ありません。30秒で一度出して様子を見て、数秒ずつ追加で加熱すれば、好きな半熟具合や好みの硬さに仕上がります。
サラダやラーメンに入れるなどいろいろなアレンジが可能で、半熟具合を調節できる便利なレシピです。

スクランブルエッグ

朝食に定番のスクランブルエッグを作るときは、レンジ対応のマグカップまたは小さめの深皿を用意し、少量のサラダ油やオリーブ油を浸したペーパータオルで容器の内側の底と側面に油を塗りつけます。黄身を割らないように卵を割り入れ、牛乳または生クリーム大さじ1を加えます。全体が薄い黄色のなめらかな状態になるまでフォークでよくかき混ぜたら、レンジ対応の皿またはペーパータオルを載せて容器に蓋をしましょう。電子レンジで45秒加熱し、一度取り出して蓋を開け、卵がふんわりするようによく混ぜます。ここで、大さじ1くらいの細切りチーズや、一つかみのわけぎのみじん切りなど、好みのトッピングを加えても良いでしょう。さらに30秒加熱して取り出し、卵に火が通ったかどうかをチェックします。まだ柔らかい場合は、さらに15秒加熱してみましょう。
電子レンジで作るお弁当用の卵料理レシピ
次に、電子レンジで作るお弁当用の卵料理のレシピを紹介します。忙しい朝に作るお弁当は、電子レンジを活用すればスピーディーかつ簡単にでき上がります。お弁当の定番ともいえる卵焼きやオムレツのレシピをおぼえて、おいしいお弁当を作りましょう。

卵焼き

お弁当に定番の卵焼きを作るときは、まずレンジ対応の耐熱皿を用意し、皿にラップをぴったりと貼りつけて下に敷きます。次に、卵にめんつゆやだしの素、塩など、好きな調味料を少々加えてよく混ぜ、皿に流し入れます。上からはラップをかけずに、500Wのレンジで1分加熱しましょう。加熱後皿を取り出して、端のほうからラップごとくるくると巻き、巻き終わりをキャンディーのようにして両端を絞ります。ラップに包んだ状態のまま放置して粗熱を取れば、余熱で火が通ります。冷めたらラップを外し、適当な大きさに切れば完成です。
調味料によって水分量が多くなるので、半熟気味の場合は、巻き終わった状態でさらに500Wで20秒加熱してみましょう。

チーズオムレツ

チーズオムレツをレンジで作る方法は、下記の通りです。
耐熱容器に卵を溶き、とろけるチーズをちぎって入れて軽く混ぜます。ラップをして500Wのレンジで40〜50秒加熱し、一度取り出して裏表をひっくり返してさらに40〜50秒加熱します。取り出してみて、ふんわりと丸くなれば完成です。ケチャップをかけ、パセリをふって盛りつけましょう。
マグカップのような深めの器一つでできて、簡単で洗い物も少なく、お弁当の隙間を埋めるのにとても便利なレシピです。

ハムエッグ

ハムエッグをレンジで作るときは、ハムが軽くお椀状になる程度の大きさの器にハムを載せ、卵を割り入れます。そこに軽くコショウを振り、またハムを載せて、しっかりラップをかけます。500Wのレンジで容器が1つの場合は3分、2つの場合は3分半加熱しましょう。レンジから取り出したら、上から布巾などで軽く押して空気を抜きます。少し冷ましてからラップを外し、卵の周りに包丁を入れてお皿から外してカットすれば完成です。
ハムの塩分だけでも十分おいしいですが、濃い目の味つけが好きなら塩を足しても良いでしょう。ハムと卵の色合いがきれいなので、お弁当の中でも映える一品です。フライパンで作ると意外と難しいため、ぜひ電子レンジでチャレンジしてみましょう。

オムライス

応用編として、オムライス弁当もレンジで作ることができます。
まず、あらかじめフライパンなどでケチャップライスを作っておきます。次に、ボウルの中に卵を溶き入れ、牛乳を加えてよく混ぜ、チーズを加えてさらに混ぜましょう。少し深めの皿にラップをゆったりと敷いて、そこに卵を流し入れます。ラップを軽くかけ、500Wのレンジで1分30秒加熱します。取り出した卵の半分にケチャップライスを載せ、卵をたたむようにして二つに折りましょう。ラップの上から形を整えて、好みのソースをかければ完成です。
卵は半熟のほうがきれいにたためます。家庭の電子レンジに合わせて、加熱が足りない場合は30秒ずつ追加で加熱してみましょう。
電子レンジなら、余ったケチャップライスや冷凍のケチャップライスなどを使って、簡単に少量のオムライスが作れます。

電子レンジをうまく活用して時短で卵料理を作ってみよう

電子レンジをうまく活用すれば、おいしい卵料理を時短で作ることができます。鍋やフライパンを使わないので大きな洗い物が出ることもなく、忙しい朝の朝食やお弁当作りに役立ちます。さっそく電子レンジで簡単な卵料理を作ってみましょう。

あなたにおすすめ

ピックアップ