メディア個別 良いことばかりではない?ノンシリコンシャンプーの落とし穴! | 注目のヘアケア情報をまとめてチェック! | ママの知りたいが集まるアンテナ「ママテナ」
ママの知りたい情報が集まるアンテナ

ママテナ

良いことばかりではない?ノンシリコンシャンプーの落とし穴!

第5回 注目のヘアケア情報をまとめてチェック!
美容室だけでなく、薬局やドラッグストアでもよく見かけるようになったノンシリコンシャンプー。なんとなく髪と頭皮に良さそう…というイメージを持っている方も多いと思いますが、使用する上でデメリットや注意点などはないのでしょうか?

シリコン入りシャンプーの「シリコン」の役割とは?

シリコンとは化学反応によって作られた人工化合物質のこと。ここ数年、オーガニック製品の流行から「化学的な物質は悪者!」と一般的に捉えられがちですが、シリコンの場合ダメージケアのヘア成分としては一概に悪いものとは言えなそうです。

〜シリコン入りシャンプーの「シリコン」の役割とは?〜
シリコンはシャンプーなどに配合される際、とろみのあるシリコンオイルという状態に加工されているのですが、このシリコンオイルが髪に付着するとキューティクルが綺麗にコーティングされることから、手触りがサラサラになったり髪のツヤが向上したりするなど嬉しい効果が期待できるんだとか。

ではなぜシリコン入りシャンプーが悪者扱いされているのでしょう?それは「毛穴に詰まりやすい」という説が流れたからと言われています。

シリコン入りシャンプーに配合されているシリコンオイルはストッキングのような網目状になっているため毛穴に詰まる可能性は非常に低いようです。ただ、シリコンオイルは髪全体を被膜で覆いまとめてしまうので髪がボリュームダウンする傾向にあります。もともと髪の毛が細い方やボリュームを出したい場合はノンシリコンタイプのシャンプーを使用すると良いでしょう。

良いことばかりではない?ノンシリコンシャンプーの落とし穴!

ノンシリコンシャンプーのメリット・デメリット

ノンシリコンシャンプーのメリットは、根元からふわっと持ち上げてナチュラルなボリュームが出せるそう。逆にデメリットは、パサつきやキシキシ感が出やすくなります。

これはシリコンによるコーティングがないことが大きな理由です。さらに、ドライヤーなど外部からの刺激が直接届いてしまうため、既に髪に大きなダメージを抱えている方が使用するとダメージがより悪化してしまうケースが考えられると言われています。

ノンシリコンシャンプーは合う髪質と合わない髪質があるため、まずは自分自身の髪質の特徴を知って、自分に合ったシャンプーを毎日のヘアケアに取り入れていくようにしましょう!

良いことばかりではない?ノンシリコンシャンプーの落とし穴!

■この記事は編集部&ライターの経験や知識に基づいた情報です。個人によりその効果は異なります。ご自身の責任においてご利用・ご判断ください。
文・川本えりな
文・川本えりな
日々のスキンケア・ヘアケアに関する情報をお届けしている。人生は一度きり!美活を通して一緒にワクワク・ドキドキするような毎日を描いていきましょう。LIKE:猫・カフェ巡り。
日々のスキンケア・ヘアケアに関する情報をお届けしている。人生は一度きり!美活を通して一緒にワクワク・ドキドキするような毎日を描いていきましょう。LIKE:猫・カフェ巡り。

あなたにおすすめ

ピックアップ