メディア個別 食べてもいいの!?炭水化物だけのおにぎりダイエット | 今日のこれ注目!ママテナピックアップ | ママの知りたいが集まるアンテナ「ママテナ」

食べてもいいの!?炭水化物だけのおにぎりダイエット
~今日のこれ注目!ママテナピックアップ~

ダイエットを始める際、脱・炭水化物というのが常識になりつつあります。しかしその反対となる、食生活をおにぎり中心にするダイエット方法が、芸能人などが行っていることがきっかけとなり、話題になっているのです。

食べてもいいの!?炭水化物だけのおにぎりダイエット
 

●おにぎりダイエットとは

おにぎりダイエットは、麺やパン、餅といった原型の残っていない加工された炭水化物を避け、ご飯(おにぎり)をメインで食事をする方法。また、おにぎりダイエットは体質改善をしてダイエットをする方法のため、体内環境が生まれ変わる3週間を目標に行うそう。体質改善がメインであるため、既に痩せている場合はあまり効果がなく、中肉から肥満の場合に適しているのだとか。

●おにぎりダイエットの方法

まず期間は3週間続けること。毎日白米2合分のおにぎりを1日3~4回に分けて食べ、おかずは野菜をメインにし、肉や魚、糖質の多い果物やアルコールは我慢しましょう。おにぎりを食べる目安としては朝に1個、昼に2個、夜に1個が良いとされています。野菜をサラダで食べる際には、油分が含まれるドレッシングは避け、ぽん酢やノンオイルドレッシングを使うように気をつけましょう。おにぎりの具はおかかや梅干し、昆布やごま塩など低カロリーなものを使用し、ツナや明太子といった具材や、お米以外の炭水化物は絶対にNGです。特にいも類はサラダに紛れている可能性もあるので気をつけてください。ダイエット期間中に味噌汁は飲んで問題ありませんが、使う具は野菜だけにし、他の水分補給は水かお茶だけで我慢しましょう。

●ダイエットで栄養が不足しないように注意

おにぎりダイエットは長く続けるダイエット方法ではありません。3週間の目安をしっかり守り、期間中に不足しがちな栄養はサプリメントなどで補うことが大切です。また、体質改善に多くのエネルギーを使うため、体調を崩しやすくなっているので、おにぎりダイエットを行っている期間中は過度な運動は避けましょう。さらに3週間が過ぎたら様子を見ながら少しずつ元の食事に戻していくのがポイントです。自分の体重の5%の減量を目標として、無理をしないことも大切とのこと。

日本人なら毎日でも食べたいご飯。それを食べないダイエットはなかなかつらいものがありますが、毎日ご飯が食べられるなら、他のダイエットよりも続けられそうですね。
(文・姉崎マリオ/考務店)
この記事へのご意見はこちら
PAGETOP