メディア個別 親子で話そう!子ども部屋のルール | 新年度に向けて考える、作る?作らない?子ども部屋 | ママの知りたいが集まるアンテナ「ママテナ」
ママの知りたい情報が集まるアンテナ

ママテナ

親子で話そう!子ども部屋のルール

新年度に向けて考える、作る?作らない?子ども部屋
子ども部屋を作る際、「ルールが必要」と考える親は少なくない。すぐに思い浮かぶのは、片付けや掃除のことかも。でも、その前に親子で決めたい大切なルールがあるという。

「扉の開閉ルールと親の入室のルールです。これらは、子どものプライバシーと親子のコミュニケーションについて関わりがあります」

こう話してくれたのは、子どもと住文化研究センター、理事長の北浦かほる先生。具体的なルールの決め方を聞いてみた。

●子ども部屋の扉のルール

「部屋の扉は原則として開けておく。誰にも入って来てほしくないときには、その合図として扉を閉める。扉が閉じているときには、家族はノックをして入るなどです。子どもたちは部屋の開閉などを自分で決めることで、他人との関係を保ち、自分を守ることを少しずつ学んでいきます」(北浦先生 以下同)

ちなみに、部屋に入るときのノックは、幼児期から子どもに教えておくといいそう。

親子で話そう!子ども部屋のルール

●親の入室ルール

「子どもが部屋にいないときは、親は子ども部屋には入らない。子どもがいるときには、親はどんどん入っていき話をするなどです。日本では子どもがいないときに入って、片付けをすることも多いようですが、幼い子どもにもプライバシーがあります。大事なことなので、親子で納得のいくまで話し合い、ルールを作っていきましょう」

小さい頃から、親は遠慮せず、子ども部屋に出入りしておくと、思春期になってからも子ども部屋が「子どもの聖域」になりにくいという。

●子ども部屋を管理させるために

扉のルールと親の入室のルールを決めたら、片付けなど生活に関わる細かなことを決めていく。

「衣類の収納方法を教えて収納させる、子ども部屋の掃除や寝具の整理の仕方を教えて、自分でできるようにするなどです。それぞれどのようなやり方でやっていくか、具体的に親子で話し合い、取り決めておきましょう。片付けも掃除も子どもと一緒にやることで、やり方を学ばせていきましょう。それも貴重な親子のコミュニケーションです。子ども部屋のルールには、子どもの権利的なことと、掃除や収納など義務的なことがあり、どちらも守らせることが大切です」

ゲームやスマホの部屋での取り扱い、友だちを呼ぶ・呼ばないなど、学年が上がるたびにルールは増えていくだろう。その都度、親子で時間をかけて話し合い決めていく。そんな親の態度が大切だ。
(川野ヒロミ+ノオト)

お話をお聞きした人

北浦かほる
子どもと住文化研究センター理事長 大阪市立大学名誉教授
大阪私立大学名誉教授。学術博士。NPO法人子どもと住文化研究センター理事長。専門分野は居住空間デザイン学、環境心理学。著書は『世界の子ども部屋』など多数。
大阪私立大学名誉教授。学術博士。NPO法人子どもと住文化研究センター理事長。専門分野は居住空間デザイン学、環境心理学。著書は『世界の子ども部屋』など多数。
住まいの絵本にみる子ども部屋―自律をうながす空間の使い方―
住まいの絵本にみる子ども部屋―自律をうながす空間の使い方―
井上書院
1,944円
日本と欧米の比較を踏まえ、子ども部屋の機能や役割について考える。
日本と欧米の比較を踏まえ、子ども部屋の機能や役割について考える。
世界の子ども部屋―子どもの自立と空間の役割
世界の子ども部屋―子どもの自立と空間の役割
井上書院
1,944円

海外のさまざまな国の親子関係や、子ども部屋の様子を広く知ってもらうことによって、従来の「子ども部屋観」からの視点を広げる。子どもの成長の過程で、空間は子どもの自立を助ける役割を果たすことを紹介。

海外のさまざまな国の親子関係や、子ども部屋の様子を広く知ってもらうことによって、従来の「子ども部屋観」からの視点を広げる。子どもの成長の過程で、空間は子どもの自立を助ける役割を果たすことを紹介。

あなたにおすすめ

ピックアップ