メディア個別 上質な睡眠は、香りのリラックス効果から | 香りを上手に取り入れて!毎日を心地良く | ママの知りたいが集まるアンテナ「ママテナ」
香りを上手に取り入れて!毎日を心地よく 

上質な睡眠は、香りのリラックス効果から
~香りを上手に取り入れて!毎日を心地良く~

暖かい日が続き、休日は家族で楽しい時間を過ごす方も多いのではないでしょうか。子どもを連れてのおでかけは、今しかできない思い出作りに楽しいのはもちろんですが、帰宅後にどっと疲れてしまうというのが本音ではありませんか? そんな疲れをいやす上で、良質な睡眠は欠かせません。今回は、良い眠りをとるためにできる香りを取り入れたリラックス方法をいくつかご紹介します。

眠る親子
 

リラックスにおすすめの香りは?

アロマオイルをはじめ、香水やハーブ。私たちの周りにはたくさんの香りを取り入れたアイテムがあります。香りの成分は、脳まで届き、自律神経系などを刺激することができます。星の数ほどある香りの中で睡眠前におすすめなのは、緊張感を和らげてくれるオレンジ・スイートや、身体のリズムを整えリラックスさせてくれるラベンダーです。反対にペパーミントやレモンなどの香りは、頭をすっきりさせてしまうので睡眠前の使用は避けるのが無難です。アロマディフューザーでこれらの香りを部屋に立ち上らせるだけでも十分リラックス効果を得ることができます。
アロマディフューザー
 

香りのリラックス効果をさらに底上げ!

香りの取り入れ方として簡単にできておすすめなのが入浴です。お風呂に精油を1~5滴たらしてかき回すだけ。香りを楽しみながら10分ほど入浴すると、心身ともにリラックスできますよ。ただ、アロマオイルが肌に合わない方もいるので、必ず事前にパッチテストをしてください。また、妊娠中の方は医師に可能かどうか確認しましょう。残念ですが、刺激に弱い乳幼児や肌の弱い幼児もNGです。

アロマ入浴がNGだった方には、肌に直接触れないので安心して取り入れられるアロマキャンドルをおすすめします。「1/fのゆらぎ」という言葉を聞いたことはありますか? これは、心臓の鼓動や小川のせせらぎなどと同じリズムやゆれのことで、このゆれには私たちをリラックスさせる効果があるといわれています。そして、キャンドルの炎のゆれもこのゆれに該当するのです。先ほどご紹介したリラックス効果のある香りのキャンドルを使用すると、眺めているだけで嗅覚と視覚の両方からリラックス効果を得ることができるのです。
アロマキャンドル
 
これからの季節、ジメジメと湿気が多く暑い日が続きますが、ぜひご紹介したリラックス効果のある香りを取り入れ、しっかり眠ることで、毎日元気に過ごしてくださいね!
>この記事へのご意見はこちら
PAGETOP