メディア個別 駐妻たちの昼下がり | 駐在員妻の子育て事情 ベトナム・ハノイ編 | ママの知りたいが集まるアンテナ「ママテナ」
駐在員妻の子育て事情べトナムハノイ編 

駐妻たちの昼下がり
~駐在員妻の子育て事情 ベトナム・ハノイ編~

夫の仕事の都合で海外生活を送る奥様=駐在員妻(略して駐妻)。
平均的な日本人の賃金があれば充分にセレブ生活ができるとされる憧れの駐在員生活。
ベトナム・ハノイの駐在員妻から、その生活の実態を聞いてみました。

貯蓄の為の期間と割り切る

海外派遣者の平均的な赴任期間は3〜5年。
物価も日本よりぐっと安いため、貯金をするには本当にいい環境。さらに、海外勤務の間は駐在勤務手当が支給されるケースがあり、日本にいる時よりも、ダンナさまのお給料が上がるという方もいるとか。
みなさんこの赴任期間が貯めどき!と割り切り、堅実に貯蓄されることが多いようですね。

おしゃべりと習い事で時間を埋める!?

「朝、夫と子供を送り出したらする事が無い。あとは駐妻同士で、お茶をしながらおしゃべりをするのが日課。とにかく“ヒマ”」と語るのは駐在生活1年目のBさん。
その時間を埋めるために、駐妻仲間と、おしゃべりや習い事に時間を費やすというから何とも羨ましい。
そんな駐妻の間で今流行っているのは、なんとフラダンス!
ベトナムでフラダンスとは何ともミスマッチだがその理由とは?

「実は、大した理由はないんです。新しいお店がオープンしたとか、新しい習い事が始まったとか。そういった情報が入ればみんなが一斉に飛びつくんですよ。」
次にハノイの駐妻の間で、フラメンコや日舞が流行るなんて事も!?

駐妻に人気のカフェメニュー

駐妻たちがおしゃべりに興じるのはもっぱら市内のカフェ。フランス文化の影響を受けたオシャレなカフェで午後のひとときを過ごすのが駐妻の日常。だから、カフェ選びは毎日を楽しく過ごすためのとっても大事な要素の一つなんです。そんな駐妻たちがオススメする、人気なスポットがこのカフェ。
駐妻に人気のカフェ
 
ハノイ大教会のすぐ近くで、古き良き時代のベトナムをイメージした内装。店内は地元のベトナム人や欧米の旅行者が多く、日本人には近寄りがたいお店かと思いきや、そんな事は全く感じさせない落ち着いた雰囲気。そして、この店に来たら絶対飲んだ方が良いとオススメされたのが、Sua chua ca phe (スアチュアカフェ)。
スアチュアカフェ
 
Sua chua はヨーグルト、ca pheはコーヒー、スアチュアカフェとはミルクの代わりにヨーグルトを入れたフローズンコーヒーのこと。
ベトナムコーヒーの甘さとヨーグルトの酸味が驚く程マッチしていて、本当に美味しいと大評判です。
>この記事へのご意見はこちら
PAGETOP