メディア個別 意外に簡単!子どもも食べられる手作りキムチのレシピ | 今日のこれ注目!ママテナピックアップ | ママの知りたいが集まるアンテナ「ママテナ」

意外に簡単!子どもも食べられる手作りキムチのレシピ
~今日のこれ注目!ママテナピックアップ~

韓国の家庭料理といえばキムチ。白いご飯との相性もバツグン! 漬け込む時間こそかかりますが、作り方は意外と簡単。家でも作ることができます。キムチ好きはもちろん、白菜をあまらせてしまったときにも保存レシピとしてチャレンジしてみませんか?

意外に簡単!子どもも食べられる手作りキムチのレシピ
 

●キムチの作り方

材料は、白菜(1/2株)、水(5カップ)、塩(1/2カップ)、ニラ(1束)、リンゴ(1個)、タマネギ(1個)、にんにく(1片)、ショウガ(15g)、唐辛子(15本)、乾燥エビ(20尾)、チリパウダー(大さじ2杯)、塩(大さじ2杯)、ハチミツ(大さじ1杯)。

1)白菜を縦に4等分にして、水と塩1/2カップを混ぜて塩水を作り、大きめの容器に白菜と塩水を入れて冷蔵庫で一晩寝かせます。
2)冷蔵庫から白菜を出したら水気を切り、白菜とニラ以外の材料をフードプロセッサーに入れてペースト状にします。
3)手が痛くないようゴム手袋をして、白菜1枚ずつに2)で作ったペーストを塗り込み、ニラと一緒に密閉容器に押し込みます。
4)常温で2日、冷蔵庫で2週間寝かせればできあがり!

唐辛子の量を調節すれば、激辛、ピリ辛、甘めのものまで、好みに合わせて作れます。お子さん用と大人用で半分ずつ分ければ、家族みんなで楽しめますよね。

おいしくできたキムチは、そのまま食べるだけじゃもったいない! キムチレシピで辛ウマ料理を満喫しましょう!

●豚キムチ炒め

キムチと言ったらやっぱり豚キムチ! ごま油が香る、絶品レシピです。ごはんの食べ過ぎに要注意?

材料(2人分)は、豚バラ(80g)、キムチ(150g)、マヨネーズ(大さじ1杯)、酒(大さじ1杯)、砂糖(大さじ1.5杯)、薄口しょうゆ(小さじ1杯)、ごま油(小さじ1杯)。

1)豚バラをひと口大に切って、マヨネーズを油代わりにひいて炒めます。
2)火が通ってきたらキムチを入れて絡めます。
3)少し強火にして酒、砂糖、しょうゆを入れ混ぜ、水分が無くなったら、ごま油を入れてさっと混ぜて完成です。

お好みで刻みネギ、温泉卵や卵黄を乗せても美味しいですよ! 小さいお子さんや辛いものが苦手な人でも、マヨネーズや卵でまろやかになるので、ペロッと食べられちゃいます。

●キムチ餃子

キムチに味がついているので、調味料要らずでそのまま食べられる餃子レシピ。子どもでも食べやすいレシピです。親子で一緒に作れば、よりおいしくなるのかも?

材料(4人前)は、キムチ(500g)、豚ひき肉(200g)、餃子の皮(20枚)。

1)キムチを粗めにみじん切りにし、ひき肉とよく混ぜます。
2)餃子の皮に具を包み、フライパンで焼きます。
3)皮が焼けたら水を少し入れて蒸し焼きにし、中まで火が通ったらできあがりです。

辛いものが食べたくても、子どもがいるとなかなか…という人も少なくありませんよね? 今回のレシピは、自分で辛さが調節できるので、お子さんでも安心です。調理の仕方や食材を工夫すれば、そこでも辛さを調節できます。簡単キムチレシピ、ぜひお試しください。
(文・姉崎マリオ/考務店)

>この記事へのご意見はこちら
PAGETOP