メディア個別 子どもと一緒に♪ホットプレートレシピ | 今日のこれ注目!ママテナピックアップ | ママの知りたいが集まるアンテナ「ママテナ」

子どもと一緒に♪ホットプレートレシピ
~今日のこれ注目!ママテナピックアップ~

ホットプレートを使う調理は、火を使わずに卓上ででき、子どもと一緒に楽しめるという良さがあります。また子どものお手伝いも促せるので、親子ともにメリットがありそう。ホットプレートを使った、楽しみながら作れる子どもに人気のレシピを紹介します。

子どもと一緒に♪ホットプレートレシピ
 

●ホットプレートDEチーズフォンデュ

専用の道具がなくても、ホットプレートがあれば簡単にチーズフォンデュを楽しめます!

材料(4〜5人分)は、ピザ用チーズ(適量)、片栗粉(小さじ1〜2杯)、コンソメ(小さじ1杯)、牛乳(50cc)、塩こしょう(少々)、ウインナー(好きなだけ)、ジャガイモ(好きなだけ)、パン(好きなだけ)。

1)耐熱容器に片栗粉、コンソメ、牛乳、塩こしょうを入れ、容器いっぱいまでチーズを入れ、レンジで2分加熱します。
2)ホットプレートに溶けたチーズを容器ごと乗せて、ウインナー、パン、レンジで5分前後加熱したジャガイモを並べて、チーズをつけて食べましょう。

具材はなんでもOK! ブロッコリーやニンジンもあると、見た目がキレイです。またチーズにバジルを入れて大人風にアレンジしたり、チョコとフルーツ、マシュマロなどを使ってチョコフォンデュにしたり、アレンジ可能です。

●子どもも食べられる簡単ビビンバ

からい食べ物が苦手な人でも、ペロッと食べられるビビンバです。小さいお子さんがいても、安心のレシピを紹介します。

材料(6人分)は、ご飯(3合)、牛肉(400g)、焼肉のタレ(大さじ2杯)、もやし(2袋)、塩(適量)、めんつゆ(適量)、ごま油(適量)、白ごま(適量)、にんにくチューブ(適量)、ニンジン(2本)、ニラ(半袋)、コーン缶(適量)、チーズ(適量)、キムチ(適量)、コチュジャン(適量)、海苔(適量)、卵(6個)。

1)牛肉を細く切り、焼肉のタレで炒めます。
2)細切りにしたニンジン、もやしをさっと茹で、塩(小さじ2/3杯)、ごま油(大さじ1杯)、にんにくチューブ(2cm)、白ごま(大さじ1杯)で味付けをします。もやしはさらにめんつゆ(小さじ2杯)も絡めておきます。
3)ニラは食べやすい長さに切り、沸騰している鍋に5秒ほど入れて、ザルやキッチンペーパーにあげておきます。
4)キムチも細く切り、ホットプレートを温めます。これで下準備は完了!
5)ホットプレートにごま油(大さじ2杯)をのばして、少し硬めに炊いたご飯をひろげ、具材をのせます。
6)卵をのせて、お好みで海苔やごまをふり、ご飯に焦げ目がついてきたら、よく混ぜて出来上がりです!

●目の前ではじける簡単ポップコーン

フライパンで作るポップコーンも、ホットプレートで作れば見た目も楽しく、子どもも大喜び!

材料は、乾燥ポップコーン(50g)、サラダ油(小さじ1杯)、クレイジーソルト(適量)。

1)ホットプレートに乾燥ポップコーンとサラダ油を入れて蓋をし、200度にセットします。
2)弾ける音がなくなったら蓋をあけ、クレイジーソルトをかけて出来上がりです。

こんなに簡単に作れるポップコーンですが、目の前ではじける様子を見られるのはホットプレートならでは! クレイジーソルト以外にも、カレー粉やキャラメルソースで味付けすれば、より楽しめますよ。

ホットプレートは後片付けが意外に面倒で、おウチ焼肉くらいでしか使わないという人も多いのでは? しかし、実は大量に作る時やパーティーに大活躍なんです! また、調理しながら子どもとのコミュニケーションを取れるところも◎。最近子どもとのスキンシップが…そんな時にはホットプレートを上手に活用して、親子で触れ合う時間を作ってみるのもいいかもしれません。
(文・姉崎マリオ/考務店)

>この記事へのご意見はこちら
PAGETOP