メディア個別 ママたちの「五月病」に注意! | ママと子の気になる「五月病」 | ママの知りたいが集まるアンテナ「ママテナ」
ママの知りたい情報が集まるアンテナ

ママテナ

ママたちの「五月病」に注意!

第1回 ママと子の気になる「五月病」
子どもが幼稚園・保育園や小学校に通い始めると、子ども同士の世界ができたり、子どもが自分でできることも増えたりし、ママはラクになることも多いもの。

でも、そんな新入園や新入学を迎えた子のママが、「五月病」になることもあると聞く。それって本当? ママの五月病の実態について、淀屋橋心理療法センター所長の福田俊一先生に聞いた。

「五月病は、一般的には新入社員や大学の新入生などに見られるもので、新しい環境に一生懸命適応しようと頑張り、しばらくして緊張がゆるんだときに、ドッと疲れが出る症状をいいます。でも、同様の症状についてのご相談は、小さいお子さんを持つお母さんたちからも確かにあります」(福田先生 以下同)

お母さんたちに「五月病」のような症状が出てくるのは、なぜなのだろうか。

「春になると、子どもの公園デビューや、新しいクラスのお母さんたちとなじめるかということが、悩みになるお母さんは少なくありません。人間関係を一生懸命作ろうとして、うまくいかなかったり、なじめなかったりするという『結果』が出てくるのが、5月頃ということがあります」

頭を悩ます女性

●家事が滞る、外出が面倒くさい…五月病の症状

また、子どもが小学校に通い始めて、少しラクになり、自分の時間が持てるようになると、「何をしたらいいのかわからない」「寂しい」といった思いがわいてくることもあるよう。

「加えて、春になると周囲がみんなイキイキしていたり、ウキウキしていたりするように見えるものです。そんななか、自分がうまくいかなかったり、疲れを感じたりしていると、違和感が余計に増すのです」

では、ママたちの「五月病」の症状とは? 主な特徴を以下に挙げてもらった。

・家事が滞ってしまう
・ささいなことでイライラし、夫や子どもについ八つ当たりしてしまう
・なんとなく暗い気分になったり、不機嫌になったりする
・外に出るのが億っくうになる

新しい環境への緊張がふとゆるんだり、頑張った結果、人間関係が思うように作れなかったりする5月に出てくる精神的な疲れなどの症状。

しばらくすると、それも自然に解消するケースは多いようだが、もし続く場合には、専門家に相談してみるのも良いかもしれない。
(田幸和歌子+ノオト)

お話をお聞きした人

福田俊一
福田俊一
淀屋橋心理療法センター 所長
大阪大学医学部卒。大阪大学精神神経科、大阪府立病院神経科勤務を経て、米国フィラデルフィア・チャイルド・ガイダンス・クリニックにて家族療法を学ぶ。83年に開院。
大阪大学医学部卒。大阪大学精神神経科、大阪府立病院神経科勤務を経て、米国フィラデルフィア・チャイルド・ガイダンス・クリニックにて家族療法を学ぶ。83年に開院。
母と子で克服できる摂食障害 過食症・拒食症からの解放
母と子で克服できる摂食障害 過食症・拒食症からの解放
ミネルヴァ書房/共著
2,592円
摂食障害がこじれる前の初期段階から始まり、早く手を打てば良くなる段階、長期化していても克服できることを示す事例など、症状レベルに合わせた適切な対応やアドバイスを収録。
摂食障害がこじれる前の初期段階から始まり、早く手を打てば良くなる段階、長期化していても克服できることを示す事例など、症状レベルに合わせた適切な対応やアドバイスを収録。
克服できる過食症・拒食症 こじれて長期化した過食症・拒食症でも治る道はある
克服できる過食症・拒食症 こじれて長期化した過食症・拒食症でも治る道はある
星和書店
2,052円
前向きに本人の可能性や家族の力を信頼する治療で、多くの重症化した患者を快方へと向かわせているセラピスト達の取り組みを紹介。
前向きに本人の可能性や家族の力を信頼する治療で、多くの重症化した患者を快方へと向かわせているセラピスト達の取り組みを紹介。
克服できるリストカット症候群
克服できるリストカット症候群
星和書店
1,944円
家族療法の専門家がリストカットの謎に迫り、本人と家族の苦悩を丁寧にほぐし解決へと導く。
家族療法の専門家がリストカットの謎に迫り、本人と家族の苦悩を丁寧にほぐし解決へと導く。

あなたにおすすめ

ピックアップ