メディア個別 つらい思いはもうさせたくない!どうする?子どもの日やけ | 今日のこれ注目!ママテナピックアップ | ママの知りたいが集まるアンテナ「ママテナ」
ママの知りたい情報が集まるアンテナ

ママテナ

つらい思いはもうさせたくない!どうする?子どもの日やけ

第187回 今日のこれ注目!ママテナピックアップ
陽射しが降り注ぐ夏は、海や山などのレジャーを楽しむのにピッタリ。外出前に、自分はもちろん、子どもにも日やけ対策をしているママも少なくないのでは? とはいえ、無邪気に遊びまわる子どもは、せっかく日やけ止めを塗っても、汗や水で流れてしまいがち。ときには、バタバタしていて、塗ることができない場合もありますよね。結果、真っ赤にやけてしまった子どもを見て、「あ~あ」と申し訳ない気持ちになるのが本音…。子どもの日やけ対策ってどうすればいいのでしょうか?
つらい思いはもうさせたくない!どうする?子どもの日やけ

「服の紫外線防御効果は高いです。一般的には、色の濃いものが紫外線をカットしやすいといわれています。半面、赤外線も集めてしまい、熱がこもりやすく、熱中症になる危険性もあるので注意が必要です。服を選ぶ際は、色だけでなく、生地の目が細かいものにするといいですよ。最近では、紫外線カット率が表示されているものもあるので、そういった服を選ぶのもよいでしょう。」と、話すのは花王のスキンケア研究所・主任研究員の福井 崇さん。


子どもは大人よりも身長が低い分、地面の照り返しによる日やけにも注意が必要だと福井さん。そこで頼りになるのが日やけ止めですが、子どもにはどんなものをつければいいのでしょうか?


「子どもの肌はデリケートなので、やさしい使い心地のものを選ぶといいですよ。また、無香料や無着色、アルコールフリーなど、いろいろな商品選びのための指標もあります。汗をかくようなときや水遊びをするときには、ウォータープルーフタイプのものがおすすめです。ウォータープルーフタイプのものでも、日やけ止めはまったく落ちないわけではないので、汗をかいたり水に入ったりしたら、その都度、日やけ止めを塗りなおしてくださいね。2~3時間おきにつけ直すことをおすすめします。」(福井さん 以下同)


日やけ止めを塗る際は、一度に塗ろうとせずに、肌にチョンチョンと点をつけるようにクリームをのせて、分けて塗るとムラができにくいそう。ちなみに、首まわりや腕の裏、Tシャツの袖口、足元は塗り忘れが多い部位なのでご注意を。


ビオレ さらさらUV のびのびキッズミルク

さて、子ども向けの日やけ止めは数多くありますが、花王が今年2月に発売した『ビオレ さらさらUV のびのびキッズミルク』は、子ども向けながらSPF50+、PA++++を実現。紫外線吸収剤を独自開発した小さなカプセルに入れることで、肌への浸透をブロックすることができるそう。さらに、ウォータープルーフタイプで汗や水には強いのに、せっけんやボディソープなど、いつもの洗浄料で簡単に落とすことができます。高い紫外線カット効果と肌にやさしい使い心地を両立しているので、これなら安心して子どもにも使えそうですね。


しかし、日やけ止めの選び方や塗り方のコツがわかっても、子どもが塗ることをイヤがってしまっては意味がありません。実は、福井さんは5歳の子を持つパパさん。お子さんに『ビオレ さらさらUV のびのびキッズミルク』を使うために、日ごろから大人と一緒に日やけ止めを使うようにしているのだとか。


「子どもは大人の真似をしたがるので、大人も一緒に塗ることで、今では子どもが自ら進んで日やけ止めを塗るようになりました。同製品はボディミルクのような感じで、感触がいいのも子どもが喜んで塗っているポイントのひとつです。」


紫外線は、3月くらいから増加するといわれています。夏に向けて今のうちから、子どもと一緒に日やけ対策習慣をはじめてみてはいかがですか?


取材協力:株式会社 花王

ビオレ さらさらUV のびのびキッズミルクの詳細はコチラ

▼今ならマツモトキヨシグループ各店で使える割引クーポンを掲載中▼

商品購入時にレジにて、下のクーポン画像を提示してください。

全国マツモトキヨシグループで使えるお得なクーポン!

あなたにおすすめ

ピックアップ