メディア個別 急増の”うつぶせ寝事故”家庭でも要注意! | 今日のこれ注目!ママテナピックアップ | ママの知りたいが集まるアンテナ「ママテナ」
ママの知りたい情報が集まるアンテナ

ママテナ

急増の”うつぶせ寝事故”家庭でも要注意!

第202回 今日のこれ注目!ママテナピックアップ
近頃、メディアでも話題の保育事故。とくに”うつぶせ寝”による窒息事故が増えています。保育施設に限らず、自宅でも安心はできません。対策や原因など、うつぶせ寝についてまとめます。

急増の”うつぶせ寝事故”家庭でも要注意!

●保育事故の約○割りを占める!

厚生労働省による事故報告によると、平成23年から26年に起きた、保育施設での死亡事故は全部で68件。そのうちお昼寝中の事故が55件。約8割はお昼寝中に起きた事故なのだそう。「少し目を離した間に」起きてしまう死亡事故。保育施設での事故が注目されがちですが、自宅でも注意が必要です。

●うつぶせ寝のメリットも?

うつぶせ寝は、1980年代に流行したそう。赤ちゃんに安心感を与え、快適な睡眠に導くといわれています。また、頭の形がよくなるという意見もあるのだとか。
実際ネット上では、あおむけよりもうつぶせで寝かせたほうが、スヤスヤ寝てくれるという意見が散見されました。

●うつぶせ寝と窒息の関係は?

おもに生後、半年前後までの子どもが危険とされています。さて、うつぶせ寝させることと窒息は、どのような関係があるのでしょうか? 
うつぶせ寝が危険とされる理由は以下のとおり。

・枕や布団などの寝具が、口や鼻を覆ってしまう
・ミルクが上手に吐き出せず、喉につまる

以上の2点が、おもな理由とされています。自分で寝返りができない赤ちゃんにとっては、寝具だけでなく、ぬいぐるみやおもちゃも窒息の原因に。「あおむけに寝かせ、寝返り防止枕を使う」「子ども用の柔らかい寝具にする」「赤ちゃんの周りには余計なものを置かない」などの対策が必要です。

安全対策をしっかりすれば、死亡事故を防げる可能性はグッと高まります。こまめに様子を確認すること。毎日忙しいママにとっては、手間がかかることかもしれませんが、我が子の命にはかえられませんよね。便利グッズもあるので、上手に活用して、少しでも負担を減らせたらいいですね。
(文・明日陽樹/考務店)

就寝時の便利グッズ!

Walant 可愛いし柔らかいベビー枕 寝返り防止クッション 赤ちゃん枕 幅の調整可能 ベビーのおもちゃ
Walant 可愛いし柔らかいベビー枕 寝返り防止クッション 赤ちゃん枕 幅の調整可能 ベビーのおもちゃ
Walant
2,320円
赤ちゃんの就寝時の事故を防ごう!
赤ちゃんの就寝時の事故を防ごう!
メディキュット ボディシェイプ 寝ながらスパッツ骨盤サポート付き ブラック medi
メディキュット ボディシェイプ 寝ながらスパッツ骨盤サポート付き ブラック medi
メディキュット
2,709円
寝る時に履くだけで、脚がすっきり!
寝る時に履くだけで、脚がすっきり!
めぐりズム 蒸気でホットアイマスク 完熟ゆずの香り 14枚入
めぐりズム 蒸気でホットアイマスク 完熟ゆずの香り 14枚入
めぐりズム
889円
ほっこりなごむ柚子の香り!
ほっこりなごむ柚子の香り!

あなたにおすすめ

ピックアップ